三国志正史では、「劉備と夫婦睦まじい」という言葉から、

だいぶかけ離れたような夫婦として書かれていました。

正史から見る孫夫人(孫尚香) 〜曹操・孫権と並んで脅威とされた女性〜

 

しかし、三国志演義での孫夫人(孫尚香/そんふじん)は、

劉備と結婚してから一途に劉備を愛した女性として描かれています。

 

そんな演義に描かれる孫夫人(孫尚香)について、

ここでは見ていきたいと思います。

 

 

ちなみに私自身は、孫尚香って呼ぶことが多いですが、

この名前は正史に記載されているものではなく、

 

後に三国志の京劇で孫尚香(そんしょうこう)という名前で用いたのが始まりで、

それが根付いた形になります。

呉国太の娘として生まれた孫夫人(孫尚香)

孫尚香は孫堅と呉国太(ごこくたい)の間に生まれ子です。

呉国太は孫尚香以外に孫朗(そんろう/兄)も出産しています。

 

ちなみに孫策・孫権を生んだのは呉国太の姉(呉夫人)で、

同じく孫堅に嫁いだ呉夫人の子なので、孫尚香にとって異母兄ということになります。

 

 

ただあくまで三国志演義での設定ですからね。

実際は呉国太は架空の人物なので、三国志演義にしか登場しません。

 

実際、孫尚香と孫朗の母親が誰かは今に伝わってないです。

その為、三国志演義では呉国太という呉夫人の妹を登場させたのでしょうね。

孫堅の妻として、孫策・孫権の母として支え続けた呉夫人(ごふじん/呉氏) ~呉夫人なくして呉なし〜

孫権・周瑜に利用された孫尚香

孫尚香は幼い頃から気が非常に強く、好んで武芸に勤しんでいたようです。

そして成長するにつれ、この気質は更に増していきました。

 

またいつも腰に短弓を身につけていたことからも、

「弓腰姫」なんて異名をもってたりします。

 

そして時は流れ、曹操が南方攻略に動き出し、

曹操に対抗するために劉備と孫権が同盟を結び、赤壁で打ち破る事に成功します。

 

その後、荊州の領土問題が勃発した際に、

周瑜の計略で、劉備を呉に招いて贅沢な暮らしをさせ、

酒に溺れさせて女を用いて骨抜きしようと企てます。

 

この時に周瑜が利用しようとしたのが、孫権の妹にあたる孫尚香だったのです。

時代が時代なだけに、この周瑜の計略に孫権も乗っかります。

 

ただあくまで劉備と本気で結婚させるつもりはなく、

劉備を殺すまでの作戦に過ぎませんでした。

劉備と孫尚香

蒼天航路(25巻22P・23P)より画像引用

 

劉備と孫尚香の結婚の話を耳にして激怒したのが、

孫尚香の生みの母であった呉国太でした。

 

呉国太は、自分の可愛い娘を、

30歳以上も離れた劉備に嫁がせることに反対したのです。

まぁ当然ちゃ当然の話です。

 

その上で孫権に説得された呉国太は、

「自分の目で見て判断する!」という運びになります。

 

 

そういうことがあった事は知らない劉備は、孫権の元を尋ねました。

 

そして劉備の様子を陰ながら伺っていた呉国太は、

劉備ならば娘の孫尚香を預けてもいいと判断し、二人が結婚する事を認めます。

 

劉備と孫尚香の結婚が決まり、

呉で盛大に宴会が毎日行われますが、劉備は完全に酒に溺れる始末。

 

そんな劉備を見ていた趙雲は、これ以上ここに滞在する事が危険だと判断し、

劉備を叱咤し、孫尚香連れて、荊州へ帰国の途につきます。

孫尚香、追手を一喝

 

劉備の帰国に驚いたのが孫権と周瑜です。

 

本当に二人を結婚させる気はなかっただけに、

慌てて徐盛(じょせい)と丁奉(ていほう)に命じて劉備らを追わせます。

 

 

しかし追ってきた徐盛・丁奉に対して孫尚香は、

「私は劉備の妻になったのです。夫と一緒に荊州へ帰るのをどうして止めるのか!」

と怒鳴りつけます。

 

もともと気が強く、男勝りな正確な上、

孫権の妹にあたる孫尚香からそのように言われた徐盛と丁奉は何も言い返せず、

その隙に劉備らは無事に荊州へ帰還を果たします。

 

 

 

蒼天航路(25巻204P・205P)より画像引用

 

孫尚香は荊州に来てからも、部屋には武具を飾りまくり、

孫尚香の世話をする侍女らには薙刀を持たせたりと、彼女の周りは常に物々しい雰囲気でした。

 

劉備もこれにはまいっていたようですが、

劉備と孫尚香の二人は自然に愛を深めていったようです。

孫尚香の呉への帰還

 

荊州の領土問題で劉備と孫権の関係が悪化すると、

孫権はなんとか孫尚香が呉に帰ってくれるように策を練ります。

 

そこで考えたのが

「孫尚香の母である呉国太が危篤に陥り、死ぬ前に娘に会う事を願っている」

と嘘の情報を伝え、孫尚香の心情に問いかけるものでした。

 

これを聞かされた孫尚香は、

阿斗(後の劉禅)を連れて勝手に呉に帰ろうとします。

 

 

劉禅が連れていかれた事を知った趙雲は急いで港を抑え、

そこへ張飛がやってきて、劉備の元へ戻るように問いかけます。

 

しかし母が危篤であり、孫尚香も母に一目でも最後会いたいという気持ちが収まらず、

孫尚香は、呉へ帰国する意思を曲げません。

 

そこで趙雲・張飛が、

劉備の跡継ぎとなる阿斗だけは置いていく事が最低条件だといい、

それを飲んだ形で、孫尚香は帰国の途へつきます。

 

 

まぁこれは完全に演義だけの話ですからね。

孫尚香が呉に帰還したのは、劉備が益州を制圧した後で、

趙雲も張飛もこの時荊州にいませんし。

 

これについては、蒼天航路にもさりげなく記載されていましたね。

蒼天航路(30巻18P)より画像引用

 

ちなみに阿斗は甘夫人との子で、

孫尚香と劉備との間に子供が生まれることはありませんでした。

孫尚香、呉から劉備を想う日々

呉に帰った孫尚香は、呉国太が危篤というのは真っ赤な嘘で、

これに対して、孫尚香と呉国太は孫権に激怒します。

 

そして孫尚香は、母が危篤でないことがわかると、

再度劉備の元へ帰ろうとするも、孫権がそれを許しませんでした。

 

その為に呉から劉備を常に想い続け、

再婚の話があってもそれを受ける事はなかったのです。

 

関羽が魏呉から攻撃を受けて討たれると、

劉備が孫権に戦争をしかけ、夷陵の戦いが勃発します。

 

しかし劉備は夷陵で陸遜の火計にあって大敗してしまいます。

 

 

劉備はなんとか白帝城まで逃げ延びていますが、

劉備が夷陵で死んでしまったと報告を受けた孫尚香は、

悲しみのあまり長江へ身を投げて、劉備の後を追ったのでした。

蒼天航路(30巻22P)より画像引用

 

孫権と周瑜によって仕組まれた結婚でしたが、

孫尚香にとって劉備はなくてはならない大事な存在に変わっていったのでしょう。

 

また孫尚香が長江に身を投げた時には、劉備は白帝城にて生存していたのですが、

劉備も孫尚香の後を追うように、1年もせずにこの世を去っています。