二虎競食の計

これは荀彧が提案した計略ですが、

どんな計略なのかをまず説明したいと思います。

 

「腹をすかせた二匹の虎の間に肉を投げ込めば、

二匹の虎は肉をめぐって争いを始め、

 

その二匹の虎はどちらかが死ぬまで続き、

勝った方も傷だらけなので、退治するのは簡単である。」

 

といったような計略で、漁夫の利に近い意味があります。

実践

呂布が徐州の劉備と手を組んだことに曹操は驚きます。

そこで荀彧が二虎競食(にこきょうしょく)の計を提案します。

 

呂布と劉備を戦わす事で、

生き残った方も打撃を受けているはずだから、

後は勝ち残った方を潰せばいいというわけです。

 

そこでまず肉となるものが必要になります。

 

 

劉備は陶謙の跡を継いで徐州を実質的に支配していますが、

正式に任命されたわけではありません。

 

そこで皇帝を抱えている曹操は、

皇帝に劉備を正式に「徐州の牧」に任命し、

その代わりに、呂布を討伐するように命令を出します。

結果

この二虎競食の計は、失敗に終わります。

 

失敗した理由としては、

今回劉備にしか肉が与えられていなかった点だと思われます。

 

もし呂布にも肉が与えられていれば、

結果は違っていたかもしれません。

 

それに併せて、今回の「徐州の牧」任命からの呂布討伐は、

皇帝からの命令とはいえ、曹操からの命令だというのが明らかすぎました。

計略が失敗した事で、劉備と呂布の結束は更に高まってしまいます。