周魴(しゅうほう)

周魴は若い時から学問が好きで、

勉学に励んでいました。

 

そんな周魴は呉に仕える事になるのですが、

大規模な反乱が起こっていた銭唐(せんとう)を任されたりもしました。

周魴は期待に応え、鎮圧に成功しています。

 

周魴はこの反乱鎮圧を機会に、

反乱が起こっていた色々な地域に送り込まれる事になります。

 

送られた地域×②で結果を残していった周魴は、

昭義校尉に任命されることになります。

孫権、魏の曹休への偽内通者を募る

呉の国境には、曹休が任されており、

これまで呉は曹休に痛い目に何度も合わされていました。

曹操に「我が家の千里の駒」と高く評価された曹休

 

そこで孫権は

「誰か偽内通者を出して、曹休をおびきよせようぜ!

ただあんまり無名のやつだと意味ないんで、少しは魏にも名前が知れ渡ってる人限定だからね」

といって偽内通をしてくれる人を募集します。

 

ここでこれに立候補したのが周魴でした。

周魴、曹休を騙すべく7通のラブレターを送る

 

まず最初のラブレターはジャブパンチの応酬。

「揚州の備えはぶっちゃけちょろいよ。貴方の元へ呉から逃げたいんだけど・・・」

「揚州攻めて、私を連れ去ってくれるよね?」

「孫権をもう信じる事ができないんだけど、曹休様は私を迎えてくれる?」

 

しかし曹休は周魴のこれらの手紙を読んで、

「こいつ二股かけてんな」と疑い、曹休はほぼスルー。

 

 

諦めつかない周魴は、

「返事もらえないって事は、私に魅力ないってことなの?」

と手紙を書きます。

 

ここにきて曹休はもしかして、

「こいつ二股じゃなく、真実の愛を求めにきてる?」と周魴の事が少し気になりだします。

 

 

そこへすかさずラブレターの連打。

「魏への愛が本当だというのを部下にも見せつけたいので、

なんでもいいんで愛を証明できるもの(官位)をください」

 

「自分の身内をそちらに送るので、信じてください」

 

「前に魏への愛を貫こうとして二股疑惑かけられて失敗した人いたけど、

実はその人と私は同じ気持ちで仲良かったんだよね」

 

これだけ猛烈にアピールされた結果、

曹休は、はい、、、信じちゃいました(笑)

最後のシメ

さて信じ込んじゃった曹休に、周魴は最後のシメの料理を出します。

 

孫権からいちゃもんつけられて、嫌われた演技をし、

親から貰った大事な髪を剃ってしまいます。

 

今の時代と違って、この時代の親から貰った自分の髪の毛を切るというのは、

それほど重要な意味がありました。

 

もちろんこれは周魴の作戦で、

まぎれこんでいるスパイがこの話を聞いて、

曹休に知らせるだろうという思惑があったわけです。

 

周魴の狙い通り、この話をスパイから聞いた曹休は、

周魴の寝返りを完全に信じる事になります。

石亭の戦い

 

周魴の愛を受け止めた曹休は、

周魴に連れられて呉へ攻め込みます。

 

しかし曹休が周魴の愛がいつわりだと気づいた時でも、

10万人を兵力をつれてきていた曹休は強気に攻めこみます。

 

ただ準備万端の体制で待ち構えていた呉軍に、

曹休は惨敗を喫してしまいます。

 

皇族であった曹休は、敗北の罪に関して問われることはありませんでしたが、

腫瘍を患ってしまい、それがきっかけで亡くなってしまいます。

周魴の評価

周魴のお陰で大勝利を収める事に成功した孫権は、

「親から貰った髪を切ってまでして曹休を騙し、呉の大勝利に貢献した周魴は大したもんだ。

今回の功績は、後々までこの話は伝承されていくよ」と周魴をべた褒めしています。

 

 

ただ「異同評」という書物では、

「髪を切ってまで功績を手に入れようとした周魴の行動は、

身勝手きわまりないことである。

 

そんな事が後々の世で評価されるわけがない」

と儒教的考えから孫権と真逆のことを言い、周魴のことを非難しています。