董允の父、董和(とうわ/とうか)

董和は当初劉璋に仕えていた人物でしたが、

劉備が入蜀を果たすと、董和は劉備に仕える事になります。

 

董和は清廉潔白であり、劉備からも信頼され、

色々な重職を任されることになります。

 

 

そして諸葛亮からは、

「人は、自分と違う考えを持っている人を大事にしなければならない。

 

理由は簡単で、自分の過ちを指摘してくれるからこそ、

完璧に仕事をこなしていけるからだ。

 

そして董和は私の過ちを指摘してくえる人物であり、私はいつも助けられている」

と董和に対して高い評価をしています。

 

 

そんな董和には、優れた息子である董允(とういん)がいました。

しかし董允の友人でもあった費禕(ひい)も同じように高い評価を受けていました。

 

董和は董允が優れた子であるとは思っていたが、

実際費禕と比べた場合、どちらが優れているのか分からずにいました。

 

そんな中、どちらが優れた人物であるか、

判断できる出来事が起こります。

許靖(きょせい)の子が死んだ時の出来事

 

ある時に許靖の子が死んでしまい、葬儀が行われる事になります。

その際に、友人関係であった董允と費禕は一緒に葬儀に赴こうとします。

 

この時董允は、父である董和に対して、

葬儀に参列する為の馬車が欲しいと願い出ます。

 

この時董和は、董允に小さな馬車を董允に与えました。

 

小さい馬車を見た董允はそれで参列する事を恥ずかしいと思い、

馬車に乗る事を躊躇してしまいますが、

 

友人であった費禕は、

小さいことなど気にせずその馬車に取り込みます。

 

 

費禕の様子を見てから董允もその馬車に乗り込み、

一緒に許靖の葬儀に出席するのですが、

 

その葬儀には、許靖の子の葬儀ということもあり、

そこには沢山の立派な馬車が並んでいました。

 

その馬車を見た董允は、見劣りする自分の馬車と比べ、

再度恥ずかしい気持ちになってしまいます。

 

しかし費禕はそんなことなど全く気にせず、

どうどうとしており、常に冷静で落ち着いていたようです。

 

 

この話を聞いた董和は、

何かを悟ったように董允を呼んで話し出します。

 

その言葉は次のようなものでした。

「今まではお前と費禕はどちらも優れていて、

どちらが優秀な人物か分からなかった。

 

でも今回の葬儀の件でどちらが優れているか分かってしまった。

結果として優れているのはお前ではなく、費禕であった。

 

理由は小さい馬車の事を恥ずかしいと気にしたお前より、

そんなことを気にもしなかった費禕の方がはるかに優れた人物だ」

董允、費禕との才能の差を思い知る

費禕という人物は、記憶力がものすごく良く、

どんな書物でもしばらく見ただけで、書かれている内容をきちんと理解し、

覚えた内容を二度と忘れる事がなかったというほどの記憶力を持っていました。

 

これはそんな費禕が尚書令の仕事をしていた時の話ですが、

費禕は朝夕に仕事をこなしていました。

 

しかし仕事一辺倒の人物だったわけでなく、

仕事の合間を見て訪れた客の対応をし、他の空いた時間には友人と飲食したりして、

仕事とプライベートを充実させていました。

董允、尚書令に命じられる

その後に費禕に代わって

董允が尚書令を任される事になります。

 

この時、費禕が仕事とプライベートを充実させていたのだから、

自分も費禕ののように仕事とプライベートの両方をうまくこなしていこうと思った時の事です。

 

しかし、現実はそううまくいかず、

董允が尚書令になってから10日も経たずに仕事が溜まってしまいます。

 

董允がさぼっていたというわけではなく、

それほど多くの仕事をこなさなくてはいけなかったのです。

 

その現実と向き合った董允は、

仕事に専念し、プライベートを疎かにすることが増えてしまいます。

そこまでしてやっと尚書令の仕事をこなせるほどでした。

 

 

この現実を目のあたりにした董允は、

「費禕と自分の才能にこれほど差があるとは思いもしなかった」

と嘆いたといいます。

 

そして董允はかつて父である董和が費禕の方が優れているといった意味を

現実を持って理解するのでした。

「四相」に数えられた董允

ただ費禕に適わないからといってひねくれる董允ではなく、

任された仕事をしっかりとこなし、費禕を認めた上で自分にできることで蜀の為に尽くします。

 

また董允が劉禅を支えている間、劉禅はたがを外すこともなく、

黄皓の好き勝手にはさせることもなく、国の政治を安定させていました。

 

その為に当時の人々は、

諸葛亮・蒋琬・費禕・董允の4人を合わせて「四相」と呼んだそうです。