趙氏貞(ちょうしてい)

 

趙氏貞は、現在のベトナムにあたる、

呉の南方にある交州九真郡で反乱を起こした女性。

趙嫗(ちょう おう)とも趙貞娘とも呼ばれたりします。

 

ベトナムのジャンヌダルクともいわれた彼女は、

248年、兄である趙国達と共に呉に対して反乱を起こしました。

この時の彼女は23歳でした。

 

彼女の身長は9尺あり、3尺もの乳房を持っていましたが、

乳房が鎧に収まらなかった為に、背後へ回していたという爆乳ぶりの記録が残っています。

 

ちなみに1尺の基準は、その時代によって多少変わるので、正確には分からないのですが、

三国志時代の1尺は大体23cm程度だと言われています。

 

そう考えると、9尺なので2mを超える長身の持ち主で、

69cmの乳房を持っていたという事になりますね。

 

ちょっと考えられないぐらいの長身で、爆乳の持ち主であり、

その上に美女だったというから現在のモデルさんも形無しです。

 

そんな彼女ですが、

戦いの際は象に乗っていたそうです。

張氏貞の快進撃

趙氏貞は、兄の趙国達と共に反乱を起こしていますが、

趙国達は首謀者であって、実際に反乱軍を率いていたのは趙氏貞でした。

 

そして美しい女性で爆乳の持ち主であった彼女の為に

頑張ろうと思った男性も多かったのでしょう。

否が応でも士気が高まります。

 

また呉の兵士から寝返る兵も多く出たという事なので、

彼女の魅力が半端なかったのかもしれませんね。

 

その結果、呉は彼女の反乱軍に連戦連敗を喫してしまいます。

陸胤の奇策

連戦連敗の報告を受けた孫権は、

陸胤(りくいん)・陸抗(りくこう)を派遣します。

ちなみに陸抗は陸遜の子で、陸胤は陸遜の親戚にあたる人物です。

 

二人は連戦連敗した理由などを整理し、

反乱軍を率いていた趙氏貞の情報をかき集め、「趙氏貞が処女である」ということが分かります。

 

そこで陸胤が考えたのが、趙氏貞が攻めてきた際に、

全裸になって趙氏貞の前に姿を見せることでした。

 

趙氏貞は、初めてみる男の全裸に恥ずかしがり、

反乱軍の統率が乱れた所で、陸胤・陸抗軍は襲って打ち破ります。

その戦いをきっかけに連戦連勝し、最終的に趙氏貞は討ち取られます。

 

 

ただ趙氏貞の最後は、川に身を投げて死んだだの、

象に踏みつぶされて死んだだのとはっきりとした記録は残っていません。

 

とにもかくにも陸胤の全裸作戦が功を奏し、反乱を鎮圧します。

この功績により、陸胤は安南将軍に任命されました。

趙氏貞についての諸説

三国志正史では、「交州九真郡で反乱が起き、

それを陸胤が根気よく説得し帰順させた」と記載が残っているのみで、

趙氏貞の名前は一文字も出てきていません。

 

 

趙氏貞の記録が残っているのは、

現在のベトナム側の記録「大越史記全書」の中に、

 

「九真郡の趙嫗という女性が、

兵を率いて郡県を侵略したので、陸胤がこれを平定した」とあります。

 

 

他には「趙嫗は乳長三尺あり、

乳房が収まり切れないので乳房を背後にまで回していた。

 

彼女はいつも金の靴を履いており、

結婚もしておらず、戦う際は象の頭に乗って戦っていた」

「交州記」に記録があります。

 

ただそれだけではなく、

「結婚はしていないものの若い男との体の関係はあった」

というふうにも記載があるので、

その点を見ると処女ではなかったことになりますが・・・。

 

ただ今現在、中国の支配に抵抗した女性として、

ベトナムの英雄として扱われています。