日本の教科書等で、平城京(奈良時代)・平安京(平安時代)という言葉を

一度は聞いた事ある人が多いんじゃないでしょうか!?

 

 

ただこの平城京・平安京の原点を探っていくと、

曹操が本拠地とした「ぎょう」にまで遡ります。

 

今回は平城京・平安京にまで影響を与えた曹操の偉業の一つを見ていきたいと思います。

平城京・平安京とは?

そもそも平城京・平安京とはなんなんでしょうか?

 

学校の授業で一度は習ったことある人が多いと思いますが、

平城京は710年に、それまで都であった藤原京から遷都が行われました。

 

710年と言えば、奈良時代にあたります。

 

 

 

その後784年に平城京から長岡京に遷都が行われ、

 

それから10年後の794年に、長岡京から平安京へ遷都が行われています。

この時代は、平安時代にあたります。

 

現在の京都市の市街地は、

この平安京をベースとなった街並みが今でも見る事ができます。

 

 

どちらも共通点としてあげられることは、

 

都全体が碁盤の目のように綺麗に区画整理されており、

唐時代の中心都市であった長安や洛陽を真似て作られたという点ですね。

 

 

この頃の中国の都市の特徴として、

一つの町全体を城壁で囲んで、町全体が一つの城となっており、

 

一つだけ日本の平城京・平安京と大きく違う点は、

どちらにも町全体を守る為の城壁がないというところでしょう。

曹操の本拠地であった「鄴」

少しややこしいのですが、後漢皇帝の都は許昌(許都)であり、

曹操が本拠地としていた都市は「鄴」でした。

 

鄴はもともと韓馥がの本拠地で、

袁紹が韓馥から奪った後は袁紹の本拠地となっていました。

 

 

袁紹没後は、

袁紹の遺児であった袁尚が鄴に本拠地を置きますが、

 

袁尚と袁譚の兄弟争いにつけ込んだ曹操によって奪われてからは、

曹操の本拠地として活動していく拠点となります。

 

この鄴で曹操が銅雀台どうじゃくだいを建設したのは有名な話です。

 

 

曹操はこの鄴の都市構造を大きく変化させるのですが、

それが息子の曹丕の代に、魏の都になった洛陽にも取り入れられました。

 

 

また長安も洛陽の都市構造を参考にし、変化していきます。

 

隋・唐でも曹操が始めた都市構造が引き継がれる形となり、

それが日本の平城京・平安京にも参考にされたという流れですね。

曹操が始めた都市構造とは?

曹操以前の春秋戦国時代や漢王朝時代の都市にも、

一つの町全部を城壁で囲むという中国都市の伝統みたいなのはありました。

 

 

ただ春秋戦国時代や漢王朝時代は、

 

城壁の中に分散される形で宮殿がおかれており、

民間居住区(民衆)と行政区が入り乱れて存在していました。

 

 

これを曹操は、北部に行政区を集中させ、

それ以外の場所に民間居住区をおき、完全に行政区と民間居住区を分けてしまいます。

 

またそれだけでなく、

曹操は鄴都を碁盤の目のように区画整理を行いました。

 

 

この碁盤の目のような街づくりは、曹丕が洛陽でも取り入れ、

後に長安でも取り入れられ、隋や唐のように後の王朝にも引き継がれていき、

 

それが日本にも影響を与えたのです。

北魏時代の洛陽城

曹操が始めた鄴都の構造は、

五胡十六国時代を終焉に導いた北魏の時代(386年 ~534年)の資料で見る事ができます。

 

曹操が当時鄴で始めたことが、約1800年の月日を経て、

現在の中国(北京)や日本(京都)の街並みとして残っているとは不思議な感じがします。

隋唐の洛陽城

後漢王朝や魏(曹家)の都であった洛陽の位置から、

隋唐の時代の洛陽は少し位置が変わっています。

 

曹操・曹丕の時代の洛陽から長安方面に少し近づけたような位置であり、

都市としての規模が拡大されていますしね。

 

しかし曹操がはじめたものは、隋唐時代になっても引き継がれています。

最後に・・・

曹操がやったことは、たんに中国の三分の二を支配したことではなく、

曹操自身が始めた画期的なものがたくさんあります。

 

それが曹操が偉人であり、未だに評価される最大の理由です。

この鄴都の新たな都市構造は、曹操がやったもののたった一つに過ぎません。

 

 

だけれどもこの鄴都の改築が、

それから約500年~600年後の平城京・平安京に影響を与え、

 

約1800年後の現在にも影響を与えていると考えると感慨深いものですね。