駆虎呑狼の計

二虎競食の計が失敗に終わった事で、

荀彧が次の対策として提案した計略になります。

 

これはどういう計略かというと、

穴の中にいる虎の前に豹が現れれば、虎は穴を出て豹を追いかけ、

虎が留守にした穴を狼が必ず狙ってくるというものです。

実践

駆虎呑狼の計を仕掛ける相手は、

二虎競食の計が失敗に終わった相手である劉備と呂布で、

虎が劉備、狼が呂布になります。

 

後は豹になる相手を探さなければいけませんが、

その相手として袁術が選ばれました。

 

 

まず、皇帝から直接劉備に対して、

「袁術が漢王朝の命令に従わないので討ちとれ!」という命令を出します。

 

次に曹操から袁術に、

「劉備が袁術を倒したいと皇帝に願い出てきた」という旨を伝えます。

 

そして劉備は袁術を討伐する為に出兵し、

袁術は、攻めてくる劉備を迎え撃つことで戦いが始まります。

結果

曹操・荀彧の狙い通り、

劉備と袁術が戦いが始まりました。

 

そして、劉備が袁術と戦っている間に、

呂布が徐州を奪い取ってしまいます。

 

計略は見事に決まり、

駆虎呑狼(ぐこどんろう)の計は、成功に終わります。