司馬懿(仲達)

 

司馬懿(しばい)といえば、

諸葛亮(孔明)のライバルというイメージが高く、

魏にとってなくてはならない人物です。

 

そんな仲達は、曹丕・曹叡に大きな信頼をされていましたが、

曹操からは能力は高く評価されていたものの、

人として信頼されていませんでした。

 

その為、曹操が死ぬまで、

兵を司馬懿に預ける事はありませんでした。

狼顧の相(ろうこのそう)

司馬懿は「狼顧の相」といって、

狼のように180度首を曲げる事が出来たと言われています。

 

曹操はこの噂を聞いて、司馬懿の後をわざと歩き、

ふと司馬懿に問いかけます。

曹操は、司馬懿の噂を確かめようとしたのです。

 

この時、体はそのまま前を向いたまま、

首だけ180度回して、曹操の問いに返します。

 

 

噂が本当だったことを知った曹操は、

「司馬懿はいつまでも人の下についている人間ではない!」

と曹丕に注意を促しています。

曹操の夢話

 

曹操は、ある時夢を見ました。

それは、三頭の馬が同じ桶に入った餌を食べているというものでした。

 

この三頭は司馬懿と息子であった司馬師・司馬昭を表しており、

桶に入った餌は曹家(魏)を表しており、

 

その事からも将来曹家は、

司馬懿達に乗っ取られるということを暗示していたのでした。

 

 

曹操はこれらの事もあって、

司馬懿の能力を高く評価していたにもかかわらず、

生涯重要な地位にはつけず、兵を預ける事はしませんでした。

司馬懿の躍進

曹操がこの世を去り、曹丕が跡を継ぐと、

曹丕は皇帝になり、魏を建国します。

 

曹操から司馬懿について注意されていた曹丕ですが、

曹丕は司馬懿を信頼し、重要な職を任せますが、

最後まで兵を預ける事をしませんでした。

 

しかし曹叡の時には、各地で反乱がトラブルが発生する事も増え、

司馬懿に兵を預けるようになっていきます。

晋の建国

 

曹叡死後、司馬懿の力は皇帝を上回る程強くなり、

司馬師・司馬昭の代で更に確固たるものとなっていきます。

 

まさに曹操が漢帝国を滅ぼした際と、

似たような構図になったわけです。

 

司馬昭は曹家にかわって、皇帝になろうとしますが、

病気によってこの世を去ります。

 

しかし司馬昭の子の司馬炎によって、

265年に魏は滅ぼされ、晋が建国されてしまいます。

 

曹操の予感は、ここに実現してしまったわけです。