金旋(きんせん)

金旋は、雍州京兆郡の出身です。

 

金旋の先祖は匈奴出身なのですが、

前漢の全盛期を築いた武帝に信頼された金日磾(きんみつてい)にあたります。

 

それからの金旋の祖先は、

漢王朝に長らく仕えた一族でした。

 

そういうこともあり金旋は、黄門郎や漢陽太守を務めており、

その後は、議郎や中郎将兼武陵太守を務めています。

 

曹操が荊州に攻め込み、劉琮が降伏すると、

荊州南部に金旋・劉度・趙範・韓玄らを送り込んでいます。

 

その時武陵太守を任されたのが金旋でした。

 

はっきりいってしまうと、

この4人を荊州南部へ送り込んだという記録はありません。

 

しかし、荊州南部での豪族だったという記録もない点からも、

送り込んだ可能性が非常に高いと言えます。

劉備の荊州南部平定戦

孫権・劉備連合軍が、赤壁で曹操を打ち破ると、

劉備は荊州南部平定に動きます。

 

この時武陵を守っていた金旋は、

劉備軍に適わないと判断して降伏を申し込みますが、

 

劉備は何故か金旋を許さず、

仕方なく金旋は戦わざるをえなくなります。

 

他の零陵太守劉度・桂陽太守趙範・長沙太守韓玄の3人は、

劉備に降伏出来たのに、何故金旋だけ拒否されたのか不思議な所です。

荊州南部の四天王(荊州四英傑)「劉度」

荊州南部の四天王(荊州四英傑)で、三国志演義で趙雲と義兄弟の契りを結んだ「趙範」

荊州南部の四天王(荊州四英傑)「韓玄」

 

戦いの結果ですが、

金旋は劉備に敗れて討たれています。

息子の謀反

 

金旋には息子の金禕(きんい)がいましたが、

耿紀(こうき)・韋晃(いこう)・吉丕(きつひ)らと共に曹操へ反乱を起こしていますが、

反乱は失敗に終わり、殺害されてしまいます。

 

これにより金旋の一族は、

途絶えてしまう事になります。

 

ちなみに金禕・耿紀・韋晃・吉本らが反乱を起こした際に頼ったのは、

父親を殺した劉備であったのは皮肉な話です。

三国志演義での金旋

三国志演義での金旋は、

武陵太守として登場しています。

 

張飛が攻めてきた時、

金旋の家臣であった鞏志(きょうし)が降伏を勧めるも、

その言葉を聞かずに張飛に戦いを挑むも敗北してしまいます。

 

武陵に撤退してきた金旋ですが、

鞏志は門を閉ざし、金旋に矢を放ち、射殺しています。

横山光輝三国志(28巻129P)より画像引用

 

金旋の首を手土産にして、鞏志は張飛に降伏し、

その後、金旋に代わって武陵太守に任命されています。