蜀呉激突へのカウントダウン

曹操がこの世を去り、

曹丕が跡を継ぎ、皇帝に即位し、魏を建国しました。

 

これによって漢王朝は滅亡します。

 

 

また関羽が孫権によって首を討たれ、劉備は悲しみの床についていましたが、

 

曹丕に対抗し、漢王朝がまだ滅んでいない事を世に示す為に、

皇帝を宣言し、蜀(蜀漢)を建国しました。

 

 

しかし義兄弟の契りを結んでいた劉備と張飛は、

関羽を討った孫権への恨みがつのっていました。

 

そして周りの反対を押し切り、呉を討伐する事を決意します。

※孫権はまだ皇帝を名乗っていませんが、魏呉蜀とこれより記載します。

張飛の死

呉討伐が決定し後、

関羽復讐戦に燃えていた張飛でしたが、

 

決戦を目前に、

部下の裏切りにあい、この世を去ります。

 

張飛は常日頃から、部下に厳しく恨みを買っていました。

それがこのタイミングで裏切りを招いてしまったのです。

 

張飛はさぞ無念だったでしょう。

夷陵の戦い&劉備の死

関羽だけでなく、張飛も失った劉備ですが、

呉討伐を予定通り開始します。

 

劉備軍は破竹の勢いで、孫権軍を蹴散らします。

 

 

しかし、陸遜の火攻めの計略により、

劉備は大敗を喫してしまいます。

 

その後、白帝城に逃げ込んだ劉備ですが、そこで心労から病死します。

 

死ぬ間際に、諸葛亮を呼び寄せ、

劉備の子と蜀の跡を託してこの世を去ります。

筋の通った生き方を貫き、劉備・曹丕から大きな信頼を受けた黄権

魏呉激突(濡須口の戦い)

蜀呉が総力戦でぶつかった事で、

蜀に勝利した呉も大きな損害を被っていました。

 

勢いのまま呉は蜀に攻め込むと踏んでいた曹丕は、呉に攻め込んできます。

 

 

呉は、蜀の大軍についで、

今度は呉は魏の大軍にさらされることになります。

 

ですが、蜀を撃退したことで士気が上がっていた呉軍は、

勢いそのまま、魏を濡須口で撃退します。

 

この時大活躍をしたのが朱桓という武将です。

孫権、皇帝即位を拒否

蜀の皇帝劉備の大軍を撃退し、

続けて魏の皇帝曹丕の大軍を撃退した孫権は、

 

家臣から曹丕・劉備についで、孫権も皇帝になるように勧められます。

 

 

ですが、長く友好を結んでいた劉備とも敵対し、

魏まで完全に敵に回すのは避けたかったのでしょう。

 

表向きのパフォーマンスに近いものだったと思われます。

 

最終的に孫権は皇帝に即位し、呉を建国します。

蜀と魏との大戦より、約6年後(229年)の少し先のお話です。