三国時代の名医といえば、華佗を想い受かべる人が多いともいますが、

張機と華佗と同じく高い評価を受けた医者がいました。

 

日本では張機という名前より、張仲景ちょうちゅうけいという名前の方が有名だったりします。

なのでここでは、張仲景で統一したいと思います。

 

張仲景の名前を正確に言うと、

「姓」が張、「名」が機、「字」が仲景になります。

 

別で例を一つあげると、

劉備の「姓」が劉、「名」が備、「字」が玄徳といえば分かりやすいでしょう。

 

 

ただ「字」の名前を呼ぶのは非常に親しい者だけでしたし、

後の人々が親しみを込めて張仲景と呼ぶようになったのかもしれませんね。

 

馬超が劉備の事を「玄徳」と呼び捨てにして、

関羽・張飛に殺されかけたなんて話もあるぐらいですから。

三国志に登場する人物の姓名に関する秘密とは?

張仲景(ちょうちゅうけい)

張仲景は後漢の末期の頃に、荊州南陽郡涅陽県で生まれています。

ちなみにいつ生まれたかなどは分かっていません。

 

ただ資料から逆算して考えると、150年前後という可能性が高そうです。

 

 

張仲景が成長すると推挙を受けて、

後漢皇帝であった霊帝に仕官し、役人仕事をしていました。

 

ちょうどこの頃の時代は黄巾の乱が起こったりと、

後漢の時代から三国志の世界に突入していったぐらいのタイミングだったわけです。

 

そして霊帝が亡くなり、董卓の暴政の中で献帝が新皇帝になりますが、

献帝の時に、張仲景は長沙太守を任されたそうです。

 

張仲景は様々な学問に通じていたのもあって

献帝の時には、長沙郡の太守を任さるほどになります。

 

しかし張仲景が優れていたことはそれだけではなく、

同郷であった張伯祖ちょうはくそから医術を学んでいた事もあり、医術の道にも通じていました。

 

政治家でありながら、医者としての顔があったのです。

張仲景の転機

これも正確な年月日が残っているわけではないですが、

 

献帝が後漢を治めた建安時代(196年〜220年)に疫病が流行り、

多くの者達が命を落とします。

 

命を落とした者達の中にも、張仲景の一族(約200人)の者達もたくさんおり、

この時の疫病で130人〜140人ほど亡くしてしまったそうです。

 

説によっては、この出来事は206年前後だと言われています。

 

 

ちなみにこの頃疫病が流行ったのは中国だけでなく、

 

インドやヨーロッパでも疫病が発生して多くの死者を出していたことからも、

おそらく世界的に流行していた疫病だったのでしょう。

 

 

この現状を目の当たりにした張仲景は、

「人は早死を防いで、天寿を全うしなければいけない!」と心で強く思い、

自分自身の医療の知識を根本から見直して、医術の勉強に励みます。

 

そして「医術に携わる者達は、きちんと勉強をしないといけない」と言って、

16巻からなる「傷寒雑病論」を誰でも見れるように書き上げました。

 

 

同時代に生きた華佗は、張仲景の書を見て、

 

「これは真の活人の書である」と張仲景を褒め称えると同時に、

華佗自身も張仲景のような人物が出てきて喜んだと伝わっています。

華佗に治療を受けた事がある人達とその治療法

 

張仲景が当時の最高の「神医」と言われた華佗に認められた瞬間でした。

 

そして張仲景は、医術によって多くの人を救い続けますが、

219年。70歳前後で天寿を全うします。

「傷寒雑病論」

「傷寒難病論」の傷寒とは、

肺炎・感冒・腸チフス・コレラ等の発熱をともなう病気(伝染病)のことを指しています。

 

その治療法については次のようなものでした。

  • 汗を出させる
  • 吐かせる
  • 便とともに毒素を出す

 

「傷寒雑病論」は、

上の3つをサポートする為の薬の使い方が記載されています。

 

 

現在も「傷寒論」なるものが伝わっていますが、

これは張仲景が書いたものではありません。

 

まず、張仲景が著した「傷寒雑病論」は、

魏晋に仕えた王叔和おうしゅくかによって一度まとめなおされます。

 

王叔和が何故まとめなおしたかというと、

張仲景が220年に亡くなったのは三国時代の戦乱の真っただ中であり、

 

死後10年足らずで、張仲景が著した「傷寒雑病論」の多くが散逸してしまったからです。

「傷寒雑病論(著:張仲景)」を現在に伝えた王叔和

 

そして北宋(960年 〜1127年)の林億りんおく孫奇そんきらが、

更に再編したものが現代に残っている「傷寒論」「金匱要略きんきようりゃく」になります。

 

「金匱要略」とは、16巻からなる「傷寒雑病論」の雑病(合計6巻)に当たる部分を書いたもので、

傷寒に関する部分(合計10巻)と分けられています。

「医聖」と称された張仲景

張仲景は、後に「医聖」と呼ばれるようになり、

張仲景の祠があった場所には、現在では立派な「医聖祠」が建てられています。

 

ちなみにですが、南陽で発見された張仲景の祠を1982年に改修した際に、

「漢長沙太守医聖張仲景墓」と書かれた墓碑の台座に「咸和かんわ五年」(西暦330年)と刻まれていました。

 

これが表す意味は、張仲景の死後100年程度の東晋の頃には、

既に張仲景が「医聖」と呼ばれていたという事ですね。

 

 

そんな医学界に多大な貢献をした張仲景ですが、

 

長沙太守などを務めたにも関わらず、

「後漢書」「三国志」の史書に全く登場していません。

 

ちなみに神医と呼ばれた華佗は、「三国志」の史書に登場しています。

 

張仲景に関する記述が多く見られるのは、

比較的新しい書である「襄陽府志」に書かれてあるだけというのは悲しい事です。

 

 

ただ張仲景の残した多大な功績は、

「後漢書」「三国志」に記載が全く残されずとも、

 

張仲景が多くの人々に愛され、

後の世まで受け継がれたというのは嬉しい事でもありますね。