「漢(前漢)」の建国

漢(かん)とは、

前漢&後漢をまとめてそう呼ばれています。

 

始皇帝が建てた秦(しん)を劉邦が倒して

作られたのが漢帝国。これを「前漢」といいます。

また、劉邦の事を「高祖」と呼ぶことも多いです。

 

正確には劉邦と項羽が力を合わせて

秦を滅ぼし、結果として中国を平定したのが劉邦なんですが、

その話まですると凄く長くなるので、ここでは簡潔にまとめます。

 

そしてその前漢が出来たのが紀元前202年です。

ここから紀元前が終わって西暦8年まで続きます。

 

つまりこの前漢は、

200年以上続いた事になりますね。

「新」の建国

西暦8年に、外戚の王莽(おうもう)によって

前漢は滅ぼされます。

※外戚とは、皇帝の母親の方の親戚です。

 

形上は禅譲といって、

国を前漢から譲られた形になっています。

 

中国の歴史上初めての禅譲と言われていますが、

実際は奪った形です。

 

王朝の正当性を保証する為の演出として使われた形です。

 

この新(しん)の時代は、

西暦23年まで続くので、約15年の統治になります。

 

 

ちなみに「しん」と呼ばれる国って、

このあたりの時代何度も出てくるんですよね。

 

始皇帝が作った「秦」だったり、王莽が建国した「新」だったり、

三国志の時代をまとめた司馬炎が建国した「晋(しん)」だったりと。

「後漢」の建国

王莽によって前漢が滅ぼされ、

新が建国されましたが、動乱が続いていきます。

 

これを治めたのが、

劉邦の子孫である劉秀(りゅうしゅう)という人物。

劉邦から数えると9代目の子孫にあたります。

 

この劉秀が復活させた漢を「後漢」と呼びます。

また劉秀の事は、「光武帝」と呼ばれたりします。

 

この後漢ですが、しっかりと国が皇帝によって安定していたのは、

劉秀(光武帝)・明帝・章帝の三代先まででした。

外戚が力をつける

章帝が没すると、政治は乱れていきます。

 

その理由は、幼い皇帝が続き、

皇帝の母の親族が力をつけていったからです。

この母の親族を外戚(がいせき)と呼んでいます。

 

幼い皇帝では、政治ができたものでもなく、

皇帝の力が自然と弱まり、外戚が力をつけていった感じですね。

 

この皇帝の中には、

生後100日程度で皇帝になった人もいるぐらいです。

これが5代皇帝 殤帝(しょうてい)になります。

 

本来の名前は

劉隆(りゅうりゅう)という人物です。

 

ちなみにこの殤帝は、

2歳になったかどうか、そのレベルでこの世を去っています。

 

 

9代皇帝になった沖帝(ちゅうてい)

2歳で皇帝になっています。

 

本来の名前は、

劉炳(りゅうへい)という人物です。

この沖帝は、3歳で死去しています。

 

 

そういう背景もあり、外戚が力をつけていきます。

宦官・官僚が力をつける

外戚に続くように、

次は宦官(かんがん)が力をつけていきます。

 

宦官とは、

皇帝のお世話をする人達の事です。

 

彼らは、皇帝の側近に当たる為、

後宮の女性達に手を出させないように、

宦官になる前に、生殖器を切り取られます。

 

そういう彼らにとっての楽しみは限られており、

財産や権力といったものに固執していきます。

 

 

皇帝のお世話をするのだから、

皇帝との関係も近く、

 

ましてや幼い皇帝であったならば、

皇帝が宦官を頼りにしたりするのも自然な流れです。

 

そしてそれらの宦官の中から、

皇帝が幼い事をいいことに、皇帝を操る人達が現れていきます。

 

そして宦官以外にも

官僚の人達も好き放題始めていきます。

それに伴い、政治が大きく乱れます。

三国志の舞台へ

そんな乱れた世の中が続き、

12代皇帝 霊帝(れいてい)の時代に、

黄巾の乱が勃発する等、三国志の舞台へ突入していきます。

 

ちなみに14帝 献帝(けんてい)の時代に、

曹操の子供である曹丕によって、漢は滅びます。

魏が建国された瞬間です。

 

この後、劉備が蜀を建国し、孫権が呉を建国する事により、

中国に3つの皇帝が生まれるという三国志時代へ時代は変わっていきます。