劉備の最初の正室、糜夫人(びふじん)

劉備が陶謙の跡を継いで徐州を治めた際に、

陶謙の臣下をはじめ、多くの者達が劉備に従う事になりました。

 

糜夫人の兄である麋竺(びじく)・糜芳(びほう)もその中の二人です。

 

 

その後呂布が徐州へ落ち延びてきた際に、

劉備は呂布を保護しますが、

 

劉備が袁術と戦っている隙に呂布に徐州を奪われてしまいます。

この時既に劉備の妻(記録上)であった甘夫人も捕らえられてしまったのです。

 

劉備と呂布はその後和解し、劉備が小沛(しょうはい)城へ移ると、

資産家であった麋竺・糜芳らは、劉備を助けるべく、多額の金銭等の援助を行っています。

 

また妻子が捕らえられてしまったということで、

麋竺・糜芳の妹にあたる糜夫人を劉備に嫁がせています。

 

おそらく花嫁道具みたいな感じで多額の金銭等の援助を行ったのでしょうね。

 

 

このあたりの詳細な記録がないので少し不思議なんですが、

劉備が呂布と和睦した時に呂布に捕らえられた妻子が帰ってきたという記録がなく、

 

後に呂布が曹操に滅ぼされた後に、

呂布に捕らえられていた妻子(糜夫人・甘夫人)らは劉備の元に帰ってきたように書かれています。

 

 

ただ勘違いする人も多いので補足しておきますが、

甘夫人の方が先に劉備の妻になってはいたものの正室ではありませんでした。

 

身分の低い家の出身であった甘夫人は、

あくまで側室という立場であり、

 

資産家であった糜一族出身の糜夫人が劉備の正室として迎えられています。

 

これは劉備に関わらず、家柄を重視していた当時、

ごく当たり前の事だったので、甘夫人もそれは分かっていた事だったと思われます。

 

 

その後劉備が曹操を裏切って挙句に敗れてしまうと、

関羽は劉備の妻子を守る為に曹操に降伏してしまいますが、

糜夫人は結婚してから間もなく、曹操に捕らえられてしまうったとという事になります。

 

もちろん糜夫人だけでなく、甘夫人もこの時捕らえられてますが・・・

 

糜夫人についての正史での記録はここで終わっていますが、

おそらくその後、関羽が劉備の元へ戻っている事から再度劉備には再会できたのでしょうね。

三国志演義での糜夫人

三国志正史では、劉備の元へ戻った糜夫人ですが、

曹操が南方攻略の為に劉表亡き後の荊州へ攻め入った際、

 

劉備らは多くの住民を引き連れて、曹操から逃避行を続けますが、

この時、曹操軍の猛攻によって阿斗(後の劉禅)を抱いていた糜夫人ははぐれてしまいます。

 

この時、趙雲によって糜夫人は見つけられますが、

自分を連れて曹操軍の中を突破するのは不可能だと判断し、

甘夫人の子であった阿斗を趙雲に託して、近くにあった井戸に身を投げ入れてしまいます。

 

 

糜夫人から託された趙雲は、糜夫人の死を悲しむと同時に、

阿斗を劉備の元に届けるべく奮闘し、劉備の元へなんとか帰還に成功。

 

正史で記録が途絶えた時期に合わせて、

糜夫人に「阿斗を託して死ぬ」という役どころを与えたのでしょうね。

甘夫人(甘皇后/かんふじん)

 

劉備が陶謙の跡を継いだ頃に、劉備の妻になったのが甘夫人でした。

 

ただ甘夫人が劉備の最初の妻かというと、

実際はそれ以前にも正室がいたみたいな記載がされているので、

実際はそれ以前にも何度か妻を娶っていたのでしょう。

 

しかし記録上最初に劉備の妻として、

記載が正史に残ってるのは、この甘夫人になります。

 

 

ちなみに甘夫人は身分の低い家から18歳の時に嫁いでおり、

正室になることなく、生涯側室として劉備の妻として付き従いました。

 

一般的には先に妻になった人が正室になる場合が多いですが、

家柄などを考えた際、その限りではなかったのがこの時代でした。

 

その後、資産家であった糜一族の糜夫人が、劉備の正室として迎えられたわけです。

 

 

劉備が荊州の劉表の元へ流れていくと、

新野城を任されるのですが、この時に阿斗(後の劉禅)を生んでいます。

劉禅は白布の如し

 

しかしそれからほどなくして、

曹操が南方攻略に乗り出すと、劉備が妻子らをおいて逃亡した為、

甘夫人や阿斗は戦場に取り残されてしまいました。

 

それを趙雲が二人を見つけ出し、救出していますが、

赤壁の戦いで劉備・孫権らが曹操に勝利した後に亡くなっています。

 

ただ劉備の妻の中で、唯一劉備自身が自分の意志で見つけた女性であり、

長く劉備の苦難に従っていたことからも一番劉備の愛を受けていたのでしょうね。

 

 

甘夫人の墓は荊州南郡で埋葬されていましたが、

 

劉禅が劉備の後を継いだあたりで、

荊州南郡から甘夫人の墓を移葬させ、劉備と同じ墓にいれられたそうです。

三国志演義での甘夫人

曹操が南方攻略に乗り出した時に、正室であった糜夫人は井戸に身を投げていますが、

甘夫人はなんとか曹操軍から逃げる事に成功しています。

 

劉備・孫権が赤壁の戦いで曹操を破り、

その後劉備が南方攻略に乗り出したあたりで亡くなっており、

 

その事を周瑜が引き合いに出して、

劉備は甘夫人の代わって孫権の妹である孫尚香と結婚しています。

正史から見る孫夫人(孫尚香) 〜曹操・孫権と並んで脅威とされた女性〜

【三国志演義】劉備を一途に愛した孫夫人(孫尚香)の生涯

糜夫人と甘夫人

 

糜夫人は、記録に名前が残っている女性で、

劉備の最初の正室になった妻ですし、

 

甘夫人は、記録に残る上での劉備の最初の妻になっています。

 

そういう意味では二人は複雑な関係ではあったものの、

糜夫人と甘夫人はお互い仲がよかったようです。

 

 

そして糜夫人の兄である麋竺は、生涯劉備に付き従っており、

劉備が皇帝になった際にも生きています。

 

ただ弟の糜芳が呉に寝返った事が原因で心を痛め、

それがもとで麋竺はなくなってしまいます。

 

しかし糜芳が裏切った事に対して麋竺に対して、

劉備は麋竺を責める事は一度もありませんでした。

 

まぁ劉備は、麋竺に対してそれほどまでの信頼を置いていたのでしょう。

劉備に忠義を貫き通した麋竺

 

また甘夫人は、全てが政略結婚の要素が強い妻ばかりだった中、

劉備が唯一自分自身の意志で妻に選んだ女性であり、

 

甘夫人からしてみれば、自分自身が側室であることなどどうでもよく、

劉備と一緒に入れるだけで幸せだったのかもしれませんね。