演義での博望坡の戦い

三顧の礼によって迎えた諸葛亮(孔明)が、

初陣を飾った戦いが博望坡(はくぼうは)の戦いになります。

 

曹操は、華北を制圧し,

南方制圧をしようと行動に移します。

 

そしてその手始めとして荊州に侵攻しますが、

ここで劉表の元でお世話になっていた劉備が迎え撃ちます。

 

 

この時、魏軍を率いていたのが夏侯惇(+于禁・李典)で、

諸葛亮の作戦の前にボコボコにやられます。

 

 

まずは趙雲が夏侯惇を迎え撃ちますが、

わざと負けたふりをして山林におびき寄せ、

劉封・関平によって火攻めにあってしまいます。

 

混乱した夏侯惇軍に、

今度は関羽が火矢を放ち、襲います。

 

夏侯惇は撤退を始めますが、

その逃げ道に張飛が伏兵として隠れており、

夏侯惇が来ると、張飛は襲い掛かります。

これによって夏侯惇軍は、全滅に近い被害を受けて撤退します。

 

 

三顧の礼を持ってまで迎えた孔明を

関羽と張飛は信用していませんでしたが、

 

この博望坡の戦いの見事な采配を見て、

孔明に絶対の信頼を寄せるようになります。

 

これが三国志演義での流れですが、

孔明の華々しいデビュー戦として描かれています。

三国志正史での博望坡の戦い

三国志演義では孔明のデビュー戦として、

孔明の智謀を知らしめるために使われたのが博望坡の戦いですが、

正史では全く違います。

 

まず孔明のデビュー戦どころか、

まだ劉備に迎えられてもいません。そんなタイミングです。

 

 

そして博望坡の戦いの経過も違います。

演義では曹操からしかけたようになっていますが、

正史では、魏志の「李典伝」と蜀志の「先主伝」の二通りの記録が残っています。

 

魏志の「李典伝」では、

劉備が仕掛けてきたことになっていますし、

 

蜀志の「先主伝」では、攻めてきた夏侯惇軍に対して、

劉表から命令を受けて、劉備が迎え撃った形です。

 

また蜀志の「先主伝」には次の事も記載されています。

劉備は放浪の末、劉表の元に居候していましたが、

多くの人材が劉備の元に流れて仕えるようになります。

 

これに脅威を感じた劉表は、

劉備の軍事力を利用して、曹操にあたらせたといった形です。

 

正式にはどちらがしかけたのかは分かりませんが、

両軍が対峙します。

 

そして劉備が自軍に火を放ちます。

それを見た夏侯惇軍は、チャンスと見て攻めかかります。

 

勿論これは劉備の罠で、

追撃してきた夏侯惇軍を伏兵で叩きます。

 

これが正史の記録に残っている博望坡の戦いです。

結論

三国志演義では、孔明のデビュー戦として描かれ、

「火」を用いて夏侯惇軍を撃破した華麗な戦いとして描かれています。

 

演義のみを知る人からすると立派な作戦で、

そのまま信じてる人もいれば、

 

孔明を華々しくデビューさせるために、

演義で創作されたフィクションだと思ってた人もいたかと思います。

 

 

ですが、「火」を利用した博望坡の戦いは、

実際にもあったのです。

 

ただ違う点は、演義で書かれているほど華麗なものではなく、

孔明が考えた作戦ではなかったという点ですね。