「江東の二張」と呼ばれた賢人

孫策の時代、

「江東の二張」と呼ばれた二人の賢人が呉にいました。

 

その二人の名は、

張紘・張昭といいます。

 

この二人は、孫策に仕えますが、

孫策死んだ後は、孫権に仕えてます。

 

今回は、

「江東の二張」の一人である張昭の話になります。

孫権と張昭は似た者同士

孫権と張昭の性格は、

全く違うように思えますが、似た者同士でした。

 

どちらも、非常に頑固なところがあり、

この頑固さを表す二人のエピソードはかなり残っています。

 

頑固者同士な為、

親子喧嘩のようなやり取りが多かったようです。

 

 

それらの中でも一番凄かったのが、

233年のエピソード

 

タイトルにある通り、

孫権が張昭の家を燃やしてしまうんです(笑)

遼東の公孫淵、呉に近づく

233年、遼東の公孫淵(こうそんえん)が、

魏に背いて、呉から燕王に任じられた年になります。

 

公孫淵は、

魏とも呉ともつながりを持ちつつ、

魏に背いたり、呉に背いたりし、どっちつかずの状態でした。

 

魏→呉→魏といった感じでくつわ替えし、

最終的には、魏に反乱を起こし、討たれています。

 

今回は、公孫淵が呉に近づいた233年に起こった、

孫権と張昭の大喧嘩になります。

発端は意見の相違!

公孫淵が、

呉と関係を持ちたいと思っていた時、

 

公孫淵に使者を送るかどうかで、

呉で議論が巻き起こります。

 

孫権は、

「使者を送る」といいますが、

 

張昭は、

「使者を送る必要はない」といいます。

完全に意見が分かれた形です。

 

しかし孫権は、

自分の考えを押し通し、使者を送ります。

 

これに対して、

張昭はいじけて、家に引きこもります。

子供の喧嘩

いじけて家に引きこもった張昭に対して、

孫権は怒ります。

 

そして孫権は、

張昭が家から出てこれないように、

門の外側から土で門を埋めてしまいます。

 

この孫権の行動に対して張昭は、

門の内側から土で門を埋めてしまいます。

 

完全にどっちも引かないという徹底ぶりでした。

孫権、張昭の家に火をつける

子供喧嘩が続いていた頃、

しばらくして孫権の送った使者が公孫淵に切られます。

 

孫権は、自分が間違っていたと認め、

張昭に詫びをいれようと訪問しますが、

 

張昭はツンツンして、出てきません。

 

 

これに対して、

孫権は「燃やしちゃえ」って事で、

家の門に火をつけます。

 

門に火をつけられた張昭は、

それでも無視を続けます。

 

とりあえず一つ言える事は、

孫権は完全に放火魔です。今の世なら捕まります(笑)

 

ですが、張昭の息子達が、

「家が燃えてるよ、やば過ぎ!」ってことで、

張昭を抱きかかえて、家を急ぎ脱出します。

孫権のツンデレ

張昭が息子達に抱きかかえられて出てきたのを見て、

孫権は笑顔になります。

 

そして孫権は、張昭に対して謝罪をし、

馬車に乗せて、宮殿まで強制的に連れていき、

再度謝罪します。

 

ちなみに連れて行ってる最中も、

家燃えてるんですけど、そこはお構いなしの孫権でした。