郭氏は曹叡の二人目の妻で、曹叡からの寵愛を受けて

毛皇后に次いで二番目の皇后になった女性です。

 

曹叡からも非常に愛されましたが、

皇后になったのも束の間、その1か月後に曹叡がこの世を去ってしまいます。

 

曹家の中にあって力を伸ばしつつあった司馬一族にもひるまず、

曹家を盛り立てようと奮闘した郭氏の奮闘ぶりをみていきたいと思います。

郭氏(郭皇后/明元皇后)

曹叡は虞氏・毛氏と結婚していますが、

郭氏もそんな曹叡の妻の一人になります。

 

郭氏は涼州西平郡の出身で、

個人的には意外な出身地だなぁと思います。

 

完全に辺境の地ですし・・・

よくそんな所から、曹叡の妻になる機会を得たなぁというのが正直な感想です。

反乱の罪からの偶然の出会い

郭氏の父は郭満(かくまん)といい、

涼州の地方豪族の娘として、郭氏はこの世に生を受けています。

 

しかし郭氏の父であった郭満が反乱に加担したことがきっかけで、

郭満の地方豪族としての身分は全て剥奪されてしまいます。

 

そして郭氏も連座の罪で後宮に連れてこられてしまいます。

 

 

ある程度の美貌の持ち主でもあったのでしょう。

後宮に入れられてるのだから、玉の輿になれるチャンスがあるわけですし。

これを罪といっていいものかどうか・・・

 

そもそも反乱に加担して死刑を免れている時点で、

運がよかったとしか言いようがありません。

 

郭満が反乱に加担したとしても、

それほど大規模に参加していなかったのかもしれませんね。

 

 

そのあたりの情報がほとんどないので推測になってしまうわけですが、

大規模な参加であったなら高い確率でまず郭満は処刑されているでしょうし、

郭満の妻や郭氏も処刑されている可能性もあったでしょう。

 

しかし郭満の妻(郭氏の母親)や郭氏はその後も生かされていますし、

郭満も身分を剥奪されただけで許された可能性は普通にあると思います。

ただ記録が見つからないのでそのあたりは何とも言えませんが・・・

郭氏、曹叡の寵愛を受ける

後宮に入れられたことで郭氏の人生は大きく変わります。

 

曹叡が曹丕の跡を継いで二代目皇帝になると、

郭氏は曹叡の目に止まり、寵愛を受ける事になります。

 

地方豪族とはいえ、反乱を起こした娘が、

反乱を起こした魏の皇帝の側室になるのだから、ある意味びっくりです。

おそらく郭氏が一番びっくりしたでしょうね。

 

 

曹叡から寵愛を受けた郭氏は、「夫人」の称号が与えられ、

毛皇后(毛氏)が曹叡から自殺を命じられて死ぬと、皇后の称号を与えられています。

これで郭氏が、曹叡の二代目皇后になったわけです。

曹叡の死で「皇太后」に・・・

しかしその1か月後、

不幸にも曹叡がこの世を去ってしまいます。

 

二人の間に子を授かったのかどうかは分からず不明で、

もしいたとしても間違いなく早世しています。

 

何故なら曹叡の子供たちは全て早世している為、

養子として次皇帝になった曹芳を迎えているわけですからね。

 

 

ちなみに曹叡も36歳(34歳とも言われています)でこの世を去っており、

完全に死ぬのが早すぎます。

 

その父よりも先に全ての子が死んでる時点で、

尋常じゃないぐらいに全ての子が早死だったという事がいえるわけです。

皇太后として魏を支え続けた郭氏

 

曹叡亡き後、曹叡の養子になっていた曹芳が跡を継ぐわけですが、

幼い曹芳に代わり、臣下たちは郭皇太后の許可を貰って政策などを実行していました。

 

しかし曹叡が亡くなる前に、

曹叡は曹爽と司馬懿に曹芳を支えてくれるように遺言していたのもあり、

実質的な権限はこの二人にあったのが現実です。

 

表向き上、郭氏にも一応決まった事の確認として、

最終的に知らせていたというのが正直なところでしょう。

 

 

実際蜀を滅ぼした鍾会(しょうかい)が姜維と組んで反乱を起こす際も、

「郭皇太后の命令を受けて司馬師を倒す」と言っていましたしね。

 

表向きとして郭皇太后のお墨付きを貰うという事は、

それほど大事な事だったのでしょう。

 

勿論鍾会の言った言葉は、単純に嘘の戯言ですけども。

張皇后の父の反乱で、曹芳の廃位が決定してしまう

 

曹芳の二代目皇后となった張皇后(張氏)は、

郭皇太后の命で皇后になった女性で、曹芳は張皇后を寵愛する事はありませんでした。

 

曹芳としては、王夫人を皇后にしたかったらしいですけど、

郭皇太后にばっさりと拒否されてしまってます。

 

 

そしてこの郭皇太后の父親であった張緝(ちょうしゅう)が、

とんでもないことをやらかします。

 

とんでもないというか曹家にとっては、忠臣ゆえの行動でした。

 

254年当時、司馬一族の専横状態になっており、

 

それを危惧した張皇后の父親である張緝が、

仲が良かった李豊と組んで、司馬師を殺害しようと動いたのです。

 

そして司馬師に代わって、

曹一族に近い人物である夏侯玄を大将軍に任命しようと画策します。

 

しかしこの計画は失敗に終わり、

夏侯玄・張緝・李豊らは三族皆殺しに・・・

 

曹芳の皇后であった張皇后も例外ではなく、

連座の罪で廃されてしまいます。

 

ただこの事件はこれだけで収まらず、

これがきっかけとなり曹芳まで廃位させられてしまいます。

 

この時曹芳は23歳程度で、やっと年齢的に成長してきた矢先の出来事でした。

曹芳の後継者問題(郭皇太后VS司馬師)

曹芳が廃位された後、

誰を後継者にするかだいぶもめたそうです。

 

当時絶対的権力があった司馬師に最後まで食い下がったのが郭皇太后であり、

最終的に郭皇太后が推した曹髦(そうぼう)が跡を継ぐことになります。

司馬昭推薦の曹據(曹拠/そうきょ)VS郭皇太后推薦の曹髦

司馬師としては、曹據(曹拠/そうきょ)をずっと推していましたが、

 

曹叡の系統が途絶える事を恐れた郭皇太后が曹丕の孫であり、

曹叡の異母兄の曹霖(そうりん)の子にあたる曹髦を推したことで、

二人はどちらを曹芳の後継者にするか激突します。

 

 

曹髦は幼いながらも才能豊かであり、曹叡からも近い血筋であり、

曹髦ならば司馬師の専横をどうにかしてくれる可能性があると郭皇太后は期待していたのかもしれませんね。

 

ここだけは自分の立場的にも、曹家の未来の為にも。

どうしても司馬師に譲る事が出来ず、司馬師に徹底的に食いついたのでしょう。

 

そして郭皇太后の願いが通り、曹髦が四代目皇帝になった形です。

皇帝曹髦、司馬昭殺害を企て失敗

司馬師が翌年亡くなると、司馬昭が司馬師の跡を引き継ぎますが、

ますます司馬一族の専横が激しくなってくると、

 

 

曹髦は皇帝自ら、司馬昭を殺害しようと試みます。

 

しかし計画が既に露呈していたこともあり、あっさりと鎮圧され、

曹髦は皇帝でありながら反乱を起こし、臣下に殺害された形になったわけです。

 

ちなみに皇帝であった曹髦が殺害された理由として、

郭皇太后を殺害しようとした罪ということに表向きはなっています。

その後の郭皇太后

 

曹髦が司馬昭に殺害されてしまうと、

五代目皇帝として曹奐(そうかん)が即位します。

 

しかし、魏はもう司馬一族に乗っ取られているのは誰の目にも明らかで、

曹奐は司馬昭の操り人形に過ぎませんでした。

 

 

そんな中で魏の最後を見届けることなく、263年に郭皇太后は死去しています。

 

ある意味魏が滅びゆく様を見ずに、

旅立てた郭皇太后はある意味幸せだったかもしれませんね。