陸遜(伯言)

陸遜といえば、

呂蒙の後釜を継いだ呉の名将です。

 

劉備が関羽の仇として、

呉を攻めてきた夷陵の戦いでは、

 

火計を用いて、呉を大勝利に導いています。

 

晩年は、孫権の後継者争いに巻き込まれて、

悲運の最期を遂げますが、

 

呉になくてはならない人物でした。

 

そんな陸遜を、

正史でも絶賛しています。

 

ですが正史に注釈を加えた裴松之は、

「陸遜のことが嫌いだったの?」ってぐらいに

陸遜を酷評しています。

234年の石陽での戦い

正史では、234年5月

(「陸遜伝」では236年になっています)、

 

孔明の北伐に呼応した形で、

魏と呉で大きな戦争が起こりました。

 

 

孫権は合肥を攻め、

陸遜と諸葛瑾は、荊州の襄陽(じょうよう)を攻めていました。

 

ですが、戦況は悪くなり、

孫権軍は撤退しているんですが、

 

陸遜は、状況を冷静に分析した上で、

ある作戦を実行しています。

 

撤退の途中、

「白囲」という所まで撤退した際に、

なぜか狩りをはじめました。

 

まぁ狩りは、真っ赤なウソで、

真の目的は、江夏の石陽・新市・安陸を急襲することでした。

 

この際に、いきなり呉軍が出現したことで、

石陽の人々は、混乱していました。

 

一番焦ったのが、

そこを守っていた守将です。

 

 

呉軍が攻めてきたから、

急ぎ城門を閉めたいけれども、

 

混乱した住民で溢れかえっていて、

城門を閉ざすことができませんでした。

 

この時に守将は、

城門を閉ざすのに邪魔になっていた住民を、殺しまくります。

 

その犠牲者は、

数千人ほどにものぼったそうです。

陸遜が石陽の人々に行った行為

まず石陽の人々が、

混乱している事を知った陸遜は、

兵士に住民を乱暴する事を禁止します。

 

そして捕虜にした住民に対して、

食べ物を与えたり、衣服を与え、大事にします。

 

そして帰宅したい者には、

自由に帰宅をさせた為、

 

石陽の人々は、

呉に帰属するものが多くいたそうです。

 

普通に良い話です。

呂蒙が荊州を奪った時の石陽版って感じですね。

裴松之の陸遜談

裴松之(はいしょうし)といえば、

280年に三国時代が終わって、

約100年後の人物ですが、

 

歴史家であり、

三国志正史に注釈を加えた人物として有名です。

 

彼は陸遜についてのことにも触れていますが、

めちゃくちゃ酷い評価を与えています。

 

 

裴松之は、

石陽の戦いでのことについて、

 

「陸遜の行った行為は、半端ない偽善!

「酷い戦略だし、孔明とは天と地ほどの違いがある!!」

と言っています。

 

 

またこれだけに収まらず、

陸遜の子孫についてまでボロクソに書いてます。

 

陸家は陸遜から数えて、

3代後に途絶えているのですが、

「陸家が3代で途絶えたのは、全て陸遜のせいだ!

陸遜の悪行の数々の報いがこの結果!!」

 

といったように、陸家が途絶えたのも

陸遜のせいにされています(笑)

裴松之、陳寿にまで噛みつく

正史を書いた陳寿は、

陸遜に対して非常に良い評価を与えています。

 

裴松之は、この陳寿に対しても、

ダメ出しをしています。

 

「陳寿は間違ってるよ。

陸遜はそんな優れたやつじゃなく、

酷いやつだよ」という風に・・・。

 

 

裴松之が言うほど、

陸遜は酷い事をした感じはしないので、

 

理由は分からないけれども、

 

裴松之は、陸遜という人物が、

かなり嫌いだったのかなと想像しちゃいますね。