苦肉の策

漢字のままの意味ですが、

自分の体を犠牲にする事で、相手を信頼させる策です。

 

これは三国志以前からあった言葉で、

当時中国で見本とされていた兵法三十六計の中で、

第三十四計にあたる戦術に「苦肉計」として記載されています。

 

「人間は自分を傷つけることはない、もし傷つけられるなら他人から傷つけられる」

という心理を利用したものになります。

 

ですが兵法三十六計の中の苦肉計と区別するために、

黄蓋が赤壁で使った作戦を「苦肉の策」と呼んでいます。

 

形上は分けられていますが、

実際はどちらで使っても問題はありません。

苦肉の策が使われた経緯

曹操軍が劉備・孫権を討伐する為に南下した際、

呉の将軍である黄蓋(こうがい)が苦肉の策を用いました。

 

大都督として呉軍を指揮していた周瑜に従わなかった黄蓋に対して、

周瑜が黄蓋をムチ打ちの刑に処しました。

 

これにより黄蓋の背中の皮は剥げ、

地がしたたり落ちたと言われています。

またあまりの激痛から黄蓋は何度も気を失ったそうです。

 

もちろんこれは黄蓋が周瑜に頼んで、

自分からやった計であったのは言うまでもありません。

 

ですがこの黄蓋への仕打ちに対して、

「周瑜殿は酷い事をされる」と味方まで騙されてしまいます。

 

呉の中に忍び込んでいたスパイもこれを信じ、

曹操の元へこの出来事を報告しています。

赤壁の戦いへ

黄蓋は、ムチ打ちの刑を受けた後、

曹操に対して偽りの降伏する旨の書簡を書きます。

 

そして話術に優れていた闞沢(かんたく)に頼み、

曹操の元へ届けさせます。

 

曹操もこれが苦肉の策ではないかと疑いますが、

闞沢の話術とスパイから届いた報告によってこれを信じてしまいます。

 

この苦肉の策のお陰で、火攻めを行い、

結果的に赤壁の戦いは呉軍の大勝利で終わります。