呉氏(ごし/呉皇后/穆皇后)

 

呉氏は兗州(えんしゅう)で生まれたものの、

幼い時に父親を亡くしています。

 

それからしばらくして、面識があった劉焉が益州に赴任することになり、

呉氏は兄の呉懿や従兄弟であった呉班らと共に、劉焉と一緒に益州へ同行する事になります。

劉焉・劉璋の親戚であり、劉備の親戚でもあり、優秀だったのに個人伝が残されなかった呉懿(ごい/呉壱)

 

益州に入った呉氏ですが、

ある時、「あなたは高貴な身分に昇れる人相をしているね」と言われたようです。

 

これを耳にした劉焉は、

自分の息子である劉瑁(りゅうぼう/三男)の妻になるように説得し、

呉氏もこれを承諾して劉瑁の妻になるのでした。

 

しかし劉瑁は病気の為、若くして亡くなってしまいます。

劉瑁に嫁いだはいいものの、早くも未亡人になってしまったわけです。

劉焉の死&劉備の入蜀

その後、劉焉が病気の為に亡くなります。

ただこの時跡継ぎが四男の劉璋しかいませんでした。

 

なぜかというと、

劉焉が長安を奪いたいという野心を抱いたばかりに、

 

長男の劉範(りゅうはん)・次男の劉誕(りゅうたん)を既に亡くしており、

三男の劉瑁も早死してしまったため、四男である劉璋が跡を継ぐことになったのです。

益州で独立国を夢見た劉焉

 

そういうわけで、劉璋が劉焉の跡を継ぐのですが、

 

張魯(ちょうろ)が益州へ侵略してくると、

同族であった劉備に張魯を討伐してくれるように頼みます。

 

 

ただ劉備もタイミングを見計らって益州を奪おうと考えており、

劉璋と劉備との間で戦いが勃発します。

 

結果的に劉璋が降伏した事で、劉備が益州を手中に治めます。

劉備が漢中王になる際に・・・

 

そんな時に、漢中の張魯が曹操に敗れたことで、

漢中が曹操の支配下になるのですが、

 

「漢中を敵に抑えられている状態では、益州を守る事ができない」と判断した劉備は、

劉備が漢中へ攻め込み、漢中を曹操から奪取。

 

これをきっかけに、劉備は漢中王を名乗ります。

 

劉備が漢中王を名乗った事には大事な意味があり、

前漢を打ち立てた劉邦が項羽を倒して天下統一する足掛かりとして、

「漢中王」を名乗った事にあやかったわけです。

 

 

劉備が漢中王を名乗ろうとした際、

劉備の妻であった孫尚香(孫夫人)は、呉へ帰郷した状態で、

ほとんど離縁したも同然の状態でした。

正史から見る孫夫人(孫尚香) 〜曹操・孫権と並んで脅威とされた女性〜

 

「漢中王を名乗るのに、妻がいないのはなんだかなぁ」と思った周りの者達は、

劉瑁に嫁いで未亡人になっていた呉氏と結婚する事を勧めます。

 

これに対して劉備は、

「自分と同じ同族だった妻を娶るというのはさすがに無理だ!」

と呉氏を娶る事に乗り気ではありませんでした。

法正の説得により結婚した二人

そんな劉備に、法正が説得にあたり、

「春秋時代、晋の重耳(後の文公)が覇者になっておりますが、

不遇にも各地を19年間放浪していた時代、自分の甥であった懐公の妻を娶ったことがある。

 

そこまで気にする必要もないでしょう。

逆に漢中王になるのに、妻がいない事の方が今は問題ですよ」

 

みたいな感じで法正に説得させられ、劉備と呉氏は結婚するのでした。

 

 

劉備は孫尚香の件があったから、

もう妻はいらないと思っていたのかもしれませんが、

劉備と呉氏は仲良くやっていったそうです。

 

ただ二人の間に子はおそらくいなかったのだと思います。

もしいたならば、間違いなく記録として残されているのが普通でしょうから。

 

 

その後、劉備が皇帝を名乗ると、呉氏は皇后に昇っています。

223年に劉備が白帝城で亡くなると、皇太后となります。

 

劉瑁の時もそうですが、劉備との夫婦生活も7年で終わってしまった形でした。

その後も呉氏は生き続け、245年にこの世を去っています。

 

死んだ後は、劉備と甘夫人(甘皇后)が眠る墓に入れられたそうです。

その際に呉氏には、穆(ぼく)の諡(贈り名)が贈られています。

劉備の最初の正室である糜夫人&劉備に一番長く付き従った劉禅の母、甘夫人

蜀で臣下の母や妻が正月に挨拶する事がなくなった原因は呉氏のせい?

 

劉備がこの世を去ってから11年後にあたる234年の話ですが、

呉皇太后(呉氏)の元へ、劉琰(りゅうえん)の妻であった胡氏(こし)が、

正月のあいさつに訪れた事がありました。

 

ちなみにですけど、劉琰と劉備は何の血縁関係もないです。

ただ単に劉備と同性なだけですね。

 

 

こんなに後の時代に出てきた名前なので知らない人が多いかもしれませんが、

劉備が徐州にいた頃あたりから仕えています。

 

ただそれだけ劉備・劉禅に長く仕えているにも関わらず、

びっくりするほど記録が残っていません。

 

能力が全くなかったのかとそういうわけでもなさそうで、

最終的に車騎将軍まで昇りつめています。

 

 

劉琰の妻の胡氏が呉皇太后の元へあいさつを行ったのには、

夫であった劉琰が魏延といざこざがあって諸葛亮から役目を下ろされており、

精神的にも病んでいた時でした。

 

呉皇太后の元を尋ねた胡氏ですが、呉皇太后に大変気に入られてしまい、

約1ヵ月、宮中に留まらせていたようです。

 

1か月後、劉琰の元に帰ってきた胡氏ですが、

1ヵ月も宮中にいたということは劉禅と何かあったんだろうと胡氏を疑い、

胡氏の言葉にも耳を傾けず、妻に暴力をふるってしまいます。

 

 

これがきっかけで二人は離縁するわけですが、

胡氏は理不尽な夫からの暴力を許すことができずに、劉禅に訴えました。

そうすると劉禅は、劉琰を捕らえて処刑してしまいます。

 

これがきっかけとなり、臣下の母や妻は、

正月挨拶などをすることは避けるようになったようです。

 

勿論これは蜀だけの話なんで、

魏や呉では避けたりはしてませんので悪しからず。

 

 

でもどうして呉皇太后は、

劉琰に一言弁明してあげなかったんでしょうかね?

せめて1ヵ月もとどめてしまった事に対して手紙一つでも胡氏に持たせてあげてれば・・・

 

個人的には劉琰も精神的に病んでいた時ですし、

暴力はいけませんけど、劉琰だけが全て悪いとも思えないですし、

さすがにこの件に関しては、呉皇太后にも問題があった気がしないでもありません。