孫権と鄭泉

 

孫権は無類の酒好きで有名な上に、

酔ったら相当たちが悪い事でも有名ですが、

孫権は、鄭泉(ていせん)という酒好きが好きでした。

 

三国志では張飛しかり、呂布しかり、

酒で失敗した話は沢山残っていますが、

 

この鄭泉は、酒が大好きであるにも関わらず、

酒での失敗がないというか、酒を純粋に楽しむっていうような人物でした。

 

ちなみにですが、

鄭泉の主人である孫権も酒による沢山の失敗をしています。

むしろ孫権ほど酒での失敗例が多い人も少ないかもしれません(笑)

孫権は酒癖が悪い!

酒好きの鄭泉

鄭泉という人物は、

「常日頃から、大きな船を浮かべて、その船を酒で満たして、そこで暮らしたい」

と言葉に出していうほどの酒好きでした。

 

 

むしろ酒が好きすぎて、自分が死んだ後は、

陶器職人の傍に土葬して欲しいといったぐらいです。

 

何故に陶器職人の傍なのかというと、

死んで土に還った後、その土を使って酒壺を作って欲しかったからだそうです。

 

「死んでも尚、酒と共にありたい。」

この言葉以上に鄭泉を表す言葉は思い当たりません。

鄭泉の忠臣としての顔

鄭泉はただの酒好きではなく、

仕事と酒の区別をきちんとしているような人でした。

なので孫権が悪い事をした場合は、容赦なく注意しています。

 

 

ある時孫権が鄭泉に対して、

「お前は私の事が怖くないのか!?」と問いかける事がありました。

 

これに対して鄭泉は、

「孫権様は仁愛に優れた方なので、

こんなことぐらいで怒らないのを知っています」と返答します。

これを聞いた孫権は、大変喜んだといいます。

 

また鄭泉は、外交官としての一面も持っていたので、

次はそれを見ていきたいと思います。

蜀との亀裂&国交回復

孫権は魏と結んで、関羽を討ちとる事に成功するんですが、

関羽と義兄弟であった劉備と張飛は激怒します。

 

そして周りの助言を聞かず、孫権討伐に出陣します。

しかしここで劉備にとって更に予期せぬ出来事が発生します。

 

張飛まで家臣に殺されてしまったからです。

ちなみに張飛を殺した家臣はそのまま呉へ逃亡しています。

 

 

関羽だけでなく、張飛まで殺された事で劉備の怒りは頂点に達し、

呉へ攻め込みますが、夷陵の戦いで大敗を喫してしまい、

劉備は白帝城へ逃げ込みます。

 

劉備は多くの者の反対を押し切って戦争し、

大敗北を喫してしまい、国力を低下させたばかりか、

多くの家臣を討死させてしまった事を後悔しますが後の祭りでした。

蜀との国交回復

 

白帝城にいた劉備は、

孫権へ手紙を送って国交回復に努めます。

 

劉備が孫権に送った使者に対して、

222年12月に孫権使者として鄭泉が派遣されます。

 

劉備の元を訪れた鄭泉に対して、

劉備は「孫権殿の手紙を持ってきてないということは、

孫権殿はまだ私の行動を怒っているのか?」と問うと、

 

鄭泉は、

「曹操・曹丕は漢王室をないがしろにし、最終的に皇帝の位を奪うに至りました。

 

劉備様は、漢王室の遠縁にあたるからこそ、

漢王朝を守るように努めなければいけませんでした。

しかし、魏打倒の為に先駆けとなることさえされていません。

 

そして劉備様は皇帝を名乗られていますが、

簡単に皇帝を名乗るものでありませんし、それは天の声に逆らうようなものです。

だからこそ我が主人である孫権様も返事が書けずにいるんです。」

 

 

これを聞いた劉備は、皇帝を名乗り、

その上私怨の為に孫権を攻めた事を恥じいったそうです。

 

そしてこれをきっかけにして、

蜀呉の国交が事実上回復する事になります。

 

呉との国交回復ができた事に安心したのか、

それから4か月後、劉備はこの世を去っています。