宮廷掌握後の董卓

189年に、董卓は洛陽を掌握して後、

勝手に劉弁を廃止し、劉協を皇帝にしています。

 

また董卓に逆らう者は、

左遷させたり、追放したり、処刑したりと、

自分の身の回りには、親しいものだけで固めています。

 

 

また洛陽の宮廷にいた女性をお構いなしに犯し、

宮廷にあった財宝も独占し、

 

歴代の漢皇帝の墓を暴いて、

その中に収められていた埋葬品を強奪したりもしています。

 

 

陳寿が書いた三国正史でも、

董卓ほどの悪者はいないと痛烈に記載されています。

 

比較的公正な立場で書かれている正史で、

そこまで批判した記載がされている事からも

どれだけ董卓の横暴が酷かったか分かりますね。

反董卓連合の結成

董卓の横暴に耐えかねた者たちは、

洛陽から離れ、各地域で力を蓄えていました。

 

宦官が何進を殺した時に、

宦官を皆殺しにしようとした袁紹もその一人です。

 

その袁紹が盟主になって誕生したのが反董卓連合です。

そしてこの反董卓連合に公孫瓚・孫堅などの多くの諸侯が参加しています。

 

ちなみに以下の参加諸侯の中に曹操が記載されていませんが、

袁紹軍として参加していただけであり、きちんと参加しています。

 

「劉備も参加したんじゃないか!?」

と思われている方も多いかもしれませんが、

それは三国志演義だけの話であり、実際は参加していません。

 

単純に劉備をよく見せたいが為に

三国志演義で参加させたに過ぎません。

汜水関の戦い(虎牢関の戦い)

沢山の諸侯が参加した事で、

董卓軍を圧倒する兵力を集めれたにもかかわらず、

 

実際の反董卓連合は、各々の思惑があり、お互いを牽制し、

まとまりに欠如したものでした。

 

そんな状態であったからこそ、

各方面の戦いでも、董卓軍によって劣勢を強いられます。

 

 

そして反董卓連合最大の激戦と言われている

汜水関(しすいかん)の戦いが始まります。

 

汜水関は虎牢関(ころうかん)と呼ばれたりもします。

ここは董卓軍の呂布・華雄が守っていた城です。

 

 

三国志演義では、関羽が華雄を討ち取り、

劉備・関羽・張飛の3人で呂布と引き分けていますが、

 

実際は、孫権軍が華雄を討ち取り、呂布を撃退しています。

ここで激しく奮闘したのは、孫堅軍の程普です。

 

そこまで武力的には大きく評価されていないですが、

実際の程普は豪傑だったのかもしれませんね。

董卓の洛陽放棄&長安遷都

全体的には優勢だった董卓軍ですが、

汜水関の戦いをきっかけに押され始め、

 

それに不安を覚えた董卓は、

都である洛陽を焼いて、長安に遷都してしまいます。

 

これによって後漢の都として栄えてきた洛陽が、

廃墟と化してしまいます。

反董卓連合の崩壊

もともとぎくしゃくしていた反董卓連合は、

廃墟と化した洛陽を見て、更に仲違いしていきます。

 

同じ一族である袁紹と袁術の間にも亀裂がおこったり、

「董卓を討つ」という当初の目的を忘れ、

各々が領地拡大を目指すようになっていきます。

 

その結果、劉岱が橋瑁を殺したり、

曹操が王匡を殺したり、反董卓連合同士での争いが起きます。

 

そして最終的に目的を果たさず、

反董卓連合は崩壊してしまいます。

 

これにより群雄割拠時代へ本格的に突入していきます。