三国志演義での司馬懿

横山光輝三国志(52巻86P)より画像引用

 

諸葛亮が第一次北伐を開始し、

連戦連勝で長安に攻め入る勢いでしたが、

馬謖が命令違反を犯し、街亭で司馬懿に敗れてしまいました。

 

要所である街亭を奪われた事によって、

北伐が失敗してしまいます。

 

 

本来馬謖は、山の麓を抑えて、

魏軍を通させないようにするという役割を担っていましたが、

麓を守らず、山頂に陣をかまえました。

 

結果として、魏軍に山を包囲されてしまい、

惨敗を喫してしまいます。

その時義軍を指揮していたのが、司馬懿ということです。

 

 

そもそも諸葛亮が第一次北伐を開始する直前、

司馬懿は、謀反の疑いから官職を剥がれていました。

※この噂を流したのは、もちろん蜀でした。

 

しかし司馬懿の謀反の話は、敵の策略だった事を知ると

司馬懿に復帰してもらいます。

 

その際に司馬懿は、孟達が裏切ろうとしている事を知り、

孟達を討ち取り、謀反の目を摘みます。

 

そしてその足で長安へ向かい、

街亭で馬謖を打ち破ったという流れです。

正史での司馬懿

三国志正史では、

街亭の戦いについては以下のように書かれています。

 

馬謖の命令違反による惨敗は本当ですが

これを打ち破ったのは司馬懿ではなく、張郃(ちょうこう)です。

 

ではその頃、司馬懿は何をしていたかというと、

裏切りを計画していた孟達を討ち取り、

 

その後、宛城に引き上げており、長安に向かってもいません。

ましてや街亭で馬謖を破ったというのは、論外です。

結論

「泣いて馬謖を斬る」という故事があるように、

馬謖の命令違反によって、北伐の失敗に繋がったのは事実ですが、

馬謖を破ったのは、司馬懿ではなく張郃です。

 

三国志演義で、

張郃から司馬懿に代わっているのは、

 

諸葛亮が張郃に負けたというよりも、

宿敵である司馬懿に負けたという形にしたかったのでしょうね。