三国志に登場する人物の姓名の秘密

三国志には「姓名」以外にも「字(あざな)」というのがありますが、

 

日本ではだいぶ馴染みの薄いものなので、

よくわからない人もいるかもしれないですね。

 

日本では「姓名」で馴染み深いので、

例えば織田信長の場合の「姓」は織田で、

信長が「名(名前)」という感じだと思います。

 

もちろん中国にも姓名はあります。

曹操でいうと、「姓」が曹、「名」が操になります。

 

日本では名前で呼ぶことが多いですが、

中国では、この名前が非常に大事なもとして考えられているので、

 

曹操でいえば、「操」とか「そうくん」とか「そうちゃん」とか呼びません。

なので当時曹操って呼ぶ事なんてありえなかったんですよね。

 

ただ「曹」だけだと、

沢山の「曹」って姓の人がいて、誰が誰だか分からなくなっちゃいます。

 

その為の呼び名として、「字(あざな)」というのがあるんです。

これは本来の名前である「諱(いみな/名)」とは、別につける呼称のようなもの。

 

そうすると、曹操は、

曹操が「姓名」で、孟徳が「字」ってことになりますね。

 

ただこの「字」っていうのも、誰でも呼んでたものではなく、

昔から仲が良かったり、身近な人しか呼んだりしてなかったのが現状。

 

夏侯惇や夏侯淵といった、

昔からの曹操と仲が良かった仲間が曹操の事を「孟徳」って呼んでいた感じですね。

 

出世して、役職がついてからは、

曹丞相や丞相といったように「姓+役職名」「役職名」で呼ばれるのが一般的です。

 

日本でもこの呼び方は今でも使われていますね。

例えば今の総理大臣は安倍晋三ですが、

一般的に「晋三さん」っては言わないですよね。

 

「安倍総理」であったり、「総理」って一般的に呼ぶと思います。

「山陽公載記」に残っている話

「山陽公載記」という書物が残っていますが、

これに「劉備」についてのことが記載されています。

 

劉備が成都攻略の際に、馬超が仲間になりますが、

その際に、劉備をはじめ周りも馬超を厚遇するんですけど、

 

ある時、馬超が劉備に対して、

「劉備」と言ったことがあるそうです。

 

それを聞いた関羽や張飛は怒って、

「あの野郎! 生意気だからぶっ殺してやる!!」といった話が残っています。

 

それぐらい中国で「名」を呼ぶことは失礼であると思われていたんです。

 

後にこの話を聞いた中国の東晋末・宋初の歴史家である裴松之(はいしょうし)は、

さすがに「馬超がそんな失礼な事をいうはずがない、作り話だろう。」と言った話も伝わってます。

※裴松之は、陳寿が記した「三国志正史」に注釈を加えた人物

「諱(いみな)」と「字(あざな)」の関係

「字」をつける際にはいくつかのルールがあるので、

それについて説明したいと思います。

其の一

「諱(いみな)」と「字(あざな)」は、

関連づけて付けられることが多いです。

 

劉備玄徳でいえば、「諱(いみな)」が「備」で、「字」が「玄徳」になりますが、

合わせると、「徳を備える」ってなりますよね。

曹操孟徳でいえば、「徳を操る」となり、実際その人柄が偶然にも現れているようにも思えます。

 

趙雲(子龍)で使われる「雲」と「龍」の関係は非常に有名で、

必ずセットで使われる事が大半です。

 

趙雲が三国志ファンなら誰でも知ってるので、

分かりやすい例として出しましたが、

 

陸遜(りくそん)の孫に陸雲(士龍)という人もルールに従ってつけられた一人です。

超雲の例と同じで、「雲」と「龍」が使われています。

其の二

「字(あざな)」と「諱(いみな)」の部首を揃えるパターン。

呉に虞翻(ぐほん)という人がいましたが、彼の字(あざな)は仲翔といいます。

「翻」と「翔」を「羽」で揃えてます。

其の三

長男・次男・三男・四男の「字」に、

「伯(or孟)・仲・叔・季」をつけていくパターン。

 

孫堅の子供を例にとってみます。

  • 長男:孫策(伯符)
  • 次男:孫堅(仲謀)
  • 三男:孫翊(叔弼)
  • 四男:孫匡(季佐)

其の四

一族の同世代(兄弟など)の文字を共有するパターン。

中国では、字(あざな)の一部に「子」「士」「礼」などを共有させることです。

 

曹操の子供を例にとってみます。

曹操の子供

  • 曹昂(子修)
  • 曹丕(子桓)
  • 曹彰(子文)
  • 曹植(子建)
  • 曹熊(子威)

まとめ

こういうふうに中国では、

それぞれ「諱(名)」と「字」には深いつながりがあります。

 

また上記以外にも、

「諱(名)」と「字(あざな)」の関係にはルールはあったりします。

 

今後こういった事を意識しつつ、三国志に登場する人物を見ていくと、

また新たな楽しみが見つかるかもしれません。