「江東の二喬」と言えば、姉の大喬・妹の小喬のことであり、

絶世の美女であったことが正史にも記録が残っているほどの女性でした。

 

美女であったと言われる人物は沢山いますが、

きちんと正史にもそのことが書かれている女性は多くありません。

 

 

ちなみに趙雲との結婚を趙範から薦められた樊氏も大喬・小喬と同様に、

美女であったことが正史にも残っている女性の一人ですね。

正史にも記載が残る美貌の持ち主(美女)、樊氏(はんし)

正史に描かれている大喬・小喬の子供達

大喬は孫策と結婚しますが、その約1年後には孫策は亡くなっており、

二人の間に子供はいなかったと一般的にはされています。

 

一方の小喬は、周瑜と結婚し、

孫策と違って長生きとはいえないけれども、周瑜は35歳まで生きているので、

約11年間、夫婦生活を送っていました。

 

 

ちなみに周瑜と小喬の間に子供がいたかとなると、

 

正史に記載されていない為、

子供を授かっているかもしれないし、授かっていないかもしれない。

 

結局のところ、小喬の方も子供がいたかどうかは不明なんですよね。

 

 

まぁ11年間、夫婦生活を送っているので、

普通に考えたら子供がいたとしても全然不思議ではないかなと思いますが・・・

 

ただ記録が残っていない以上、あくまで不明の域を出れないんです。

孫策・周瑜に愛された江東の二喬(大喬・小喬)

大喬に子供がいた可能性を探る

 

袁術が死んだのが199年の6月で、

袁術の家臣であった劉勲が勢力拡大してきたのがそれ以降というのを考えると、

まず孫策と小喬が結婚したのは最低でも199年7月以降で、正確な月日は不明。

 

次に孫策が許貢の食客に襲われて最終的に死亡したのが200年5月5日。

 

孫策と小喬が結婚していた期間は、

7月1日に結婚していたと仮定して約11か月。

 

実際8月以降の可能性もあるんで、

その場合は最大でも結婚していた期間は10か月ということになります。

 

そして生物学的に妊娠してから子供が生まれるまで、

大体10か月かかります。

 

そう考えると、孫策が亡くなった時に生まれたばかりか、

孫策の生存時にはまだ生まれていなかった可能性は普通にありますね。

 

 

大体生物学的に可能性がある最大期間で考えると、

200年4月初旬〜201年2月の間に生まれた子がもしいれば、

 

大喬が生んだ可能性は十分にあることが言えます。

孫策の子供達の痕跡から探る

次に孫策の子供達ですが、息子は孫紹(そんしょう)のみでした。

他には3人の娘が生まれています。

 

3人の娘たちは、後に朱紀(朱治の子)・顧邵(顧雍の子)・陸遜に嫁いでいますが、

結婚した時期などを考えた際、不自然に感じる点が多い事からまずなさそう。

 

世の中絶対という事はないので少なからず可能性はあるものの、

それでも孫策・大喬が結婚していた時期を考えると、

かなり厳しいというのが正直な所です。

 

 

それに対して孫策の唯一の息子であった孫紹はどうでしょうか?

 

孫策が死去した時に、重臣であった張昭に対して弟の孫権の補佐を任せ、

もし孫権がどうしようもないやつだったら代わりに私の軍を率いていいとまで言っていることが、

正史にもきちんと残されています。

 

劉備が死ぬ直線に、諸葛亮に劉禅を任せた時とまさに瓜二つです。

 

 

孫策の子供が生まれていたとしても、まだ生後1ヵ月程度の赤ん坊。

さすがに幼いにも限界がありすぎた気がします。

 

またこれは最大で考えられる期間であって、

実際孫策が死亡した時には生まれていなかった可能性を考えるのが自然だなと思います。

 

 

そう考えると、孫策の子であった孫紹を跡継ぎにしなかったのは、

 

大喬が孫紹をお腹に宿していたけど、

まだ生まれていなかった為に孫権を跡継ぎにしたと言えるんじゃないでしょうか?

 

 

実際孫紹の母が誰かと言うのは分かっていません。

 

ですが、時代の移り変わりによる前後関係を見ると、

孫紹は大喬の子であった可能性は普通にあります。

 

孫策は大喬と結婚したばかりで寵愛を受けていた事も考えると尚更です。

小喬に子供がいた可能性を探る

 

小喬が周瑜と結婚したのは、孫策大喬と同じく早くても199年7月頃。

周瑜が35歳で亡くなったのが210年。

 

そのことからも、周瑜と小喬の結婚生活は約11年続いているので、

二人の間に子供がいた可能性は相当高いと思われます。

 

 

そして周瑜は生涯を通じて、周循・周胤の二人の息子、一人の娘を授かっています。

絶対音感の持ち主、周瑜!?

 

周瑜は美周郎と呼ばれた程の美男子であったことから、

小喬以外にも妻を娶っていた可能性も十分にあるけれども、他妻について一切の記録が残っていません。

 

 

その点を考えると、もしかしたら小喬が初めての妻であり、

絶世の美女であった小喬を生涯愛し続けた可能性もあると思います。

 

そして2人の息子と一人の娘を授かったという流れですね。

 

このあたりから推測した場合、

正史に残っている周瑜の子供全員がそもそも小喬の子であった可能性はあると思います。

周瑜の子供たちのその後

長男であった周循は周瑜の面影があったらしく、

孫権と歩夫人の娘である孫魯班を妻に娶っていますが、残念ながら早世してしまいました。

 

次男であった周胤も孫権の一族の娘を妻に娶っているけれども

素行が悪かった事もあり、最終的に不遇の死を迎えてしまっています。

 

ちなみに娘であった周妃(しゅうひ)は、

孫権の息子であり、皇太子でもあった孫登に嫁いでいます。

 

しかし周妃の夫である孫登も早世していますが、

それ以上に早く周妃は早世しています。

 

 

周瑜の二人の息子は孫権の一族の女性を娶っており、

一人の娘であった周妃も孫権の息子で皇太子であった孫登に嫁いでおり、

孫権が周瑜に対してどれだけ信頼していたかが伺えます。

 

ただ残念な事と言えば、

周瑜の子供達は全員早く死んでしまったということです。

二人には子供がいた可能性があった

「大喬は孫策との間に子供がいなかった」

「一方の小喬も周瑜との間に子供がいたかどうかは不明」

というのが記録が残っていない点からの一般的な考えではありますけど、

 

こういうふうに歴史を前後から読み解いて想像する事で、

大喬・小喬の二人とも孫策・周瑜との間に子供がいた可能性はある事が分かります。

 

 

もし孫紹が大喬の子供でなかったとしても、

周瑜と小喬の間には、相当高い確率で子供は生まれていたと思います。

 

一人であったか二人であったか三人であったかの違いだけです。

大喬・小喬のその後

ただ大喬・小喬は、夫を亡くした後、

幸せに過ごしていたのかどうかまではさすがに分かりませんが、

 

大喬は結婚してすぐに孫策を無くしている事からも、

幸せな人生は送れなかったかもしれません。

 

 

しかし、小喬は周瑜と11年間の期間を共に過ごすことができ、

子供を授かっていたとしたら幸せな生活を送れた可能性は高そうです。

 

ただ小喬と周瑜との間に子供がいて、

その子供達が周循・周胤・周妃であったならば、

 

周瑜・周循・周胤・周妃と夫と子供を立て続けに無くしている事になり、

悲しい人生を送った可能性はあるかもしれませんね。