徐盛(じょせい)

徐盛は徐州琅邪郡の出身ですが、

 

黄巾の乱をきっかけに徐州が戦乱に巻き込まれていくと、

徐州から揚州呉郡へ難を逃れて避難したようです。

 

孫策が江東へ進出してきた際は、徐盛は孫策に仕えます。

 

 

孫策の死後、孫権が跡を継ぐのですが、

 

徐盛は肝が据わっていた事もあり、孫権からも期待され、

仕えて間もなく、別部司馬に任じられて、兵500人を任されるようになりました。

黄祖侵攻からの防衛任務

孫権にとっては父親であった孫堅の仇でもある黄祖が、

江夏から侵攻してくることがありました。

 

それを防ぐ為に、徐盛がその役目を与えられます。

徐盛は孫権の期待に応え、黄祖が侵攻してきた際は見事に防いでみせました。

 

黄祖の子である黄射が数千人を率いて攻めてきた際には、

それを200人にも見たいない兵でこれを打ち破る事にも成功。

 

 

そして徐盛はこの戦いで黄射を徹底的に破った為、

 

黄祖や黄射らは徐盛が守る地だけでなく、

孫権領へ攻めてくること自体、完全になくなったといいます。

 

 

 

その後の徐盛は赤壁の戦い・合肥の戦い・濡須口の戦いなど、

呉の大事な戦いには身を置いていくことになります。

曹丕の魏建国と孫権の呉王任命

曹丕が後漢より禅譲を受ける形で滅亡し、

曹丕が「魏」を建国すると、曹丕から孫権が呉王に任じられました。

 

この時、魏から邢貞けいていがその使者として訪れたのですが、

 

実質的に魏の臣下になったということもあり、

邢貞は孫権や孫権臣下に対して、傲慢な態度だったといいます。

 

この邢貞の態度に対して、孫権の臣下らのほとんどの者達が怒りを露わにしたが、

誰も邢貞に対して、それを言葉に出せる者はいませんでした。

 

 

そんな中で徐盛は邢貞の前に歩み出て、

 

「我々は一生懸命国の為に働いてはいたが、

許昌や洛陽、そして益州(蜀)を手に入れる事ができていない。

 

だからこそ、孫権様にこんな屈辱的な辱めを与えてしまった」と言い放ち、

その場で号泣したといいます。

 

 

そんな徐盛を見た邢貞は、

「こんな優れた者がいる呉は、いつまでも魏の下に従うことはないだろう」

と心で思ったと伝わっています。

夷陵の戦い・洞口の戦い

 

劉備が夷陵へ攻め込んできた際は、陸遜の指揮のもと迎撃の任にあたり、

劉備を撃退する事に見事に成功しています。

 

この際、劉備を捕らえるために徐盛は、潘璋ら同意見の者達と進言しますが、

魏の動きが不透明であったこともあり、魏に備えて撤退。

 

夷陵の戦いが起こっている事を聞いた曹丕は、

劉備が負ける事を読み切り、呉軍は勢いのまま蜀へ攻め込むだろうと予測し、

 

三方面から呉へ攻め込む準備を整えて、侵攻を開始しました。

 

 

しかし曹丕の予想と反して、劉備を追って益州へ侵攻しておらず、

孫権は急ぎ魏の大軍に対して守備を固めます。

 

徐盛は、呂範や全琮と共に、

曹休が率いる10万の軍勢の対応を任されました。

 

そして徐盛・呂範・全琮は曹休と対峙するわけですが、

暴風雨がこの時吹き荒れ、徐盛らは大被害を被ってしまいます。

 

 

戦う前に思わぬ被害を受けてしまった徐盛らですが、

敗残兵を急いでまとめ上げ、曹休軍と長江を挟んで対峙。

 

そして曹休は数の有利を持って徐盛が守る場所を攻めさせますが、

徐盛は獅子奮迅の働きを見せ、少ない兵で曹休の攻撃を防ぐことに成功。

 

これに対して、曹休は更に兵を繰り出しますが、

何度攻撃しても徐盛を打ち破ることはできなかったようです。

 

 

最後の最後まで呉軍を突破できなかった曹休は、仕方なく撤退を余儀なくされています。

 

また他の二方面の魏軍も呉軍を突破する事ができず、

三方面から侵攻したこの戦いは、呉軍の勝利で幕を閉じたわけです。

徐盛、最後の孝行

224年、曹丕が10万の軍勢を率いて攻め込んできたことがありましたが、

曹丕の侵攻に対応すべく色々な意見が出てきます。

 

この際に徐盛は、

建業より海岸沿いに従って偽の城壁を建設させる事を孫権に提案します。

 

この案を聞いた周りの者達は、徐盛の策は役にも立たないとその意見を一蹴しましたが、

孫権だけが徐盛の意見を取り入れて、その策を実行させます。

 

孫権より許可が下りた徐盛は、急いで大規模な城壁を急いで建設させます。

 

 

そして壮大な城壁が完成した頃に、

城壁を見た曹丕は戦う事もなく撤退を決意します。

 

もちろんですが、あくまで防御力が低い偽の城壁であった為に、

そのまま攻め入られていれば城壁の役目をほとんど果たすこともなかったのかもしれませんが、

 

そうとは知らない曹丕は、見事にそれに引っかかってしまったわけです。

 

 

曹丕は撤退する際に、

「呉にはまだまだ多くの優れた人材がいる。呉を倒すことも簡単な事ではないなぁ。」

とぼやいたそうです。

 

曹丕が徐盛の策にはまって撤退したのを確認すると、

徐盛の策が意味をなさないと言った者達を含めて多くの者達が、

 

「さすがは徐盛殿!」と褒め称えました。

 

 

それから間もなく、徐盛はこの世を去ることになります。

まさに最後の最後まで孫権に忠義を通し、国を守り通したのです。

徐盛と蒋欽の逸話

徐盛が黄祖・黄射の対応を任された時の話ですが、

徐盛が蒋欽の部下をふとしたことから処罰しようとしたことがありました。

 

この時、これまでの蒋欽の功績があまりに大きい事から、

徐盛に蒋欽の部下の処罰を中止させます。

 

このことがあってからというもの、

徐盛は蒋欽から恨まれているだろうと蒋欽を恐れるようになったと言います。

 

 

それから時は流れて、

217年に曹操が10万の兵士を引き連れて濡須口に攻めてきた時のこと、

 

蒋欽は呂蒙とともに呉軍の総指揮を任されたのですが、

この時徐盛も二人の指揮のもとにこの戦いに参加する事になります。

 

 

徐盛は以前に蒋欽の部下を処罰しようとしたことがあったために、

蒋欽からなんらかの仕打ちを受けるのではないかとずっと恐れていました。

 

蒋欽は徐盛が自分の部下を勝手に処罰しようとしたことを、

全く根にもたないというわけではありませんでしたが、

 

蒋欽はそれ以上に国の事を考え、徐盛が優れた人物であることを認めつつ、

国の為には徐盛の力は必要不可欠なものであると思っていました。

 

蒋欽の考えを知った徐盛は、

それからというもの蒋欽を心から尊敬するようになったそうです。

呂蒙に負けず劣らず努力した蒋欽

徐盛と周泰の逸話

曹操が攻め込んできた濡須口の戦いでは、

呂蒙と蒋欽が呉軍の総指揮をとっていましたが、

 

徐盛と呂蒙・蒋欽の間に周泰が入り、実質的に徐盛は周泰のもとで戦う事になります。

 

 

この時、徐盛は周泰の指揮下におかれれ、

徐盛だけでなく朱然も周泰の指揮下におかれましたが、

 

徐盛や朱然は、個人的に周泰を認めておらず、

周泰の指揮下で働くことを嫌がり、周泰の命令に従う事はありませんでした。

 

呉の命運を担った戦いであったはずが、

徐盛や朱然は個人的な感情を優先してることからも問題はあると思いますが、

 

それぐらい周泰から命令を受ける事が嫌だったのでしょう。

 

 

これに対して孫権は、周泰に命を救われた事もあり、

非常に高い評価をしていただけでなく、周泰に対する信用も並々ならぬものがありました。

 

それを徐盛や朱然に分かってもらう為にも、

孫権はわざわざ戦場を訪れ、濡須塢という場所で宴会を開いて皆を集めて、

 

周泰の傷の一つ一つを指さし、

「周泰の傷の一つ一つが自分を守る為についた傷である」と語り、

続けて「もしも周泰がいなければ、今私はここにいなかった」と語ったといわれています。

 

この件があってからというもの、

徐盛・朱然は、周泰の命令に二度と背く事はなくなったようです。

体中に刻まれた傷跡は男の勲章「周泰」