孟宗(もうそう)

孟宗は幼い頃、孫権に仕えていた李粛に学問を学び、

取り立てられてからは、呉の孫権・孫亮・孫休・孫皓と孫家四代に仕えた人物です。

 

なにより孟宗は親孝行な息子で、

「二十四孝」の一人に数えられています。

 

ちなみに「二十四孝」とは、

後世の模範となりうるような孝行な人物を24人取り上げた書物です。

60歳を超えて仕官し、三公まで昇進した「二十四孝」王祥

天文学・暦学に通じていた「二十四孝」陸績

 

現在でも使われている「孟宗竹」というのは、

孟宗が見つけた竹が由来となってできた言葉になります。

 

今回は「二十四孝」に数えられた孟宗の逸話を紹介したいと思います。

 

ただ孟宗の親孝行ぶりを語る上で、

孟宗の母親も孟宗に劣らず立派な人物であったことは外せません。

 

むしろ孟宗の母親の方が立派な人物なのではと思ってしまうほどです。

母親特製の大布団

孟宗が李粛の元で学問を学んでいたころ、

母親が孟宗の事を思って大きな布団を作ってあげた事がありました。

 

あまりの大きさの布団に、

疑問を抱いた者が母親にその理由を尋ねると、

 

「孟宗は貧しく、客人を招くような徳はありません。

ただそれは孟宗だけに関わらず、学問に励んでいる者には貧しい者が多いのも事実です。

 

もし大きな布団があれば、孟宗と同じ境遇の者達が自然と集まってきて、

孟宗がそれらの者達と仲良くなるでしょうし、それを願って作りました」と答えたそうです。

 

 

孟宗は母親の気遣いに感謝し、昼夜を問わず勉学に励んだそうです。

 

その姿を見ていた師の李粛は、

孟宗が宰相になる器を持った人物であると評価しました。

 

この頃から孟宗は、

驃騎将軍であった朱拠の軍吏として取り立てられることになります。

 

その後、孟宗は宰相になることはありませんでしたが、

三公である司空まで昇り詰めています。

聡明な母親

朱拠の軍吏として呉の国に仕える事になったものの、

貧しい生活は続いていました。

 

そして朱拠の陣営に母親を迎えて、一緒に住みだした時の事です。

ただ住んでいた所が、雨が降ると毎度雨漏りをするようなところでした。

 

孟宗は己が鳴かず飛ばずのせいで、

こんな所に母親を住まわせている事を申し訳なく思って涙を流したそうです。

 

しかし孟宗の母親は、

「今は一生懸命にできることするしかない。余計な心配は無用だよ。」

と孟宗を励ましています。

 

この話を知った朱拠は、孟宗を塩池司馬に任命されたそうです。

 

 

そして孟宗が塩池司馬に任命されたある時に、

孟宗が母親に魚の漬物を食べさせるために、網を作って魚を捕らえた事がありました。

 

そしてその魚を漬物にして母親に持って行ったところ、

母親はその漬物を孟宗に返したそうです。

 

 

孟宗がその理由を聞くと、

 

「お前は魚を管理する職務についているのに、

自分で捕らえたものだといっても私に魚を送ることでいらぬ疑いをかけられてしまう」

と母親は答えて孟宗の行いを注意しています。

 

孟宗は母親の事を気遣いつつも、

母親は孟宗の事を常に考え、正しい道へ導いてあげています。

 

この母ありて、孟宗ありですよね。

孟宗竹の由来になった話

孟宗を助けてきた母親が病気になった時に、

母親が「筍が食べたいなぁ」といったことがありました。

 

孟宗は母親の為に、筍を取りに行ったものの、

冬の季節に筍が生えるわけもなく、悲しみ嘆きます。

 

そして孟宗が悲しんでいると、不思議な事に筍が生えてきました。

 

孟宗は喜んでその筍を持ち帰り、

母親に食べさせたところ元気になったという話があります。

 

この話がもととなって孟宗竹という言葉が誕生しています。

母親の死

その後、孟宗は県令に出世しますが、

これまで何度も孟宗を支えてきた母親が死んでしまいます。

 

この時、親が死んだ時でも変わりの者が着任するまでは、

親の葬儀を行う事は禁止という法律が呉で決められていました。

 

もしその法律を侵すものがいれば、勿論死罪です。

 

 

しかし母親の死を聞いた孟宗は、

死罪を覚悟の上で、母親のもとに行って葬儀を行いました。

 

無事に葬儀を行うと、自ら出向き捕らえられます。

 

そして死をまつだけになりますが、

母親思いの孟宗を助けてくれるように陸遜が助命してくれます。

 

陸遜から除名嘆願を行われた孫権は、

「今回はあくまで特例であって死罪は許すが、次は絶対に許さないぞ」といって、

孟宗は許されたのでした。

 

 

その後孫権が死んで、

孫亮が皇帝になった時には九卿である光禄勲に出世し、

孫休の時には、政治の中枢的役割を担っていた右御史大夫に任命されています。

 

孫晧の時代には、最終的に三公である司空まで出世しました。