韓玄(かんげん)

韓玄は曹操が荊州を平定した後に、

荊州南部の長沙太守を任された人物です。

 

その後は、荊州南部の太守(劉度・趙範)らと同様に、

劉備に降伏したと記載が残っているのみで、その後の生死は不明です。

荊州南部の四天王(荊州四英傑)「劉度」

荊州南部の四天王(荊州四英傑)で、三国志演義で趙雲と義兄弟の契りを結んだ「趙範」

韓玄の墓碑

現在長沙市内には、

「漢忠臣韓玄之墓」と記載された韓玄の墓碑が残っています。

 

もともとはこの場所に、韓玄の廟があり、

「漢太守韓玄之墓」と記載されていました。

 

しかし明の頃に破壊されてしまい、

1983年、廟の跡地に墓碑を建てたという流れです。

三国志演義での韓玄

 

赤壁の戦いの後に、

劉備軍による荊州南部攻略に取り掛かります。

 

そこで韓玄は、

長沙太守として登場しています。

 

韓玄は短気な性格で、むやみやたらに人を処罰しており、

美しい女性がいれば城内に召し出していました。

 

その為に民衆から、

怒りを買っていた人物として描かれています。

関羽と黄忠の一騎打ち

劉備軍の関羽が500騎で攻めてきた際は、

韓玄は、家臣であった黄忠に迎撃を命じています。

 

その際に、楊齢(ようれい)は、

「老将軍が出陣する必要はない」と願い出て、

 

千人の兵を率いて出陣しますが、

関羽に一刀のもとに切り捨てられています。

 

 

そこで今度は、黄忠が出陣します。

 

しかし関羽と黄忠が一騎打ちをした際に、

黄忠の馬が倒れてしまい、黄忠が地面に叩き落とされてしまいます。

 

その時関羽は、黄忠をこんな事で殺すのは忍びないと、

再度一騎打ちで勝負をつけようと引き揚げました。

横山光輝三国志(28巻173P)より画像引用

 

 

そして再度関羽とまみえた際に、

黄忠が自慢の弓で関羽の頭巾を射抜きます。

横山光輝三国志(28巻177P)より画像引用

 

先に漢気を示してくれた関羽へ対して、

黄忠なりのお礼でした。

魏延の反乱

韓玄は、黄忠が関羽の頭巾を打ち抜いて、

関羽を討たなかった行動に激怒します。

 

そして黄忠を関羽と通じているという罪で捕らえ、

処刑しようとしますが、

 

その際、長沙で客将となっていた魏延が、

民衆を扇動し、黄忠を救い出し、韓玄を殺害してしまいます。

 

その首を持って魏延は劉備に降伏し、

長沙は平定されます。

『三国志演義』荊州南部平定戦で諸葛亮による不公平な魏延と鞏志の処遇

 

三国志正史での記録が少ない事から、

韓玄についてはこちらの印象を抱いている人が大半かと思いますね。