周泰(しゅうたい)

周泰は、蒋欽(しょうきん)と共に孫策に仕えますが、

孫権が周泰の事を気に入ってしまい、

孫策にも願い出て、周泰は孫権の家臣になっています。

 

 

ある時孫策が、山越の異民族討伐に向かっていた頃、

孫権が宣城の留守を守っていました。

 

そんな宣城に、

数千人の山越兵が攻め込んできます。

 

この城には、少数の兵しかいなかった為、

多くの者達が慌てふためき、孫権自身も窮地に陥りましたが、

周泰が身を挺して孫権を守り抜きます。

 

この時周泰は、全身に12カ所に傷を負い、

三途の川をさまよったほどの重体でしたが、奇跡的に回復します。

 

この事を聞いた孫策は、

周泰に非常に感謝し、春穀県の長に任じています。

 

その後孫策が死去し、孫権が跡を継ぐと、

周泰は赤壁の戦い・濡須口の戦い等で手柄を立てていきます。

 

それによって平虜将軍に任命されますが、

この時から徐盛(じょせい)や朱然(しゅぜん)が周泰の指揮下に入りました。

 

しかし彼らは周泰のことが気に入らず、

周泰の指示に逆らっていました。

 

 

これを聞いた孫権は、

濡須の砦まで足を運んで、大規模な宴会を開きます。

 

そしてその宴会の中で、

周泰に服を脱がせ、体中にある傷の由来を語らせました。

 

多くの傷が、孫権を守る為についた傷で、

孫権は「周泰がいなければ今の自分はいなかった」と涙ながらに語ります。

 

このやりとりを見た徐盛や朱然は、

その後周泰の指示には、きちんと従うようになったそうです。

三国志演義での周泰

 

周泰と蒋欽は、

もともと海賊をしていました。

 

そんな折に、孫堅の子である孫策が挙兵すると、

その陣営に加わっています。

 

また劉備が関羽の復讐として呉に攻め込んだ夷陵の戦いでは、

劉備に味方した武陵蛮の沙摩柯(しゃまか)を一騎打ちで討ち取っています。

 

ちなみにですが、呉の猛将であった甘寧は、

「演義」では沙摩柯に矢で射ぬかれて死んだ事になっています。

※実際は病死

 

周泰も甘寧も元海賊であり、

そこを「演義」では繋げているのでしょうね。