袁紹亡き後、遺児であった袁譚・袁尚が後継者争いを起こしたことで、

名門袁家は没落の一途を辿っていきます。

 

そんな狭間の中で、

袁家最後といってもいい意地を見せたのが高幹という人物でした。

高幹(こうかん)

高幹は袁紹に仕えた人物で、古参の一人になります。

 

また古参というだけでなく、

「高」と姓は違いますが、袁紹の甥にあたる人物です。

 

 

袁紹が韓馥から冀州を奪い、華北四郡を手中に収めると、

高幹は并州を任されるほどの大抜擢を受けることとなりました。

 

一州を任されるというのは普通にすごいことであり、

当時高幹以外に州を任された人物は、袁譚(青州)・袁煕(幽州)ぐらいしかいません。

 

まぁ結局、一族の者を選んでいるわけですけど、

高幹は文武に優れた人物であり、それを評価されての抜擢でした。

袁家分裂で袁尚側に味方する

 

曹操と袁紹が官渡の戦いで激突し、

曹操軍の勝利に終わって2年も経たないうちに、袁紹がこの世を去ります。

 

袁紹が後継者を最後まで決めていなかったことが原因で、

袁家が袁譚派(長男)と袁尚派(三男)に分裂。

 

 

この時に袁譚・袁尚以上に、

袁紹の臣下らが二人を持ち上げていった事で亀裂が大きくなっていきます。

 

袁譚を持ち上げた主要人物に郭図・辛評がおり、

袁尚を持ち上げた主要人物には審配・逢紀がいました。

 

比較的に仲が良い者達がタッグを組んだ形になったわけです。

 

この時并州を任されていた高幹は、

冀州に拠点をおいていた袁尚に味方する事を決意したようですね。

袁譚・袁煕・袁尚 -袁家滅亡を加速させた袁紹の遺児達-

高幹・郭援VS馬超・龐統

袁尚と袁譚は仲違いしながらも、攻めてきた曹操軍と戦う事になります。

 

この時に袁尚は、曹操軍の背後を襲わせるべく、

高幹・郭援に出撃命令を出したわけです。

 

そして袁紹は、曹操側であった涼州の馬騰・韓遂と密約を交わし、

呼廚泉こちゅうせんを曹操から寝返らせることに成功。

 

 

ちなみに呼廚泉とは、於夫羅の弟であり、

兄の死後に於夫羅の跡を継いで匈奴の単于(王)となっていた人物でした。

 

しかし於夫羅同様に呼廚泉も、

半ば中国に帰化しているような立ち位置であり、

 

単于でありながら、於夫羅も呼廚泉も曹操に仕えているような状態だったわけです。

 

これにより曹操軍の背後をつくために動いた高幹・郭援らの兵力は、

彼らの協力もあり、数万にも膨れ上がっていきます。

 

 

これに危機感を覚えた曹操側は、馬騰に使者を送り、

再度馬騰・韓遂らを味方に引きいれる事に成功しました。

 

そして馬騰は、高幹・郭援との密約を白紙に戻し、

曹操への援軍として馬超・龐徳を送ります。

 

本来であれば高幹・郭援側で味方として戦うはずであった馬超・龐徳と敵として戦う羽目になり、

半ば同士討ちのような状態になってしまいます。

 

この戦いで郭援は龐徳に討ち取られ、

残された高幹・呼廚泉も危機的状況に追い込まれていきました。

 

 

そんな折りに、袁譚と袁尚の関係が完全に壊れ、

袁譚と袁尚の兄弟争いが激化していきます。

 

この戦いで、袁尚に追い込まれた袁譚は、

敵であった曹操と同盟を結び、袁尚の拠点であった鄴を陥落させます。

 

鄴陥落の話を聞いた高幹・呼廚泉らは、

これ以上は曹操に歯向かっても厳しい結果になるだろうと判断して、曹操に降伏。

 

これにより曹操は并州を手中に収める事に成功したわけです。

 

 

曹操に降伏した高幹でしたが、

袁紹・袁尚時代と同様にそのまま并州の統治を任されています。

 

普通ならば降将にそのまま一州を任せること自体異例なことであり、

高幹が優れた将であり、曹操によって認められていたのかもしれませんね。

 

 

そうでなければ、袁紹の遺児達との攻防戦が続いていた事もあり、

 

そこまで人材を回す余裕がなかったので、

并州を治めていた高幹にそのまま統治を任せただけという考えもできますが・・・

袁一族としての最後の意地

曹操・袁譚の協力関係により、

袁紹の次男・三男の袁煕・袁尚が冀州から追い払われ、

 

そして曹操と協力関係にあった袁譚が、

曹操にはめられたような形で討ち取られてしまいます。

 

 

また并州を任されていた高幹は、

龐徳・馬超らに打ち破られた事がきっかけとなり、曹操に降伏しているという現状。

 

袁紹が残した四郡の地域の多くが、

曹操の手中に落ちたということになるわけですが、

 

ここで曹操に降伏していたはずの高幹が曹操に反旗を翻します。

曹操が鳥丸族と手を組んだ袁煕・袁尚らの討伐に向かった隙をついての決行でした。

 

これはあくまで高幹の独断であり、

袁煕・袁尚らと示し合わせての行動ではなかったようです。

 

また高幹の動きは迅速で、

冀州から并州に向かう際に設けられていた壺関を占領し、

 

衛固・張琰・張白騎らを味方に引き入れ、曹操領へ攻め込みます。

 

 

しかし曹操軍の反撃を受けて衛固・張琰は討死し、張白騎も逃亡。

反乱の首謀者であった高幹は壺関に閉じこもる始末。

 

その後曹操が大軍を率いて壺関に攻め寄せると、

3カ月の間なんとか耐えた高幹でしたが、壺関は陥落してしまいます。

 

壺関が落とされた事で高幹は逃亡して高幹の反乱は幕を閉じたわけですが、

袁一族として最後の意地を曹操に見せつけたのです。

壺関の戦いの裏話

曹操を裏切り壺関に立て籠もっていた高幹に対して、

曹操は皆殺しにしろと命令を出し、激しい攻撃を続けます。

 

しかし降伏しても殺されるぐらいならと、

高幹の兵士達は死に物狂いで壺関を守ったことで、曹操は壺関を落とすことができずに・・・

 

 

この時に曹仁は、曹操に次のようにいいます。

「城や砦を包囲する際は、絶対に生き残れる道を残しておくべきものですよ。

 

今の状態を見れば分かりますけど、

絶対に殺されると分かっていれば相手は死に物狂いで抵抗するのは当たり前です。

 

ましては壺関はたたでさえ堅固な砦(城)なのですから・・・」

 

 

曹仁の言葉を聞いた曹操は「最もな話だ!」と納得し、曹仁の考えを採用。

 

その結果、壺関に立て籠もる高幹軍の多くの兵士が降伏し、

壺関は陥落ししてこの戦いに決着がついたというわけですね。

曹仁なくして曹操なし

高幹の最後

曹操は高幹に対して追手を差し向けますが、

高幹は曹操包囲網からなんとか逃げる事に成功します。

 

しかしそれからしばらくして、

思わぬ所で高幹が捕らえらることになります。

 

 

高幹は逃げる際に、曹操領地を横断する形で荊州へ逃げていたのです。

 

そして曹操領をあと少しで突破できるという時に、

曹操側の王琰に捕まってしまったわけですね。

 

もしここで高幹が捕まっていなければ、

袁紹と所縁が強かった劉表に仕えたりしたかもしれませんね。

 

あくまでタラレバですが・・・

 

 

しかしそれはあくまでタラレバであり、

王琰に捕らえられた高幹は普通に処刑されてしまいます。

 

処刑された高幹の首は曹操に届けられたそうです。

 

 

袁譚がこの世を去り、高幹の反乱も失敗に終わったことで、

残された袁煕・袁尚にも滅亡の足音が歩み寄っているのでした。

 

袁家にとって最大の敵は曹操ではなく、

自分の息子達だったとは、死ぬ前の袁紹は予想さえしなかったでしょうね。