劉備、田舎の県令に任命される

黄巾の乱討伐で活躍した劉備でしたが、

宦官への賄賂等が横行していた時代だったにもかかわらず、

劉備らは賄賂を宦官に送る事もありませんでした。

 

その為、劉備は宦官からよく思われず、

黄巾賊討伐後の褒美として、

中山国安熹県という田舎の県令に任命されています。

 

 

表向き上、「一応黄巾賊討伐で頑張ったご褒美ね」みたいな感じだたのでしょう。

本当の気持ちは、「賄賂も送らないお前にはこの役職で十分だろう!」だったのでしょうけど。

 

ただ田舎の県令ではありましたが、

劉備はきちんと民衆に慕われるような政治を行います。

督郵が劉備の治める県令を訪問する

督郵(とくゆう)というのはまず最初に言っておくと、

人の名前ではありません。

 

この話知ってるよと言う人も、

督郵がその役人の名前だと勘違いしてる人もいる気がします。

三国志演義ではそんな風に書かれていますしね。

 

「督郵」というのは監査官で、

各地を視察する人達が任命されていた役職ですね。

 

記録でも督郵が劉備の元に訪れたとしか書かれていない為、

その督郵の人物名は分かりませんので、その人が督郵という呼び名で話を進めます。

張飛が督郵を殴った話って本当?

督郵が劉備の元を訪れると、劉備はできる範囲のもてなしをします。

しかし督郵はそんな劉備に賄賂を請求してきます。

 

劉備は民衆から頂いた貴重な税を賄賂なんかに使えないと断り、

賄賂をやらないなら悪い報告を帝に報告するという督郵の言葉に苛立ちを覚えつつも、

劉備自身は我慢するしかない日々を過ごします。

 

しかしこの時、劉備に仕えていた張飛が激怒し、

督郵を木に縛り付け、容赦なく棒で殴りまくります。

横山光輝三国志(3巻78P・79P)より画像引用

 

そして帝の特使である督郵を暴行した事で、

これ以上県令を続ける事は不可能であると判断した劉備は、

県令をやめ、関羽・張飛を連れて放浪していく事になります。

督郵を殴ったのは、張飛ではなく実は劉備だった

 

しかしちょっとお待ちを! これ実際の話と違うんですよね。

 

実際賄賂を請求された劉備自身が督郵に激怒し、

木に縛り付け、棒で200回以上叩きまくったというのが本当の話です。

 

ただ実際賄賂を請求されたとかではなく、視察にきた督郵に劉備が面会を願い出て

督郵に断られたという理由だけで乱暴を行ったとも言われています。

 

もし賄賂ではなく、面会を断られただけで200回以上も殴っていたとしたら、

結構やばいやつだったりしますね。

まぁ劉備ならやりそうな事ではあるんですけど。

 

 

そもそも劉備といえば、

礼儀正しい人物だと思ってる人も多いんじゃないですか?

 

そういう人は完全に三国志演義の影響を大きく受けてると思うんですけど、

実際、、、、全然違います。

 

劉備は、間違えていると思った事には遠慮なく抵抗したりする、

任侠の精神を持った親分みたいな人物でした。

 

 

だからこの時、督郵を叩きまくる劉備を止めたのが、

実は関羽・張飛達なんですよね(笑)

 

関羽・張飛らによって我に返った劉備でしたが、

これ以上県令を続けられないと判断し、

県令の印綬を督郵の首にかけて、そのまま逃亡しています。