陳登(元龍)

 

陳登(ちんとう)は、

若かりし頃から誠実で思慮深く、

その上、文章を記載する能力にも優れていました。

 

陳登は25歳の頃、東陽県長を任されます。

県長に就任した陳登は、民衆の為の統治に全力を尽くします。

 

そして陶謙に推挙されて、典農校尉を任されますが、

灌漑事業に力を注ぎ、徐州の農業事情は豊かになります。

 

 

陶謙が逝去すると、

跡を継いだ劉備に仕えます。

 

しかし、その後呂布が劉備の居城を奪うと、

仕方なく呂布に仕えます。

 

しかし、劉備を裏切って居所を奪った呂布を好きになれず、

父である陳珪(ちんけい)とともに、呂布が滅ぶように仕向けていきます。

袁術と絶縁させる

袁術が曹操に対抗する為に、

呂布へ同盟を結ぶための使者を送ってきます。

 

呂布も共通の敵である曹操にあたる為、

この袁術の話に乗り気になります。

 

しかしこれを聞いた陳珪・陳登親子は、

絶対に縁組を成立させてはいけないと判断し、

 

そこで陳珪・陳登は、

「皇帝を名乗った逆賊の袁術と組めば、

呂布自身も天下の逆賊になる」と呂布に説きます。

 

その結果、呂布は袁術との縁組を断り、

同盟を結ぶことを避けます。

 

その際、袁術が送ってきた使者を切り捨て、

曹操の元へ送っています。

 

 

袁術がこれに怒り、呂布を攻めますが、

逆賊である袁術を徐州に入れるわけにもいかず、

陳登はこの時だけは呂布に味方して、対応策を考えます。

 

そして袁術軍の内部分裂の可能性があるとし、

楊奉(ようほう)・韓暹(かんせん)を裏切らせます。

 

その結果、呂布軍は大勝し、

陳珪・陳登親子は、呂布から信頼を得る形になります。

陳登、曹操と通じる

ある時、曹操は袁術の使者の首を届けたお礼に、

曹操が朝廷に働きかけ、呂布を左将軍に任命します。

 

これに感謝した呂布は、

曹操の元へ陳登を派遣して、感謝を伝えてくるように命令します。

 

陳登は、呂布の使者として曹操の元を訪れますが、

そこで陳登は曹操に対して、「早く呂布を討つべきだ」と提案しています。

 

また合わせて、

「攻める際は、我ら親子が内部から援護します」と述べます。

 

それを聞いた曹操は、陳登を信頼し、

広陵太守に任命されます。

 

そして裏密約を果たした陳登は、

何食わぬ顔で呂布の元へ帰還します。

呂布の滅亡

曹操が呂布が守る徐州を攻めると、

陳珪・陳登親子は、内部から応じて真っ先に呂布を裏切ります。

 

そして呂布軍の士気が上がらない中、

更なる裏切者が続出し、呂布は捕らえられてしまいます。

捕らえられた呂布は殺され、徐州が平定されます。

 

呂布が滅亡すると、曹操に仕え、

陳登は伏波将軍の役職を与えられています。

 

ちなみにですが、三国志演義での陳登の出番は、

ここで実質終了しています。

実は孫策との戦いに勝利していた陳登

劉備と陳登

時代は過ぎ、劉備が劉表の元へ流れていた頃、

 

許汜(きょし)という人物が、

陳登の事を低く評価したことがありました。

※許汜・・・元呂布の家臣で、陳登とは元同僚

 

「陳登は横暴な人間である」と。

 

 

それを聞いた劉備が理由を尋ねると、許汜は答えます。

「陳登は客人をもてなす心が全くない。

その上、私とは口も聞いてくれない。

 

寝る際は、自分が寝台で休み、

客人である私を床で寝かせた事があるからだ」

 

 

それを聞いた劉備は答えます。

「あなたは国士としての名声を持ってるのに、

いつも領地や財物を求めるばかりで、ろくな進言もしていなかった。

 

おそらく陳登は、

そんなあなたを嫌ったのでしょう」

 

そして劉備は続けます。

「もし私があなたを持て成した場合は、

私は楼上で寝て、君を更地で寝かせますね。

そう考えたら、陳登はまだ優しい方だ!

 

そもそも陳登は、文武と胆志を兼ね備えており、

彼に匹敵する者はなかなかいない」と陳登をべた褒めしたのです。

 

 

そしてその陳登はというと、

呂布が滅亡した後、曹操に仕えてますが、

 

「劉備は傑出した能力を兼ね備えており、

人の上に立つべき人である」

と劉備に対して高い評価をしています。

 

劉備は陳登を、陳登は劉備を、

お互いに厚く信頼していたのだと思います。