甄氏(しんし)はもともと袁煕(えんき)の妻でしたが、

曹操が204年に鄴を陥落させたことがきっかけで、大きくその後の運命が変わってしまう。

 

鄴にいた甄氏は、曹丕の妻として迎えられたわけです。

この時点で袁煕とは強制離婚になるのは言うまでもなく・・・

 

その後甄氏は、曹丕との間に曹叡と東郷公主を産むんですが、

曹叡の出生には秘密(疑惑)があり、今回はその点を掘り下げてみたいと思います。

曹叡、亡き母の名誉を回復させる

 

曹叡(そうえい)は、後に曹丕の跡を継いで、

魏の二代皇帝になる人物ですが、曹叡の母はいわずもがな甄姫でした。

 

曹叡が皇帝に即位した時には、

甄氏は曹丕の寵愛が薄れた事で最終的に殺されており、

 

曹叡は皇帝即位すると、母である甄氏の無念と名誉を回復すべく、

「皇后」の位を贈っています。

 

そして「その英知によって世の中を正しい方に導いた」という意味合いを込めて、

「昭」という諡(贈り名)を贈り、文昭皇后と呼ばれるようになります。

 

そして不幸な運命を辿った甄氏の為にも、甄氏の一族を厚遇したそうです。

亡き母に対する曹叡の出来る限りの親孝行だったのだと思います。

傾国の美女、甄氏(甄皇后/甄姫/しんし) 〜曹操・曹丕・曹植を虜にした美貌〜

曹叡の出生の疑惑

曹叡は204年に誕生したわけなんですが、ここで一つの疑問がわくわけです。

曹操が鄴を陥落したのは204年9月なわけです。

 

それから曹操の息子である曹丕は、甄氏をめとったわけですが、

その年に曹叡が誕生しているわけです。

 

はい、普通にというか生物学上無理があります。

最短で204年12月に曹叡が誕生したとしても4か月以内なんですから。

 

 

そもそも皇帝にもなった曹叡の誕生年が分からないのです。

分かっているのは239年に36歳で亡くなったという記録だけです。

※「三国志」明帝紀に記載が残っています。

 

皇帝にもなった人物の誕生年が書かれないというのが、

そもそもありえないことなんです。

 

そして曹丕の妻であった甄氏に対する寵愛の後の礼遇、

美人だから最初寵愛したけど、自分の後継者を考えたら甄氏が長く生きて貰っても困るといった感じにも取れます。

甄氏が亡くなれば、曹叡の後継者という目も自然につぶれるわけですから。

 

 

この時代は曹操もですが、

連れ子がいても自分の子のように育てたりはあったのでしょうが、

後継者には、本当の自分の子になってほしいと思うのが普通の親だったりしますし。

曹操の真の跡継ぎ候補だった曹沖

 

また曹叡は、曹丕に冷遇されていたことも多かったのも理由です。

実際曹丕が死ぬ直前になるまで曹叡は皇太子に立てていません。

 

この時の曹丕は死を目前にして、後継者問題で国が乱れないように、

最年長であった曹叡を仕方なく跡継ぎにしたという感じがします。

 

 

このあたりから考えても、曹丕が甄氏を妻にした時には、

既に袁煕との間に曹叡が生まれていたんじゃないでしょうかね!?

 

実際記録に残せなかっただけで、

周りの者達も暗黙の内の了解みたいなところがあった気がします。

なにを理由に曹叡は曹丕に冷遇されていたといえるのか?

いくつかありますが、

ここでは最も分かりやすい例をあげたいと思います。

 

曹叡は221年に斉公に、

222年に平原王に封じられたと言われています。

あくまで曹丕の子であるといった前提の年月日の記録年ですが・・・

 

ただ曹叡が斉公になった年である221年の8月に

甄氏は曹丕によって殺されてしまう事件が発生します。

 

 

その後、曹叡が平原王に封じられたかと思うと、

なぜか平原侯に格下げされていたと思われるような記録も残っているんです。

 

そもそも後継者にする気があったのなら、普通は王侯にしません。

普通は自分の身近においておくものです。

 

それ時点で普通は後継者にする気がなかったと受け取られるのが普通です。

本当にそもそもの話なんですけど。

 

 

ちなみに曹操は生前、曹叡の才能を愛していましたし、絶賛していました。

そのあたりからも曹丕は曹叡の扱いに非常に困ったんじゃないかなと思いますね。

曹操に溺愛された曹叡の才能

 

また明帝の「魏末伝」には、

廃嫡どころか命を失う覚悟をしていたというような記録も残っている点を考えても、

曹丕によって煙たがれていた可能性は高かった気がします。

 

曹丕も色々なことから葛藤していたんでしょうね。

「晋書」閻纘伝

「三国志」毌丘倹伝・「晋書」閻纘伝あたりを読むと、

そう取らざるを得ないような内容が書かれてあったりします。

 

特に「晋書」閻纘伝には、

晋の閻纘は、当時の皇太子廃嫡について曹叡の便宜をはかった話があります。

どうどうと描かれているわけです。

 

その内容は、

「曹叡は、母の罪により廃位されて平原侯になってしまいましたが、

曹叡の周りには優れた家臣を置き、優れた教育を受けて立派な人物に成長しました」

とはっきりと平原侯になってしまったことを書かれているんです。

陳寿の葛藤

 

平原侯に関する記述は、かなりぶれてるのは事実です。

 

曹叡は平原侯に格下げされていないと書かれたものから

格下げされているとしか取れないものとか・・・

 

 

多分三国志正史を書いた陳寿も魏晋に仕えている事からも、

魏晋が中心である前提で記載していかなければいけなかったでしょうし、

 

皇帝の事であれば、多少裏の事情があって、

はっきり書いて残せなかったところもあった気がします。

 

 

ですが私は、平原王から平原侯への格下げはあったと思っています。

 

もしなかったのなら、

皇帝曹叡の嘘話を盛り込む意味もないでしょうから。

 

また後世に矛盾とも取られかねない記述を残すというのも、

陳寿の望んでいたことでもないでしょう。

そもそも甄氏が夫に付き従わずに鄴城に滞在した不思議

 

「妻が家を守る事は普通だし、夫に従って遠征する事なんてない」

と思ってる人も多いかもしれませんが、実際は結構することは多いんです。

 

曹操も妻を連れて戦に赴いた事も多々ありますし、

放浪を続けていた劉備なんて曹操の比でないぐらい何度もやっています。

劉備の場合は、色々やばすぎて途中で妻を捨てる事も多かったようですけど。

 

 

まぁそのあたりの話はさておき、

曹操との戦いで劣勢を強いられていた袁煕が、

妻である鄒氏をそもそも鄴城においていたことがそもそも謎なんです。

 

曹操の猛攻が続いている中、

危険な状況になってきている鄴城から普通は妻を連れて逃げていても不思議じゃないわけで。

あくまで普通の感覚ならばですが・・・

鄴城にいた甄氏の当時の状況を読み解く

では何故そんな危機的状況に陥っていたのに、

甄氏は鄴城にいたんでしょうか?

 

少しこのあたりの甄氏の状況を考えてみましょう。

曹操が本格的に鄴城に侵攻したのが204年5月で陥落が204年9月です。

そして鄴城に留まる理由があり、夫である袁煕に付き従う事ができなかった。

 

 

そのあたりから読み解いてみると、甄氏はこの時まだ妊娠していたか、

曹叡がまだ生まれて間もない頃の乳児だったんじゃないかということです。

それならば甄氏が鄴城に残っていた理由に納得ができます。

 

そして曹丕はその子も含めて、甄氏を妻にしたんじゃないでしょうかね。

可能性としてはこれが自然であるように感じます。

陳寿VS裴松之(はいしょうし)

 

裴松之は、「三国志」明帝紀に書かれている曹叡の享年(死亡年齢)は、

間違って記載されているものであり、実際の享年は36歳ではなく34歳といっています。

 

この場合だと206年に曹叡は誕生している事になるので、

曹叡は曹丕と甄氏の子である事になります。

 

まぁ陳寿の書き方だと生物学上ありえないので、

裴松之はそこに注釈をつけて、つじつまをあわせたのでしょう。

 

 

ただ陳寿がわざわざ嘘をつくでしょうか?

陳寿の記載が書物の関連から偏った書き方や時には間違った書き方もあったかもしれません。

 

ですけど、魏晋に仕えて「三国志(正史)」を書いていた陳寿は、

皇帝であった曹叡の記載には誤りがないように注意していたはずです。

 

ですがはっきり書けない理由がそこにはあり、

その結果として皇帝の誕生年を書いていなかったり、

それぞれの「伝」によって矛盾が発生したりと中途半端になってしまったんではないかと思っています。