趙範(ちょうはん)

趙範は、赤壁の戦い後に

劉備が荊州南部へ侵攻してきた際の桂陽太守でした。

 

趙範も劉度や韓玄と同じように、

劉備にあっさり城を明け渡して降伏しています。

荊州南部の四天王(荊州四英傑)「劉度」

荊州南部の四天王(荊州四英傑)「韓玄」

 

劉備軍に降ってからの趙範は、

趙雲に対して亡き兄の嫁であった樊氏(はんし)を薦めています。

 

しかし趙雲は、「私とあなたは同姓なので、

あなたの兄という事は私の兄でもあるのです」

と言って断ったそうです。

 

 

また他の者によって再度趙雲に樊氏を薦めた際にも、

「武力によって支配した桂陽で、趙範の兄嫁を貰ったとなれば、

強制的に奪い取ったという噂も立つかもしれません。

 

どうしてもという場合は、他にも女性は沢山います」

と語って断っています。

 

この事が原因で、趙範は最終的に劉備の元を去り、

元主君である曹操を頼っていったようです。

三国志演義での趙範

三国志演義での趙範は、

生死と同様に桂陽太守として登場しています。

 

劉備軍の趙雲が桂陽城へ迫ると、

趙範の家臣であった陳応(ちんおう)が迎え撃ちますが、

趙雲に撃退されてしまいます。

 

それによって趙範は、劉備に降伏する事を決めます。

義兄弟の契り

趙範を攻めた趙雲ですが、

趙範とは、同じ冀州常山郡真定県の出身という設定になっています。

 

降伏した後に趙範は、趙雲をもてなし、

同姓という理由だけで義兄弟の契りを結んでいます。

樊氏との結婚を拒否

 

その際に趙範の亡くなった兄の嫁である樊氏を趙雲に嫁がせようとしますが、

趙雲の怒りを誘い、袋叩きにあってしまいます。

 

これに恨みを覚えた趙範は、

陳応(ちんおう)・鮑隆(ほうりゅう)に命じて、

寝首をかこうとします。

 

しかし趙雲は、二人が慰問にきたことを疑い、

酒を飲ませて二人を眠らせ捕らえてしまいます。

 

そして二人が連れてきていた兵士達にかまをかけると、

兵士達が趙雲暗殺について話したことで、二人は処刑されます。

樊氏との結婚を避けた理由

 

その後捕らえた趙範を劉備の元に連れて行くと、

趙範は兄嫁を薦めた事で、

趙雲に激怒された旨を劉備に説明します。

 

それを聞いた劉備は、

趙雲に対して次のように語っています。

「なぜ趙雲は美女が嫌いなのだ?」

 

趙雲は答えます。

「私も美女が嫌いなわけではありません。

ただ武力によって我々は桂陽城を落としました。

 

劉備様の家臣である私が、そこの太守の兄嫁を貰えば、

それを聞いた民衆はどう思うでしょうか?

 

劉備様の徳もまだ行き届いていないこの地域で

民衆の心を逆なでするようなことは慎むべきでしょう」

 

 

これを聞いた劉備は、

劉備自ら仲人となって二人を結ぶように提案しますが、

 

「妻がいなくても武士の務めは果たせます。

私は妻を娶る事以上に、武士の務めが果たせない事を恐れます」

と趙雲は返します。

 

これを聞いた劉備は、

「趙雲こそ真の武士だ!」と感心したそうです。