三国志演義での魏延

横山光輝三国志(59巻204P)より画像引用

 

五丈原で孔明が病死すると、

楊儀(ようぎ)が蜀軍を率いて退却を始めます。

魏延はこれに対して、怒りを覚えます。

 

そして孔明の棺を持って帰国している楊儀を先回りをし、

桟道を焼き払い、帰国できないようにします。

この時、劉禅に「楊儀が謀反した」と書簡を同時に送ってます。

 

 

しかし楊儀も、橋を架けなおし、

「魏延が謀反をした」と劉禅の元へ書簡を届けました。

 

二人から届いた書簡を見て、

劉禅はどうしたらいいかを蒋琬・董允に尋ねます。

 

それに対して二人は、楊儀を信用し、魏延を疑います。

 

 

最終的には、魏延が謀反を起こしたと結論づけ、

魏延は討伐されてしまいます。

 

そして逃げようとした魏延を、

馬岱(ばたい)が討ち取って、この事件は収まります。

魏延の首を見た楊儀の反応

討ち取られた魏延の首が、楊儀の元へ届けられます。

 

魏延の首を見た楊儀は、

「もう二度と悪さができないだろう!」と言って、

魏延の首を踏みつけたそうです。

 

それ程の憎しみがでるぐらいに、楊儀と魏延は仲が悪かったのでしょうね。

正史での魏延

正史にも楊儀と魏延が戦った事と

馬岱が魏延を討ったという記載が残っています。

なのでこの点に関しては間違いなさそうです。

 

しかし魏延が謀反を起こしたというのは、違うように思われます。

 

 

普段から魏延と楊儀は仲が非常に悪く、

孔明死後、もし魏延が蜀軍を指揮を任されれば、

間違いなく自分は魏延に殺されるだろうと疑心暗鬼に陥ります。

 

そこで楊儀が取った行動は、

「魏延は魏へ寝返ろうとしている!」と周りに言いふらしたようです。

その結果、魏延は謀反人として馬岱に討ち取られています。

結論

長く蜀の為に忠誠を尽くし、頑張ってきた魏延が、

楊儀が嫌いというだけで謀反するとは考えにくいです。

 

実際、劉備は、魏延に非常に期待していました。

漢中を制圧した時も、義兄弟の張飛を差し置いて、漢中を魏延に任せています。

 

その期待に応え、劉備亡き後も蜀の為に働いてきました。

この点を考えても魏延の謀反は考えにくいと思いますし・・・

 

 

ただ以前孔明が、魏延の頭蓋骨が後部に出ていて「反骨の相」をしている。

 

なので魏延は、「いつか裏切るだろう」と

意味も分からない難癖をつけたことがありました。

 

劉備はそんなの関係ないと取り合いませんでしたが、

孔明は非常に気にしていました。

 

 

この話の伏線として、孔明が魏延に対して言った言葉を、

最後に現実にしたかっただけのような気がします。

 

そういう意味でも魏延は、ただの被害者だったように思えてなりません。