黄巾の乱

「黄巾の乱」は後漢の霊帝の時代に、

184年に張角・張梁・張宝の三兄弟が起こした反乱です。

 

彼らは、太平道という宗教団体でしたが、

この太平道というのは、道教の一種になります。

道教・・・中国古代の民間信仰や神仙説に道家の思想を加えた宗教。

 

外戚・宦官・官僚が力を持っていた後漢末期、

賄賂等も横行し、国は非常に乱れており、

 

国民の多くが飢餓に苦しんでおり、

数十万という人達が太平道に救いを求めてきました。

 

そして大きな規模に膨れ上がった太平道を、

後漢は弾圧を始めます。

 

この後漢の仕打ちに対して、

国に怒りを感じ、この国を倒そうと反乱をおこします。

 

そしてこの反乱には、飢餓に苦しんだ人達のみでなく、

漢帝国に不満を持っていた山賊・盗賊も参加し、大規模な反乱に進展していくのです。

黄巾の乱の首謀者であり、三国時代の扉を開けた張角

張宝&張梁 -張角を支えた二人の将軍-

シンボルカラーは黄色!

黄巾の乱のシンボルカラーといえば、黄色です。

 

このシンボルカラーである黄色の布を頭に皆巻いていました。

 

何故黄色の布を巻いていたかというと、五行思想(陰陽五行説)に基づき、

「世の中は、木・火・土・金・水の5つで成立している」という考え方からきています。

 

 

後漢は火の王朝とされ、シンボルカラーが「赤」でした。

 

「火の王朝」の次にあたる「土の王朝」であるのが我々であると言っており、

その「土の王朝」のシンボルカラーである「黄色」を選択したということになります。

後漢の黄巾賊に対する対応

 

黄巾の乱として、中国各地で起こった反乱を、

勃発当時は後漢側も甘く見ていました。

 

ですが多くの地域の漢軍が敗走し、黄巾族によって制圧されていきます。

 

 

そして後漢の首都である洛陽近くまで、

黄巾賊が迫ってきたところで、後漢側はやっと焦りを感じます。

 

この時代、霊帝は頼りにされておらず、外戚・宦官・官僚が力を持っていました。

しかし彼らは権力にばかり目をやっており、戦の経験などありません。

 

 

もう後漢正規軍のみでは対応できず、

 

皇甫嵩(こうほすう)・朱儁(しゅしゅん)・盧植(ろしょく)・董卓(とうたく)らの力も借りながら、

反乱鎮圧にあたっていきます。

 

ちなみにこの時、曹操も鎮圧に貢献しています。

黄巾賊の鎮圧

後漢軍と黄巾賊の戦いが、

激しさを増してきたところで、ある大きな事件が起こります。

 

黄巾の乱の首謀者の一人である張角が病死します。

 

そういう事も重なり、張角・張梁・張宝が起こした黄巾の乱は、

結局1年程度で鎮圧されてしまったのです。

 

ですがこの反乱が鎮圧された後も、各地で残党の反乱は続いていきます。

 

 

余談ですが、後に曹操が飛躍するきっかけになったのは、

「青州兵」と呼ばれた主力部隊のお陰でした。

※青州兵は、元黄巾賊の人達で構成された部隊です。

青州兵(曹操軍精鋭)誕生の秘話

 

 

黄巾の乱としては、約1年程で鎮圧されてしまいましたが、

 

この反乱をきっかけに、後漢の堕落ぶりを天下に示すきっかけになり、

各地で様々な反乱が起こり、また各地の豪族が台頭してくるようになります。