王叔和(おうしゅくか)と王粲(おうさん)

王叔和は180年に生まれ、20歳前半の頃には、

荊州で後に「建安七子」と呼ばれた王粲と共に暮らしていました。

 

荊州で王粲と共に暮らす前のはっきりした記録がないのでなんともいえないですが、

 

王粲も王叔和も兗州山陽郡高平県出身で、年齢も3つしか離れていないので、

故郷から王粲と常に行動していた可能性は高そうな気はします。

 

 

なので王粲の荊州に移り住むまでをまず見てみましょう。

 

王粲は董卓の長安への遷都が行われた際に、長安に移り住んでおり、

その後17歳で三公であった司徒に任命されるも、

 

乱れに乱れていた長安に嫌気がさしていた事もあり、

司徒を引き受けず流浪の旅に出ています。

 

 

流れ着いた先は、当時学問の都市として平和を維持していた荊州でした。

 

荊州に移り住んでからの王粲は、

劉表に仕え、劉表が死んだ後は劉琮に仕えています。

 

なので同じ出身地の同族であり、荊州で共に住んでいた事を考えると、

高い確率で行動を共にしていたとしか考えられません。

人並外れた記憶力の持ち主「王粲」

 

ちなみに208年に曹操が荊州へ攻め込んだ時に、王粲は劉琮に降伏を勧めた一人であり、

劉琮が降伏して後は、王粲は曹操に仕えました。

 

一方の王叔和は、213年に曹操に仕える事になります。

 

王粲と王叔和が同じタイミングで曹操に仕官したという説もありますが、

私の考えとして別々に仕官したと考えています。

 

ただ圧倒的にそのあたりの参考にする為の資料が少なすぎますね。

曹操に医術を認められた王叔和

曹操に仕える事になった王粲と王叔和ですが、

213年に王粲は、待中に任命されて曹操の側近にまで出世します。

 

王叔和の方はというと、曹操によって医術の腕を高く評価されて、

医者の最高地位であった太医令に任命されました。

 

 

王叔和は、戦地に医者として共に赴くことが多かったようですが、

これは戦場では疫病が流行ることも多かった為です。

 

その為に医術の腕を買われていた王叔和が、連れていかれていたわけですね。

 

265年に司馬懿の孫にあたる司馬炎が魏を滅ぼして晋を建国すると、

王叔和は太医令を退き、隠居します。

 

ちなみに王叔和は、

魏の医者の中で最高位であった「太医令」の権力を利用して、

多くの医療に関する文献を集めており、

 

その中には、張仲景の「傷寒雑病論」や華佗の書物もありました。

王叔和の偉大な二つの功績

 

王叔和は、まだ医術という立場が、

それほど評価を受けていなかったこの時代ではありましたが、

 

それでも曹操によって、

これ以上ない医術の最高位である「太医令」にまで昇り詰めています。

 

ただ王叔和が後世の人々に高く評価されている点は、

王叔和が残した偉大な書物「脈経みゃくきょう」と張仲景が書いた「傷寒雑病論」をまとめなおしたことです。

脈経

「脈経」とは、中国で伝承されてきた医書の中から、

脈に関連する所のみを抜き出して整理・総括した書物のことをいいます。

 

抜き出したものは、伝説上の医者でもあった岐伯きはくから、

三国時代を生きた華佗の脈に関する事まで多くのことが取り入れられました。

 

またこの「脈経」には、

王叔和自身の脈に関する知識も盛り込んでいます。

 

 

「脈経」は、完璧に近いほどの素晴らしい出来であり、

非常に高い評価を受けており、脈学の経典として最高峰の評価を受けました。

 

「脈経」以外には、

以下のものが同じぐらいの高い評価を受けています。

  • 黄帝内経
  • 神農本草経
  • 傷寒論
  • 針灸甲乙経

傷寒論

三国時代に生きた張仲景が残した「傷寒雑病論」は、

中国が乱れていた時期というのもあり、たったの10年程度で散逸してしまいます。

 

それを王叔和は、太医令に任命された時に集めていたのが役立ち、

編纂してまとめなおしたのです。

 

そして時が進み、

林億りんおく孫奇そんきらによって「宋版傷寒論」として再度まとめなおされ、

それが現在に伝わっています。

「傷寒雑病論」を著し、医術の道を貫いた張仲景(張機)

 

もし王叔和が散逸した「傷寒雑病論」を編纂し直さなかったら、

 

張仲景の「傷寒雑病論」は、

華佗の「麻沸散まふつさん」のように今の人達が知る由もないものになっていたでしょうね。

王叔和に対する後世の評価

また診察に誤りがないと言われた宋の名医であった成無已せいむいは、

 

1090年代から王叔和の「傷寒論」に全面的な注釈を加え、

40年かけて「注解傷寒論」「傷寒明理論」を書き上げています。

 

 

ちなみに「注解傷寒論」「傷寒明理論」が、

現在に残る最古の「傷寒論」の全注本になっており、「傷寒論」を学ぶ際のバイブルになっています。

 

そして成無已は、

「張仲景の書が書かれて1000年になるが、今に伝わっているのは王叔和のお陰である」

と言ったそうです。

 

 

また清の時代の名医であった徐霊胎じょれいたいは、

王叔和の編纂した「傷寒雑病論」に対して文句を言う者達がいた時に、

 

「馬鹿垂れ! 後の医者であるお前達が、王叔和に対して文句を言うのは筋違いじゃないか!」

と王叔和を擁護した話も残ってたりします。

 

とにもかくにも、今現在「傷寒論(傷寒の部分)」「金匱要略(雑病の部分)」を読むことができるのは、

王叔和が編纂して、まとめなおしてくれたからに他なりません。

 

そんな後世でも高い評価を受けた王叔和ですが、

270年に90歳でこの世を去っています。