孫権 仲謀(そんけん ちゅうぼう)

呉の初代皇帝(182年7月5日~252年5月21日)

孫堅の息子であり、孫策の弟。

孫策の築いた地盤を引き継ぐ。

名君であったが、年老いて迷君(愚君)になる。

孫策の後を継ぐ

父である孫堅(そんけん)が、

劉表の家臣黄祖軍に攻めたはいいものの打ち取られてしまう。

 

父が死亡した後、袁術(えんじゅつ)にお世話になるが、

裏切って独立し、孫策の快進撃で呉の礎を築くんだけども、

刺客に襲撃された傷がもとで26歳で死亡してしまう。

 

それを引き継いだのが孫権(19歳)なんだ。

あまり苦労をせずに、大きな国を手に入れたおぼっちゃんみたいな感じだね。

赤壁の戦い

後を継いだはいいものの、

曹操が中国統一を果たすために、攻めてきたんだ。

 

さすがに経験もない孫権はあたふたするんだけども、

劉備と協力して、曹操を赤壁の戦いで勝って、難を逃れる事ができたんだ。

 

その時に活躍したのが、

周瑜(しゅうゆ)って優秀な軍師!

 

荊州争奪戦①

赤壁の戦いでは、劉備と協力するんだけど、

実質ほとんど戦いをしたのは孫権軍。

 

赤壁の戦いに勝利した孫権は、

荊州を手に入れようと動くんだけど、

 

劉備軍が荊州を先に奪ってしまったんだよね。

美味しい所だけもっていかれた感じ。

 

孫権は怒りを覚えるだけど、

同盟は表向き上解消せず、その恨みを残したまま月日を過ごすことになるんだ。

この時劉備と孫権の妹である孫尚香(そんしょうこう)が結婚してる。

 

その後しばらくして、

曹操軍と合肥(がっぴ)で戦うんだけど惨敗しちゃってる。

三国鼎立

劉備が益州に攻め入り、中国は大きく3つに分かれる事になる。

このあたりから実質三国時代って言われるんだ。

 

実際は曹丕(曹操の息子)・劉備・孫権)が、

皇帝になってからが正確なんだけどね。

 

ちなみに劉備が益州を手に入れてから、

荊州の一部(長沙・桂陽)を孫堅に挙げて、険悪ムードは少し回復。

荊州争奪戦②

劉備が益州を手に入れてから、

荊州は関羽(かんう)が守っていたんだけど、

関羽が曹操を攻めるんだよね。

 

情勢はものすごく関羽の方が優勢だったんだけど、

ここで孫権が同盟を破って背後を攻めるんだ。

 

これで関羽軍は惨敗し、殺されてしまう上に、

荊州も全て、曹操と孫権にとられてしまうことになっちゃうんだよ。

夷陵の戦い

苦労を共にしてきた関羽が殺されたことで、

劉備の怒りは大爆発。

 

みんなが諫めるのを聞かずに、

孫権に戦争をしかけるんだけども、夷陵で大敗北。

 

多くの将軍、多くの兵を失ってしまう結果に・・・

劉備もこの戦いが元で死んでいる。

 

だけど勝利した孫権軍もさすがに疲れ切ってて、

そこをすかさず攻めてきたのが、曹丕(曹操の後を継いだ息子)。

 

関羽戦の時に同盟は組んでたんだけど、

戦国の世の中だから、平気で裏切られるのも仕方ないって感じだったと思う。

 

非常にやばかったんだけど、

なんとか勝利を収め、危機を乗り切って一段落する。

 

その後、劉備が死んで後を継いでいた劉禅(りゅうぜん)と同盟を結びなおし、

皇帝を名乗って、本当の三国時代の開始。

年老いて迷君(愚君)に・・・

大きな戦争から何度も国を守り抜いた孫権だったけど、

年老いてからは、意味がわからない事ばっかりやって国が衰退するんだよね。

 

夷陵の戦いで指揮した忠義の士である陸遜(りくそん)を後継者争いに巻き込んで、

色々文句言ったりしまくって、その最中に無念のうちに陸遜は死んじゃうんだ。

 

多分ぼけが入ってきたんだと思う。

そして国を乱した後に、この世を去ってしまう。

なんか途中までが名君過ぎたので、多少もったいない最後だった。