呉の衰退する原因となった「二宮の変」!

 

呉の皇太子になりながらも廃嫡に追いやられてしまったのが、

今回の主人公となる孫和になります。

 

「二宮の変」では孫和と孫覇の対立が際立ったことで知られていますが、

孫和の末路は悲惨と言わざるを得ないでしょうね。

 

ここではそんな孫和の生涯を見ていきたいと思います。

孫和(そんか)

孫権と王夫人(大懿皇后)の間に生まれたのが孫和になります。

 

ちなみにですが、

孫休(三代目の呉皇帝)の母である王夫人(敬懐皇后)とは全くの別人物になります。

 

結構勘違いしやすいんですが、

孫権の妻には王夫人と呼ばれた人物が二人いたんですよね。

 

 

少し話がそれたので孫和の話に戻すと、

 

孫権は孫和を大層可愛がっており、

皇太子であった孫登もこれには心痛していたといいます。

 

ただ孫登は孫和と仲が良く、孫権が自分以上に孫和を可愛がっていたとしても、

孫権を慕い続け、孫和を可愛がり続けました。

 

 

もしも孫登が長生きしていれば、

孫和と孫覇の「二宮の変」は起こらなかったでしょうね。

 

しかし孫登が不幸にも早死にしてしまいます。

そこで次の皇太子に選ばれたのが孫和になります。

 

孫登は死に際に孫権と呉国を想った遺言を残しており、

そこで孫登は、孫権が大層可愛がっていた孫和を皇太子にも推薦しています。

 

その流れの中で孫和は19歳で皇太子にに任じられたわけですが、

孫和の苦悩はここから始まることになろうとは、この時の孫和は知る由もありませんでした。

諸葛亮の「出師の表」の呉版、孫登の「遺言状」

優れた人物であった孫和

孫和は孫登と仲が良くて、父親から可愛がられているという理由だけで、

孫登から後継者にするように遺言を残したわけではありませんでした。

 

実際、孫和は優れた人物でもあったのです。

 

 

孫権は孫和に期待を込め、

闞沢・薛綜・鍾離牧しょうりぼくといった優れた者達を孫和の傍に置きます。

 

そして孫和は役人が平気に不正を行っている事実を知ると、

これを正すように進言したこともありました。

 

 

また高い地位にある者達が六博や囲碁ばかりやって、

文武を疎かにしている現状を見て、これを嘆いたりすることもあったようです。

 

 

孫和が六博(ボードゲーム)や囲碁を非難したのには一つ理由があり、

 

自分の側近であった蔡潁さいえいが六博や囲碁にはまっており、

間接的に諫めるという意味合いもあったわけで・・・

 

ちなみに六博という言葉から、賭博・博打という言葉が生まれたのは余談です。

 

 

まぁ囲碁は呉の地盤を築いた孫策も好んだ事でも有名ですし、

呉で囲碁を好んでいたものも多かったのが現状でした。

 

 

孫権の兄でもある孫策は囲碁好きでも知られており、

 

孫策と呂範が打った棋譜が現在にも伝わっており、

世界最古の棋譜だと言われています。

 

 

まぁこの真偽に関しては賛否両論はありはしますが・・・

 

まぁあくまで孫和にとっては、

文武を疎かにしてまではまることがいけないと言った意味合いだったのでしょう。

二宮の変

孫権は庶子であるはずの孫覇と太子である孫和に対して同等の教育を施し、

 

同じ宮殿に住まわせたり、

同じ馬車に乗せるなど太子と区別ない待遇をしてしまいます。

 

 

これに対して臣下から、

「太子と庶子を同列に扱うのは問題が発生しますよ!」と注意を受けたことで、

孫権は「確かに・・・」とこれを聞き入れたわけです。

 

 

ただこれに根をもったのが孫覇でした。

 

そしてこれ以降というもの、

孫和と孫覇の関係がぎくしゃくしてしまいます。

 

また事態は二人の関係だけに止まらず、孫和派と孫覇派に国が分かれてしまいます。

これが呉が衰退する原因となった「二宮の変」ですね。

 

 

この時に孫和側についたのは、

陸遜・諸葛恪・朱拠・顧譚・吾粲などで、

 

一方の孫覇側についたのが、歩隲・呂岱・呂拠・孫弘らでした。

 

 

また孫覇と屈託した楊竺・全寄・孫奇・呉安らが孫和を廃嫡させようと孫権に働きかけたり、

 

一方の孫和側の陸遜は、

太子と庶子の区別をきっちりすべきだと孫権に訴えたりと双方の意見が大激突するわけです。

「二宮の変」の末路

孫和を支持していた陸遜は流罪とされ、

 

孫権から何度も陸遜を責めた手紙が送られ、

その拷問に近いような孫権の手紙に陸遜は憤死してしまいます。

裴松之から嫌われた陸遜

 

 

また朱拠・吾粲などが孫覇派の諫言により処刑されたことで、

孫和が廃嫡の方向へと流れができかけていました。

 

しかし孫覇を支持していた歩隲・全琮といった筆頭人物も普通に亡くなってしまいます。

 

 

これにより平行線をたどることになったのですが、

最終的にこれに決着をつけたのが「二宮の変」の原因を作った孫権だったのです。

 

孫権が降した結論は、国が二分されている現実を解決すべく、

 

孫和を廃嫡・幽閉し、一方の孫覇は死を命じられ、

新たに孫亮を太子としたことで決着します。

 

ちなみに孫亮は孫権の七男で、孫和・孫覇の弟にあたる人物になりますね。

 

孫和の廃嫡には、孫権もかなり悩んだようですが、

孫峻(孫堅の弟である孫静の一族)と相談した結果、最終的に廃嫡という形になったのでした。

「二宮の変」で孫和(太子)と争った孫覇

孫和の最後

250年に廃嫡・幽閉されてしまった孫和ですが、

孫和を赦免してくれるように願い出る臣下の者達が数多くいました。

 

しかし願い出た者は孫権の怒りを買って、

左遷・処罰・処刑される始末で悲しい末路を辿っています。

 

 

それからしばらくして孫和を許してあげたいという親心が芽生えたのですが、

孫峻・孫弘らの反対によってそれが実現されることはなかったのです。

 

そして孫権から許されることはないまま、孫権はこの世を去ってしまいます。

 

 

孫権死後は、言いがかりをつけられた形で自害させられていますね。

孫和の正妻であった張氏も孫和に付き従った形で亡くなっています。

 

ちなみに孫和の子であった孫晧・孫徳・孫謙・孫俊らは、

孫和の側室であり孫晧の母親でもあった何姫によって育てられたそうです。

その後のお話を少しだけ・・・

「二宮の変」は陸遜をはじめ呉の重臣の多くが巻き添えを食らい、

確実に呉滅亡の道へのきっかけとなったのは間違いありません。

 

もしも孫登が長生きしていたら・・・

孫和が孫権の跡をきちんと継いでいたら・・・

 

歴史に「もしも?」というのはありませんが、

それでももしもというのを思わずにはいられないのが「二宮の変」でしたね。

 

 

そして孫権亡き後は皇太子であった孫亮が跡を継ぎますが、

孫亮もまた孫峻・孫綝の専横によって苦しめられ、最終的に廃立させられています。

 

 

その後は孫権の六男(孫亮の兄)である孫休が跡を継ぎ、

 

孫休も優れた人物ではあったものの早世してしまい、

最終的に孫和の子であった孫皓が跡を継いだのでした。

 

 

しかし孫和の子である孫皓の暴虐政治により、

国は完全に疲弊してしまい、

 

280年に晋によって攻められて滅んでしまったわけです。

㉑魏の滅亡、そして「晋」の建国&孫晧の即位

 

 

孫和・孫覇の争いによって国は傾き、

孫和の子である孫皓によって呉が滅ぼしてしまったとは悲しい事ではありますね。