劉備と劉表

劉備が劉表の元に身を寄せいていた頃、

劉表は、劉備に新野の城を与え、厚遇していました。

 

そして後継者を、劉表の死が近づくにつれ、

自分の子供ではなく、劉備に譲ろうとします。

 

それぐらい劉表は劉備を信頼していたと

演義では描かれています。

劉備暗殺計画

劉備への待遇に我慢できなくなったのが、

劉表に仕えていた蔡瑁(さいぼう)という人物。

 

蔡瑁は、蒯越(かいえつ)達と共に、

酒宴を設けて、暗殺しようと計画します。

 

しかし、劉表の家臣で、

劉備と親しかった伊籍(いせき)という人物が

この事を劉備にこっそり教えます。

 

これを聞いた劉備は、

厠(かわら/便所)に行く振りをして、

劉備の愛馬である的盧(てきろ)に乗って逃亡します。

 

それに気づいた蔡瑁達は、

劉備に急ぎ追っ手を差し向けます。

 

 

その後、追い詰められた劉備は、

崖になっている檀渓(だんけい)を飛んで、

崖の下の川に飛び込み、脱出に成功したというお話です。

 

これによって、

なんとか劉備は危機を乗り越えてます。

 

演義では劉備を厚遇し、

非常に信頼していたように書かれていますが、

正史では少し様子が異なります。

 

劉備は、人に慕われる性格で、

荊州にいた優秀な人物の多くが、劉備の配下になっていきます。

 

これを見た劉表は、

「劉備が荊州を奪おうとしてるのではないか?」と疑い始め、

劉備との信頼関係に亀裂が生じます。

 

ですので、劉表が劉備を信頼して、

劉備に国を譲ろうとしたのは演義だけでの話です。

劉備は、檀渓(だんけい)を飛んだの?

正史には、劉備と劉表の関係に亀裂が入っていったと

記録が残っていますが、

 

劉表の命令であれ、蔡瑁達の計画であれ、

正史には劉備を暗殺しようとしたなど一言も書かれていません。

 

よって、この話は、

演義だけのフィクションだといえますね。