樊氏(はんし)

 

赤壁の戦いで、劉備・孫権連合軍が曹操に勝利すると、

 

劉備は曹操が支配する荊州南部の4郡を攻め落とすのですが、

この時に桂陽(けいよう)を治めていたのが趙範という人物でした。

荊州南部の四天王(荊州四英傑)で、三国志演義で趙雲と義兄弟の契りを結んだ「趙範」

 

荊州南部4郡&太守

  • 零陵太守、劉度(りゅうど)
  • 桂陽太守、趙範(ちょうはん)
  • 武陵太守、金旋(きんせん)
  • 長沙太守、韓玄(かんげん)

 

 

この桂陽を攻めるように命じられたのが、劉備軍の趙雲でした。

しかし趙範は劉備と戦う気がなく、あっさりと降伏してしまいます。

 

この時、趙範が趙雲に対して結婚を強く勧めた相手が樊氏でした。

 

ちなみに樊氏は絶世の美女であり、

「天下に女性は沢山いるが、樊氏は大変な美人だった」

との記録が正史にもわざわざ残っているほどです。

 

 

実際女性で「美女」と言う言葉が正史に残ってる人物はほとんどおらず、

孫策・周瑜に嫁いだ大喬・小喬など限られたほどしかいません。

 

絶世の美女と数えられた貂蝉(ちょうせん)なんかは、

そもそも実在した人物でもありませんし・・・

 

そんな中で記録が残っているのだから相当なものだと思います。

 

 

樊氏はもともと趙範の兄の嫁でしたが、

夫が亡くなると誰とも再婚せず独り身の状態だったので、

 

趙範は趙雲にとっても樊氏にとっても良かれと思って紹介したのですが、

趙雲は樊氏との結婚を丁寧に断ります。

 

 

趙範が「何故断るのですか?」と聞くと、

「お互い趙姓だから、趙範殿の兄ならば私にとっても兄のようなものだ」

と趙雲は返します。

 

でもこれって、結構無理あると思うんですけど、

実際、「姓」が同じだけで親族になるなら、恐ろしい事になりそうな・・・

樊氏との結婚を断った理由

周りの者達は樊氏との結婚を何故断ったのか疑問に思い、

趙雲に尋ねてみました。

 

そうすると趙雲は、

「趙範はこちらが攻めてきたから仕方なく降伏したに過ぎない。

実際の所、趙範が何を考えているかわからない。

 

それに樊氏が美女とはいえ、女なら他にも沢山いるではないか。」といったそうです。

 

 

これもしかして樊氏がどこかで聞いていたなんてないですよね?

もしこれを樊氏が聞いていたら、相当なショック受けたと思いますよ。

冗談抜きで本当に・・・

 

その後、樊氏が正史に出てくることはありませんが、

最終的に幸せになってくれてればいいんですけど、どうなったんでしょうね。

三国志演義での樊氏

 

三国志演義でも正史と似たような形で登場します。

降伏した趙範は趙雲と同じ姓というだけで、義兄弟の契りを結んでいます。

 

そして兄の未亡人であった樊氏を紹介するんですが、

「兄嫁を人に薦めるとは犬畜生にも劣るやつめ・・・」なんて言われ、

趙範は趙雲にボコボコに殴られる始末・・・

横山光輝三国志(28巻79P)より画像引用

 

 

その話を聞いた劉備が、

「趙雲はなんで美女が嫌いなんだ?」と聞きます。

 

そうすると趙雲は、

「私だって美女が嫌いなわけじゃないんですよ。

 

ただ征服したばかりの桂陽で、私が趙範の兄嫁を貰ったとかなると、

劉備様の悪い噂になることもありましょう。

 

まだ劉備様の徳も行き届いていない桂陽で、

そういう行為は控えるべきだと考えた次第です」と答えています。

 

またそれでも劉備が仲人になってやろうかというと、

「天下に女性は山ほどいますし、妻がいなくても武士の務めは果たせます」

と頑固なまでに樊氏との結婚を断っています。

 

 

「趙雲かっこいい!」って三国志ファンなら思う人も多いかもですが、

樊氏、三国志演義でも同じ扱い過ぎてかわいそすぎますよ。

 

正史でも演義でも徹底的に趙雲に拒絶されているんですから・・・

ちょっとした疑問

 

趙範は曹操配下でしたし、

趙雲と樊氏が破断になってからは曹操の元へ逃亡している趙範。

 

それほどの美人なら曹操に薦めていれば、

すぐにでも樊氏は、曹操の側室に迎え入れられた気もします(笑)

 

曹操のことだから高い確率で側室に迎えると思いますけど、

そうすると趙範は曹操の外戚にあたり、自然と地位もあがっていき、

一石二鳥だったと思うんです。

 

 

ただ趙雲と破談になってからの樊氏の行方は全くわからないので、

趙範が曹操の元へ逃げ帰る際に樊氏も一緒に連れていき、

 

曹操ではないでしょうが、

魏の地で誰かと再婚した可能性は十分にあると思います。

三国志演義からの考察

三国志演義では、樊氏が夫に求める条件というものがあったので

その条件に見合う男は現れなかった可能性もあるでしょうね。

 

あくまでこの条件は、

三国志演義での条件なので創作なんでしょうけど。

 

ちなみに樊氏が求めた条件は次のようなものでした。

  • 天下に名前が響き渡っていること
  • 前の夫と同じ「趙」の姓であること
  • 文武に優れていること

 

横山光輝三国志(28巻77P)より画像引用

 

そんな都合いい人物なんて、簡単に見つかるもんじゃないですね(笑)

ぶっちゃけ趙雲ぐらいしかいない気がします。

 

そう考えると樊氏はその後も良い相手が現れず、

未亡人のまま生涯を終えた可能性が高いといえそうです。

趙雲と樊氏が結婚する京劇「龍鳳呈祥」

 

京劇とは、中国の伝統的な古典演劇のことであり、

その京劇の中の「龍鳳呈祥(りゅうほうていしょう)」で、

趙雲と樊氏が登場しています。

 

ちなみに樊氏は、樊玉鳳(はんぎょくほう)という名前で登場しています。

設定は正史同様、趙範の兄嫁で未亡人です。

 

 

趙雲が桂陽城に迫ると、

樊玉鳳の助言を受けて、趙範は戦う事もなく降伏しています。

 

その後同じ姓であることを理由に、趙雲と趙範は三国志演義と同様、

義兄弟の契りを結ぶことになるんですが、その後趙範が、樊玉鳳を趙雲に何度も勧めてきます。

 

あまりに勧められてイラっとした趙雲は、

「義兄弟の姉と結婚なんて普通に考えておかしいだろ!」といい、

桂陽城を再度攻めています。

 

 

ただここでちょっとした疑問が浮かんでくるわけです。

 

「桂陽城攻めたっていいますけど、

趙範が降伏して、もう趙雲は城の中にいたんじゃないの?」

って正直自分自身思っちゃいました。

 

「それか断った時点で、趙範をその場で捕らえたら戦わずに済んだのでは?」

とも思ったり・・・。

 

まぁここは趙雲と樊玉鳳の馴れ初めに関係ないので、

これ以上つっこまず、先に話薦めます。

 

 

この時に趙雲の前に立ちはだかったのが鎧をまとった樊玉鳳でした。

趙雲は樊玉鳳と敵として戦う事になるのですが、戦っている最中に趙雲が樊玉鳳に惚れてしまいます。

どうしてそうなった(笑)

 

そしてタイミングを見計らったかのように、劉備と諸葛亮が二人の前に登場します。

二人は戦ってる趙雲と樊玉鳳をなだめて結婚させたみたいです。

 

めでたしめでたしで終了するわけですが、

京劇とはいえ、二人が幸せになる話も作られた事が、樊氏にとっては唯一の救いだった気がします。

「趙雲に徹底的に拒否られまくった女性」という烙印だけじゃかわいそすぎますからね。