司馬炎と1万人の女性

司馬炎の後宮には、5000人の女性がいました。

 

司馬炎はある時、後宮に入れる女性を探す為に、

一定期間結婚禁止令を出し、

 

自分の目に適った女性を次々に後宮にいれました。

その数が5000人に達します。

 

そして280年に晋が呉を滅ぼしますが、

この時孫晧の後宮にも5000人の女性が囲われていました。

司馬炎は、この5000人の女性を自分の後宮にまとめていれます。

 

これによって司馬炎の後宮の女性は、

1万人に達します。

1万人の女性と羊

天下を統一した司馬炎は、

その後女性と毎日遊び惚ける生活を送ります。

 

毎日一人の女性の寝所に足を運ぶわけですが、

途中から司馬炎は、訪れる女性を羊に選ばせるようになります。

 

どういうことかというと、司馬炎は羊に乗って後宮を移動し、

羊が足を止めた部屋の女性の部屋へ入るといった感じです。

女性達の作戦(盛り塩の由来)

女性達は司馬炎が、

自分の部屋の前で足を止めてくれるように、

羊が好きな塩をおいて、それに竹の葉を一緒に添えていました。

 

なぜ塩と竹の葉なのかというと、

羊は竹の葉を食べ、塩をなめる為に、一時足を止めるからです。

 

これが盛り塩の始まりだと言われています。

別にもある中国の盛り塩の由来(始皇帝)

天下を統一した秦の始皇帝が、

3000人囲った女性の中から夜を共に過ごす女性を選ぶときに、

 

自分を選んでくれるようにと考えた賢い女性が、

家の前に塩を置いていたといいます。

 

なぜ塩を置いたかというと、

始皇帝は、女性の元を訪れる時、牛に車を引かせていたからです。

塩が好きな牛が足を止めるというからくりです。

 

司馬炎の羊と同じような感じで、ただ羊か牛の違いですね。

水商売と盛り塩

水商売の店や夜のお店には、

盛り塩を置かれている事が多々あります。

 

これは、司馬炎の例にあやかり、

「人寄せのための縁起担ぎ」としておかれています。

商売繁盛といった意味合いが強いわけです。

 

 

お祓いなどで使われる塩とは、

意味合いが全く違うわけで、たまに店に塩がおかれていると、

勘違いする人がいたりしますが、あくまで商売繁盛の為の盛り塩というわけです。

 

最近では水商売だけに関わらず、普通の店であったり、

色々な所で盛り塩がされています。