高順

高順は、清廉潔白でな人柄で、

酒を全く飲まず、人から贈り物を受け取ったりしない人物でした。

 

高順は呂布に仕えますが、

彼が率いた700名の精鋭部隊は、必ず敵を打ち破っていた事から

彼の部隊を「陥陣営」と呼ばれていました。

 

高順はこの部隊を率いて、

劉備を撃退していますし、曹操の夏侯惇を打ち破っています。

 

 

しかし高順の奮闘虚しく、

呂布・陳宮が曹操に敗れると、高順も捕らえられてしまいます。

 

捕らえられた高順は、

「何か言いたいことはあるか!?」という曹操の問いに、

何も答えず、潔く首をはねられます。

 

ちなみに陳宮は、

「呂布が私の作戦を何も実行しなかったから負けたのだ」といい、

呂布は、命乞いをしています。

三国志演義での高順

劉備を助けにきた夏侯惇と一騎打ちをし、

敵わずに敗れてしまいますが、

 

その後呂布軍の曹性が夏侯惇の目を射たことをきっかけに、

引き返し、夏侯惇を撃破しています。

 

捕らえられた後は、正史と同じく、

何も言わず、潔く首をはねられています。

高順と呂布

高順は呂布に忠義を尽くした豪傑で、

呂布を思って、様々な諫言をしています。

 

しかし呂布が高順の言う事を聞かず、

逆に高順を疎んじるようになっていきます。

 

その結果、多くの戦果を挙げてきた高順の精鋭部隊を取り上げ、

親族の魏続の部隊と入れ替えています。

 

高順にとっては、自分が育てた部隊を、

理由もなく交換させたにも関わらず、

呂布を恨まず、呂布の為に、最後まで奮闘しています。

 

 

もし高順が、

曹操・劉備・孫権など力を認めてくれる人の下にいたならば、

 

張遼のようにものすごい活躍をしたかもしれません。

そこが勿体ないなぁと思ってしまいます。