劉禅の才能

劉禅は、劉備の跡を継いだ皇帝です。

 

彼は、劉備の遺言を守り、

孔明を親のように慕って、全幅の信頼を寄せています。

 

そして国内の政治も軍権も孔明にゆだね、

皇帝が良く陥ってしまう「猜疑心」に取りつかれる事もありませんでした。

 

孔明の死後も孔明の遺言に従って、

蒋琬・費禕に政治を任せ、国内は非常に安定しています。

 

劉禅を無能と呼ぶ人も多いですが、

周りの人達を信頼して全力で任せるというのは、

誰もができることではない凄い才能じゃないかなと思います

何色にも染まれる素質

劉禅を暗君だと言う人も多いですが、

決して劉禅は暗君だったわけではありません。

逆に暗君にも名君にもなれる素質を兼ね備えていたのです。

 

もしも周りの家臣達が優れていれば名君になれ、

逆に周りの家臣達が無能であれば暗君にもなるということです。

劉禅は何色にも染まる事ができたのです。

 

 

だからこそ孔明が治めていた時代、

孔明が有能だったからこそ、蜀は安定していました。

 

孔明死後も孔明の遺言通りに、蒋琬・費禕に政治を任せ、

結果的に二人が存命中、蜀の政治は変わらず安定していました。

 

この時の劉禅は、

孔明色・蒋琬色・費禕色に染まったわけです。

 

その後、黄皓の出現で蜀の政治は腐敗してしまい、

結果的に劉禅は国を滅ぼしてしまいますが、

これは劉禅が悪いのではなく、黄皓色に染まっただけなのです。

劉禅と司馬昭

横山光輝三国志(60巻248Pと249P)より画像引用

 

劉禅の評価が非常に低いのは、

「終わりよければすべてよし」という言葉がありますが、

まさにその終わり方がまずかったです。

 

戦わずして降伏したのも評価落とした原因の一つですが、

洛陽での出来事が、劉禅の評価を大きく落としました。

 

劉禅は、降伏後に洛陽に送られますが、

洛陽で行われた宴でやらかしてしまいます。

 

 

蜀を滅ぼした張本人である司馬昭が劉禅に対して、

「蜀が懐かしいでしょう?」と尋ねると、

 

「ここでの生活が楽しいから、蜀を思い出すこともありません」

と劉禅は返します。

 

これを聞いた司馬昭は驚き、

「劉禅がこれでは、孔明が生きていてもどうにもならなかっただろう。

ましてや他の者では・・・」といった話です。

余談

上の横山光輝三国志でも少しだけ描かれていますが、

「蜀を思い出すこともない」と発言した劉禅に対して、

 

郤正(げきせい)が、

「もし今後、同じような質問を受ける事があれば、

先祖の墓も蜀にあるので、蜀を思い出し悲しまない日はありません」

と答えるように進言しています。

 

 

これを聞いていた司馬昭は、

後日劉禅に対して同じ質問をします。

 

そうすると郤正が劉禅に教えたまんまの回答をしたため、

「その返答は教わった内容そのままですね」と司馬昭に言われる始末。

 

その司馬昭の返しに対して、

劉禅は「その通りです」と素直に返し、司馬昭は大笑いしたそうです。

 

 

このように素直で野心を持たない劉禅だったからこそ、

司馬昭達に疑われること持たないなく、

65歳まで天寿を全うしたのかもしれませんね。