劉備(玄徳)の原点

劉備が琢県の田舎で筵(むしろ)を編んで、

細々と母と生活していた頃、

 

劉備は盧植の元で学び、

そこで公孫瓚と出会ったことになっています。

 

このあたりの事は知ってる人も多いかもしれませんが、

少し待ってください!!

 

 

そもそも生活に苦しんでいた劉備達が、

盧植のような立派な人物の元で学べると思いますか?

 

公孫瓚も盧植の元で学んでいる事からも、

ある程度裕福な家庭じゃないと学ばせる事なんて普通はできません。

 

今でもそうですよね。

生活に苦しんでいる家庭が、高額塾なんかに普通は通えません。

それと基本的に同じです。

 

では何故貧しかった劉備が、盧植の元で学べたのか?

そのあたりの事について今回は触れてみようと思います。

劉備の才能を見抜いた劉元起

劉備の一族に

劉元起(りゅうげんき)という人物がいました。

 

年齢的には、

劉備の父である劉弘の世代にあたります。

 

この劉元起には、

劉徳然(りゅうとくぜん)という息子がいましたが、

実の息子でもない劉備と共に盧植の元で学ばせます。

この時の劉備は15歳でした。

 

その際に、息子と全く変わらない待遇をして、

必要な学費の面倒は全て見ていました。

 

これによって劉備は、盧植の元で沢山の事を学び、

後に義勇軍として立ち上がっていくのです。

劉元起が劉備に資金援助した理由

劉元起が劉備を実の息子と変わらず、

学費など必要経費の面倒を見ていましたが、

 

これを苦々しく思っていた人がいました。

それは劉元起の妻です。

 

そこで何故、一族とはいえ、

「別の親の子の面倒までこんなに見るのですか?」

と夫に尋ねます。

 

劉元起は妻の問いに答えます。

「我々劉一門の中に、玄徳に匹敵するような逸材は一人もいない。

とにかく並大抵の人物ではないのだ!」

 

これを聞いた妻は何も言えなくなったそうです。

 

 

後に蜀漢の皇帝を称するまでに出世しますが、

15歳の劉備の将来性を見抜けた劉元起もまた凄いと思います。

 

劉元起が、盧植の元で学ばせていなければ、

もしかすると劉備は、一生筵(むしろ)を編んで生活していたのかもしれませんね。