賈充(かじゅう)

賈充は、魏の名臣であった賈逵の子としてこの世に生まれています。

 

しかし父であった賈逵が228年に病気で死んでしまうと、

賈充は若干12歳で父の爵位であった陽里亭侯を引き継ぎました。

 

 

賈充は曹爽一派に採り立てられますが、

 

曹爽らが司馬懿のクーデターによって処刑されてしまったことで、

処刑こそ免れたものの免官されてしまいます。

司馬氏の腹心

免官されてしまった賈充ですが、

その後政権を握った司馬一族に採り立てられていく事になります。

 

毌丘倹・文欽の乱がおこった時には、

司馬師の参謀としてこの討伐に付き従ってしますし、

 

司馬師がこの戦いで文欽の子であった文鴦の突撃によって、

左目が飛び出してしまった事がきっかけで死去すると、

 

今度は司馬師の弟であった司馬昭の腹心として活躍していきます。

「趙雲の再来」と言われた一騎当千の猛将、文鴦(ぶんおう)

 

諸葛誕が寿春で怪しい動きをしだすと、

賈充は司馬昭の使者として諸葛誕の元を訪れて、

 

諸葛誕が謀反を企んでいると判断して、そのことを司馬昭に報告。

 

賈充から報告を受けた司馬昭は、

諸葛誕の討伐に乗り出して鎮圧に成功しています。

 

 

毌丘倹・文欽・諸葛誕と司馬一族から見たら逆賊になるけれども、

魏の曹一族からしてみれば、この三人は忠義の士ともいえるわけなので、

 

やはり弱い者は悪みたいに歴史の中で悪として捉えられ、

強い者が正義で歴史を作っていくんだなぁと思う事例の一つだと改めて思いますね。

高句麗討伐最大の功労者で、魏への忠誠を貫いた毌丘倹(かんきゅうけん)

司馬一族に反乱を起こした魏の諸葛一族、諸葛誕(しょかつたん)/【諸葛亮=龍、諸葛瑾=虎、諸葛誕=狗】

魏帝曹髦の殺害事件

魏の皇帝だった曹髦は、司馬一族の専横を許すことができず、

皇帝の身でありながら司馬一族を討ち滅ぼすべく兵を起こします。

 

曹髦は皇帝の身であったことからも、

周りの者達は自分を攻撃する事ができないと予測しており、

 

小数の兵力のみで曹髦は動き出したわけです。

 

そして曹髦が予想した通り、誰も皇帝であった曹髦を攻撃する事ができず、

曹髦の計画通りにことは進んでいました。

 

 

しかしここで、司馬師の腹心でもあった賈充が立ちはだかり、

部下であった成済せいせいに対して「後から罪に問う事はない!」と言うと、

 

成済は賈充の言葉を信じて、曹髦を殺害してしまいます。

 

 

実質司馬昭は魏皇帝を殺す意思があったにも関わらず、

「自分は何も知りませんよ。罪は全くないからね。」とすっとぼけ、

 

また殺害命令を出した賈充も罪に問われる事はありませんでした。

 

 

一方の成済は皇帝殺しの全ての責任を負わされた形で、

司馬師・賈充に代わって一族皆殺しにされてしまったわけです。

 

成済は死ぬ直前まで、

二人の悪口を言いながら処刑されたといいます。

司馬炎の即位と晋の建国

 

263年に蜀が滅亡するんですが、

それから間もなく司馬昭がこの世を去ってしまいます。

 

その後、司馬炎が跡を継ぐわけですが、

賈充は司馬師・司馬昭同様に司馬炎を盛り立てていくことになります。

 

魏皇帝の曹奐から禅譲を受けた形で司馬炎は晋を建国。

これによって曹丕から続いてきた魏は滅亡。

 

この時、賈充は晋建国の功績者の一人として名が挙げられています。

呉討伐に大反対

蜀を滅ぼし、魏を滅ぼした司馬炎にとって、

残された敵は孫晧が治める呉だけとなっていました。

 

賈充は呉討伐にはずっと反対しており、

羊祜・杜預・張華といった呉討伐を主張する者達と意見がぶつかっていましたが、

 

魏のことを思い続けて呉討伐を主張した羊祜の死によって、

ついに司馬炎は呉討伐に乗り出します。

 

この時も賈充は呉討伐に反対し続けたそうです。

 

 

それでも司馬炎は賈充の意見をきくことはなく、

逆に呉討伐の総司令官を任さます。

 

呉は孫晧の暴政によって国は疲弊しており、

晋軍は呉軍を破竹の勢いで破り続けて、280年に呉を滅ぼしました。

 

賈充は呉を滅ぼす最後の最後まで、呉討伐に反対し続けたと言います。

なんでそこまで反対し続けたかは分かりませんが・・・

 

 

賈充の思惑と違い、これにて司馬炎は天下統一を果たすわけですが、

 

呉討伐に反対し続けた賈充の立場が悪くなるようなことは一切なく、

賈充の晋国の中での立場は確固たるものとなっていきました。

㉒晋の天下統一

娘の賈南風(かなんぷう)

天下統一を果たし、晋国内での地位を確立した賈充でしたが、

最終的に司馬炎の息子(次男)であった司馬衷しばちゅうに娘の賈南風を嫁がせることに成功。

 

これにより賈充は、

司馬炎の後継者候補の外戚にまで昇り詰めたわけです。

 

魏皇帝を殺しながら、晋政権でも確固たる地位を築いた賈充でしたが、

282年にこの世を去ります。

 

 

290年に司馬炎が死去した際は、

賈南風の夫である司馬衷が皇帝に即位したのでした。

 

しかし賈南風のせいで、

最終的に賈一族は処刑されてしまうのは皮肉な話です。

三国時代随一の悪女、賈南風(かなんぷう)

曹髦殺害事件の裏側の逸話

賈充の母であり、賈逵の妻であった柳氏は節義を重んじる女性であり、

成済が皇帝の曹髦を殺したことを心底非難していました。

 

ただ成済はあくまで被害者であり、

それを命じたのがまさか自分の息子だったとは夢にも思っていなかったのです。

 

周りの者達はその事実を知ってはいたものの、

その事実を柳氏は最後まで知ることはありませんでした。

 

 

もしも柳氏がその事実を知ったならば、

恥ずかしさのあまりに自殺した可能性は十分にあると思います。

 

賈充が最後までその事実を母親に隠し通せたことが、

一番の親孝行だったのかもしれませんね。