中国の歴史上、悪女と呼ばれる女性は何人も存在しますが、

 

今回紹介する賈南風は、

三国時代でもっとも悪女といえる女性かもしれません。

 

そんな賈南風の生涯にスポットをあてていきたいと思います。

 

 

ちなみに賈南風が幼い頃に蜀が滅んでおり、

蜀を滅ぼした魏もそれから間もなくして司馬炎によって滅ぼされていて、

 

賈南風の悪女ぶりが爆発するのは、

晋が呉を滅ぼした(280年)前後からの話になるので、

 

正確に言うと魏呉蜀に分かれていた三国時代ではないですけど、

そういう歴史年代的な突っ込みはなしでお願いします。

賈充の三女、賈南風(かなんぷう)

賈南風は晋の功臣であった賈充の三女として誕生します。

 

ちなみに母は賈南風の母親は郭槐かくかいといいますが、

この女性は賈充が再婚した女性であり、賈充と郭槐にとっては長女にあたります。

 

 

賈南風の二人の姉は、

賈充の前妻であった李婉りえんとの間に生まれた子供なので、

 

賈南風とは母親は違う事になりますね。

 

そして賈南風は決して美しい女性というわけでなく、

背が低く、肌の色も黒く、お世辞にも美女と言える女性ではなかったそうです。

賈充 -魏帝曹髦殺害の犯人-

司馬衷の妻に選ばれる

ある時、晋の皇帝であった司馬炎が、

自分の皇太子であった司馬衷しばちゅうの嫁探しをした際に、

 

その最たる候補に衛瓘えいかんの娘と賈充の娘がその候補に持ち上げれます。

 

 

衛瓘の娘は賈南風と違って、色白な上に美しい女性だったといいます。

また美貌だけでなく賢い女性でもありました。

 

司馬衷が好きな方を選んでよかったのなら、おそらく衛瓘の娘を娶った事でしょう。

 

 

しかし、この時代は自分の遺志で夫を選ぶことが困難な時代で、

女性は政略結婚として利用される事が大半でした。

 

賈充は司馬一族にとっては大功ある身であったため、

周りの者達のほとんどが賈充の娘であった賈南風を推します。

 

それにより賈南風が衛瓘の娘を差し置いて、司馬衷の妻に選ばれる事になったわけですね。

この時の賈南風は、まだ17歳だったといいます。

司馬衷の廃太子を防いだ賈南風

司馬炎の跡継ぎ筆頭だった司馬衷ですが、

もともと司馬衷には兄の司馬軌(司馬炎の長男)がいました。

 

しかし司馬軌が2歳で早世したために、

年齢的にも自然と司馬衷が跡継ぎ候補になっていたわけです。

 

 

しかし司馬衷があまりにも頭が悪く、

誰の目から見ても皇帝の器になれる人物には見えず、

 

衛瓘を筆頭に多くの者達が、司馬衷から太子を代えた方が良いと訴えていました。

 

 

司馬衷の母である楊艶ようえん(楊皇后)は、

自分がお腹を痛めて生んだ司馬衷を変わらず溺愛しており、

 

夫である司馬炎に司馬衷に太子から外さないでほしいと嘆願した話も残っています。

 

そのような母親の嘆願もあってからか、

結果として司馬衷は太子を廃される事はありませんでした。

司馬衷へのカンニング

ただ司馬炎は、楊艶からの嘆願もありましたが、

 

本当に司馬衷が自分の跡を継いで国を守目て行けるか心配になり、

現在の天下の情勢にあった質問が書かれた紙が司馬衷に渡されました。

 

これは司馬炎にとってどういう意図があったかというと、

司馬衷が自分の跡をきちんと継いでいけるか試験をしたわけですね。

 

 

周りからも司馬炎の跡を継げる器を持ち合わせていないといわれていた司馬衷が、

まともな回答ができない事を、妻であった賈南風も見抜いていました。

 

そして夫が太子の座から廃されることを防ぐ為に、

学者を集めて問題を解かせます。

 

また完璧すぎる回答をしても怪しまれると思った賈南風は、

完璧ではなく、またバカ丸出しでもなく、普通ぐらいの回答を再度作らせ、

 

それを司馬衷に見せて同じように司馬衷に書かせたわけです。

 

 

司馬衷のカンニングして書いた回答を見た司馬炎は、

賈南風にまんまと騙される形で、司馬衷を太子から外すことはありませんでした。

嫉妬が抑えきれなくてつい・・・

賈南風は上でも述べたように、一言で言うと不細工な女性でした。

 

あくまで晋にとって大功のある賈充の娘というだけで、

司馬衷の妻に運よくなれたにすぎません。

 

しかし不細工だからかもしれませんが、

司馬衷の側室らにも嫉妬心が抑えきれないでいました。

 

司馬衷はそんな賈南風に恐怖すら感じていたといいます。

 

 

そして司馬衷の側室が司馬衷の子をお腹に宿した際、

自分と司馬衷との間に男子がいなかったこともあり、お腹の子ごとその側室を殺害。

 

これには司馬衷の父であった司馬炎も激怒し、

賈南風を金墉城に幽閉してしまいます。

 

しかし賈充の娘ということもあってか、最終的に罪を許される事に・・・

司馬衷の即位&賈南風の皇后就任

 

司馬炎が呉を平定して10年の月日が流れ、

司馬炎が亡くなってしまいます。

 

これにより太子であった司馬衷は司馬炎の跡を継いで皇帝になり、

その妻であった賈南風は自然と皇后に昇り詰める事になったわけですが、

 

これによって賈南風が大暴れすることに・・・

粛清の嵐

賈南風が側室を殺害した時に、

 

賈南風の罪が許されるように司馬炎に働きかけたのが、

楊艶が死んだ後に司馬炎の正室になっていた同じ楊一族の楊芷ようしで、

 

司馬炎の妻ということもあり、楊一族は強い力を持つようになってきます。

 

 

ただ賈南風は、自分を助けるために働きかけてくれたのが楊芷だと知らず、

生意気な意見をしてくるうるさい奴だと考えていました。

 

そして賈南風は、楊芷の一族から権力を奪う為に、

司馬衷の弟である司馬瑋しばいを抱き込んで、

 

以前に司馬衷から太子を変えた方が良いと意見していた衛瓘えいかん

司馬懿の子であった司馬亮を殺害してしまいます。

 

そして楊一族の力が薄れた時を見計らって皆殺しにしてしまうわけです。

 

 

ちなみに父であった賈充は、

太子を代えるように進言した衛瓘を深く恨んでおり、

 

「衛瓘の野郎が我が家を滅ぼそうとしやがった! いつか衛瓘の一族を滅ぼしてやるぞ!!」

と賈南風に語ったという話も残っています。

 

 

楊芷の最後はどうだったかというと、

過去に賈南風が幽閉された金墉城に楊芷を幽閉し、金墉城で食を絶たれて8日後に餓死。

 

賈南風はこれだけに飽き足らず、

味方してくれた司馬瑋が力を持つことを恐れて殺害してしまいます。

 

司馬衷が司馬炎の跡を継いだことで皇后になった賈南風は、

皇后という立場を最大限に活かして、粛清を続けていったのでした。

太子殺害事件

299年には、司馬衷の男子はほとんど死んでしまっており、

生き残っていたのは司馬遹しばいつだけでした。

 

賈南風はそんな司馬遹を太子の座から引きずり落とします。

 

 

もともと司馬遹に関しては、賈南風の母であった郭槐かくかいは、

 

賈南風に男子がいなかったことから、

司馬遹を養子として迎えるように言ったりしてましたが、

 

賈南風はどうしても司馬遹が好きになれず、

母親の言葉に耳を傾ける事はなく、最終的には上のような行動にでたわけです。

 

 

その後司馬遹が、太子に戻ろうと考えている話を耳にすると、

最終的に司馬遹を殺害してしまいます。

 

司馬遹のこの動きには裏で糸を引いていた人物がおり、

それが司馬炎の弟である司馬攸の子である司馬冏しばけいと司馬懿の子である司馬倫しばりんでした。

賈南風の最後

賈南風が司馬遹を殺害した事を知ると、

司馬冏と司馬倫は兵を起こして賈南風を捕らえる事に成功します。

 

これにより賈南風や賈南風の妹の一族などは皆殺しに・・・。

 

ちなみに賈南風の最後は、

毒酒を無理やりに飲まさる形で最後を迎えたそうです。

 

 

賈南風によって乱れに乱れた晋は、

その後「八王の乱」という司馬一族同士で争い、弱体化していくのでした。

 

晋が天下統一を果たすものの、その後間もなくして滅んでしまったのは、

賈南風のせいだといっていいと思いますね。

 

それから581年に隋が中国を統一するまで戦乱の世は続いていく事になります。