笮融、下邳で略奪の限りを尽くす

笮融は最初徐州の陶謙に仕え、

下邳を任されていました。

 

しかし笮融は、任されたことをいいことに、

下邳を中心に略奪の限りを尽くし、民衆を苦しめます。

 

曹操が徐州へ攻め込むと、

陶謙をあっさり見捨てて、そそくさと逃げ去ります。

劉備に徐州を譲った陶謙

 

曹操によって徐州で大虐殺が行われ、

徐州が荒廃したように言われていますが、

 

実際には、荒廃した原因の1/3程度は、

笮融の略奪が原因だとも言われています。

笮融、広陵で略奪の限りを尽くす

徐州から逃げてきた笮融を救ってくれたのが、

広陵太守であった趙昱(ちょういく)なんですが、

 

救ってもらった張昱を殺害して、

広陵でも略奪の限りを尽くしています。

 

広陵から奪えるものを全て奪いつくすと、

笮融は仲が良かった薛礼(さつれい)が守る秣陵城(後の建業)の南側に駐屯します。

※薛礼は劉繇の家臣

孫策VS劉繇・薛礼・笮融

 

孫策が揚州刺史であった劉繇に攻め込むと、

笮融は、劉繇・薛礼に協力して共に戦います。

 

一進一退の攻防を繰り広げますが、

「孫策が死んだ」という偽情報を信じてしまった笮融が大敗してしまうと、

薛礼の軍も崩れ、劉繇・笮融・薛礼は逃亡しています。

太史慈と孫策の出会い(一騎打ち)

諸葛玄VS朱皓・薛礼・笮融

この時代においては、

太守がいきなり空席になることも多く、

 

その場合、自分と親しい者を勝手に任命して、

支配権を拡大するといった事が平然と行われていました。

 

 

この時の豫章は、まさにその分かりやすい例で、

二人の太守がいる状態でした。

 

どういうことかというと、

袁術が諸葛亮の叔父の諸葛玄を豫章太守に任命しており、

 

その後、朝廷から正式に派遣された朱皓(しゅこう)を、

諸葛玄に代わって、豫章太守に任命しようとしたからです。

 

経緯はどうあれ、

普通なら諸葛玄が引くのが当然ですが、

諸葛玄も引かなかった為、争いが勃発します。

 

そこで逃亡していた劉繇・笮融・薛礼が、

朱皓を助たことで、諸葛玄は討ち取られてしまいます。

 

 

朱皓の任命は、揚州刺史になった劉繇が、

朝廷に働きかけてた可能性が高いと言われています。

 

そうでなければ孫策に敗れて逃亡しているにも関わらず、

わざわざ戦争中の朱皓を助けたりしないからです。

 

また諸葛玄が討ち取られた事で、

諸葛亮(孔明)含め諸葛一家は、荊州へ流れていく事になります。

朱皓・薛礼を殺害→劉繇から独立→そして・・・

諸葛玄を倒して手に入れた豫章でも

笮融はまた当たり前のようにやらかします。

 

朱皓・薛礼を殺し、豫章を乗っ取って、

劉繇から勝手に独立してしまいます。

 

 

これに激怒した劉繇は、笮融討伐に向かいます。

 

劉繇の侵攻を一度は防いだ笮融でしたが、

最終的に劉繇軍に打ち破られ、

逃亡の最中、地元住民に殺害されて幕を閉じます。

 

ちなみに笮融を倒したのはいいものの、

劉繇も間もなく病死しています。

中国での仏教普及の先駆者

 

笮融が下邳を治めていた頃、

略奪の限りを尽くしていましたが、

 

その略奪した金を使って、

3000人が収容できる大寺を建設しています。

 

そこで祀った銅製の仏像には、

金箔で仕上げた服を着させていたそうです。

 

 

ちなみに、下邳の仏教入信者は、

税金がタダというものだから、次々と入信する者が増え、

その数は一気に5000人を超えたと言われています。

 

また、略奪した金を使って、

釈迦が生まれた日を祝う4月8日には、盛大な法会が行われていました。

その際には、1万人を超える人達が参拝したそうです。

 

 

人から略奪の限りを尽くして

それで仏教普及の為に大判振る舞い・・・。

 

確実に間違っている気がしますが、そんな彼の普及活動は、

中国での仏教の普及に影響を与えたのは間違いなさそうです。

三国志演義での笮融

正史に書かれているような悪逆非道については、

全く触れられていません。

 

また笮融は、

劉繇の家臣として登場しています。

 

孫策に劉繇が敗れた後は、

劉繇と共に、荊州の劉表を頼って逃亡しています。