三国時代の中で、おそらく後世に大きな影響を与えた人物は、

今回紹介する蔡琰さいえんでしょう。

 

この時代、女性の名が記録に残ることはほとんどなく、

残っても有名な人物に嫁いだ女性であり、それでも〇氏とか〇夫人とか〇皇后という名だけです。

 

 

しかし蔡琰という女性は、姓名がはっきりと残っています。

 

女性の地位が低かったこの時代で、多大な功績を残したからこそ、

その名が後世まで残り続けたのでしょうね。

蔡琰(さいえん/文姫)

蔡琰は董卓に重く用いられた蔡邕さいようの娘ですが、

この時代に珍しく姓が「蔡」、名が「琰」が残っている女性です。

 

また姓名だけでなく、

あざなが「文姫」ということまで記録として残っています。

 

 

蔡琰は蔡邕の娘として、

普通の娘と同じように衛仲道という人物に嫁いでいます。

 

しかし二人の間に子が産まれる事はなく、衛仲道は早世してしまったのです。

夫が亡くなった後は、蔡邕のいた実家へ出戻りしています。

董卓に絶大な信頼を寄せられた蔡邕(さいよう)

波乱万丈な人生の分岐点

董卓が洛陽へ入城を果たし、独裁政治を強いると、

蔡琰の父であった蔡邕を気に入り、重く採り立てられる事となります。

 

この時までの蔡琰の人生は、

夫に先立たれてしまったもののある程度幸せな時だったでしょう。

 

 

しかし董卓が王允・呂布に殺害され、

父であった蔡邕が処刑されてしまってからの蔡琰は辛い人生を歩むこととなります。

 

 

ちなみに董卓を殺害し、蔡邕を処刑した王允・呂布でしたが、

 

王允は董卓配下であった李傕・郭汜の残党軍に蹴散らされて処刑されてしまい、

武勇に優れていた呂布は長安から逃亡していく始末。

 

 

その後も李傕・郭汜による仲違いによる争いが続きますが、

このどさくさに紛れた形で、蔡琰は匈奴の騎馬兵に拉致されてしまったのです。

 

そしてあろうことか、劉豹の妻として迎え入れられています。

それから12年間匈奴で過ごすことになったのですが、その間に二人の子をもうけています。

 

 

劉豹は於夫羅の子であり、呼廚泉は叔父にあたります。

 

また劉豹の子である劉淵は魏呉蜀を滅ぼして天下を統一した晋に亀裂を生じさせ、

漢(後の前趙/五胡十六国時代)を建てています。

 

 

実際血のつながりは全くないのですが、

 

前漢(劉邦)・後漢(劉秀)・蜀漢(劉備)の後継者と称して、

晋の天下から五胡十六国時代の戦乱の世に戻すきっかけを与えた人物でもあります。

 

魏に敗れた蜀ですけど、

その無念を劉淵が引き継いだような設定になりますね。

 

またこの時の話を記した「三国志後伝(続三国志)」という小説も、

「三国志演義」と同様に明の時代に書かれ、民衆から人気を獲得しています。

 

 

この話は、蜀が263年に滅亡した後、

 

劉備・関羽・張飛・趙雲・諸葛亮と言った蜀の中心的人物の子孫達が匈奴の地に集まり、

劉備の孫(劉禅の七男)である劉璩りゅうけんが劉淵を名乗って晋(西晋)を滅ぼすといった内容ですね。

 

 

結構面白い話なので、

三国志が好きな人は一度読んでみると良いかもしれません。

 

特に三国志演義が好きな人にとっては、劉備の志が受け継がれて西晋を滅ぼすわけですから、

蜀のファンにとっては、嬉しい展開ということが言えますからね。

蔡琰は劉豹の正室or側室

蔡琰が劉豹の正室か側室かどちらかで言うと、

非常に高い確率で側室だったんだろうと思います。

 

後に曹操のはからいによって帰郷が許される事になるのですが、

蔡琰を「買い戻す」といった表現が「後漢書」という歴史書に見られます。

 

実際金銀財宝を劉豹に支払う形で、曹操は蔡琰を取り戻しているわけです。

 

 

もしも妻になった経過がどうであれ、

劉豹の正室であったならば「買い戻す」という表現は圧倒的に失礼な事にあたるために、

 

そういった表記は間違いなくされなかったでしょうし・・・

 

 

そのあたりから推察して、おそらく側室であったのだと思います。

下手したら側室的な立場よりもっと低かったのかもしれません。

 

ちなみに劉豹と蔡琰の間に二人の子供が生まれたのは間違いありませんが、

その二人の名は現在に伝わっていません。

 

 

そして、その二人の子のどちらかが、

劉豹の嫡子で「漢(後の前趙)」を建てた劉淵でないことだけは確かです。

 

何故なら劉淵の母親は、呼延氏と記録が残っていますし、

なにより劉淵の生年日は251年前後だからですね。

蔡琰の帰郷

 

曹操が袁紹の遺児であった袁譚・袁煕・袁尚を滅ぼして、

華北を手に入れた頃に、匈奴に攫われた蔡琰を取り戻そうと働きかけます。

 

 

曹操が袁紹を滅ぼして華北を統一したことで

 

北方民族に圧力をかけれるような状態になったことで、

曹操自身も余裕が生まれたのでしょう。

袁譚・袁煕・袁尚 -袁家滅亡を加速させた袁紹の遺児達-

 

 

そして曹操が若かりし頃から面識があった蔡邕が王允に処刑されてしまい、

跡継ぎがいないことを長らく残念に思っていました。

 

そこで袁一族を滅ぼしたからこそ、

思い出したように匈奴と交渉をしたのでしょう。

 

この時に曹操は蔡琰を返してくれる代わりに、多くの金銀財宝を匈奴側に支払ったようです。

 

約十二年の月日を経て帰郷した蔡琰は、

曹操のはからいで三度目の夫になる董祀とうしと結婚しました。

 

 

しかしその夫である董祀が法を犯してしまう事があり、

法に基づいて処刑が言い渡されたのですが、

 

これ以上に夫と永遠の別れになる事がどうしても嫌だった蔡琰が、

髪を振り乱して、裸足のままで開かれていた宴会の場所にかけつけて、

夫を必死に助けてくれるように懇願したといいます。

 

蔡琰の必死の訴えを聞いた曹操は、蔡琰に同情し、

董祀の処刑をやめさせ、その後も夫であった董祀と幸せに暮らしました。

 

 

・・・と言いたいのですが、

それから間もなくして夫が普通に死んだと言われています。

 

その後なんですが、名は分かりませんが、

最後の蔡琰の夫となる男性と結婚し、天寿を全うしたそうです。

羊祜の育ての親?or産みの親?

羊祜ようこといえば魏晋の名将の一人であり、

 

呉の陸抗とのやり取りは、

上杉謙信と武田信玄の「敵に塩を送る」に似たようなところがあります。

 

羊祜・陸抗はともに名将として名を馳せており、

二人は互いに魏晋VS呉の立場として争っていました。

 

 

ある時陸抗が病気になった際に、

羊祜は薬を調合して呉の陸抗へ送った事がありました。

 

呉の陸抗はなんの疑いもなく、敵であった羊祜から貰った薬を飲んだそうです。

 

そのお礼として陸抗は、羊祜に酒を届けたのですが、

羊祜は陸抗から貰った酒をなんの疑いもせずに飲み干したという話があります。

 

 

陸抗と敵でありながら、国を超えた友情話が残っている羊祜ですが、

実は母親が誰かというのは特定できていないんです。

 

羊祜は、実の母親という説と伯母であるという説が残ってるんです。

 

羊祜の父親は、羊衜ようどうということは確定しています。

ただ母親は蔡邕の娘としか記載されていません。

 

また蔡邕の娘というと・・・

私の知る限り、蔡琰以外見当たらないんですよね・・・

 

まぁ記録に残らなかっただけで実際にいたのかもしれませんけど、

それなら曹操はわざわざ蔡琰を蔡邕の跡継ぎがいないからと匈奴から取り戻すでしょうか?

 

いなかったから曹操は取り戻したと思うんですよね。

 

 

とりあえず羊祜の父であった羊衜が、

羊祜が15歳だった236年になくなると蔡琰に育てられたとあります。

 

「実の母親は既に死んでいたの?

逆に秦でなかったなら何故育ててないの?」と真っ先に疑問が浮かびます。

 

そして「蔡琰が普通に母親だったから羊祜を育てただけじゃないのかな?」としか思えません。

 

 

蔡琰の四番目の男性が誰か分からないのですが、

羊祜の父親であった羊衜ではなかったのかなぁと思ったりしてしまいますね。

 

もしも蔡琰にとって羊衜が四番目の男性ならば、

羊祜を産んだのが四十四歳ぐらいになります。

 

そのあたりを考えると高齢出産にあたるのであり得ないという説がありますが、

四十歳代で産んだことを100%否定する事は出来ないと思いますし。

 

普通に可能性としてはあり得る話ですしね・・・

 

 

まぁこの論点についてはまた別の機会に話すにして、

羊祜は蔡琰に「孝」を尽くし、また蔡琰は羊祜のことを大変愛したといいます。

 

そして蔡琰は、「羊祜の才能は見事で、諸葛亮に次ぐような人物に成長するだろう」

と羊祜の事をべた褒めしています。

 

親馬鹿丸出しみたいな感じですが、それを言ったのは蔡琰ですから、

客観的に見てもそれだけ優れた子だったのでしょう。

 

 

実際後にライバルであり、良き友でもあった陸抗からも、

 

「楽毅(戦国時代)、諸葛亮(蜀)と言えども、羊祜以上に才能があることはないだろう」

と高い評価を受けた事からも、蔡琰が羊祜に見出した才能は間違いない者だったのだと思います。

 

 

そして280年に呉を滅ぼした作戦は、

羊祜が生前に考えた作戦でもありましたからね。

 

ただ羊祜は晋が天下統一を果たす二年前にこの世を去っています。

女流文学の先駆者

蔡琰は幼い頃から博学で、音律にも非常に精通していました。

 

ある時に父であった蔡邕が弾いていた弦が切れた時のことです。

その際に蔡琰は、「第二弦が今切れましたよね」と答えたそうです。

 

蔡邕は「たまたまだろう」と思って、今度はわざと第四弦を切ってみました。

 

それに対して蔡琰は「今切れたのは第四弦でしょう」と答え、

蔡邕を驚かせたといいます。

 

 

また匈奴から帰郷した蔡琰は、

夫であった董祀の命乞いの為に曹操の元へ行った際に、

 

曹操から「蔡邕殿の書物は今どうなっているのかね?」と優しく尋ね、

 

これに対して蔡琰は

「すべての書物は長安の混乱で焼けてしまっていますが、

ある程度でよければ私の頭の中に内容は残っています」と答え、その後一人で書き上げたそうです。

 

その量は四百冊を超える量だったといいます。

 

蔡邕の書物は4000冊程度あったといいますから、

蔡琰は1/10程度復活させることに成功したことになります。

 

 

また蔡琰は書家でもあった為に

「書き上げる際は楷書が良いですか? それとも草書がいいですか?」

と曹操に尋ねた話も残っています。

 

そして曹操の希望に沿った形で見事に完成させたのですが、

驚くべくことに、蔡琰が完成させたものには誤字脱字は一字たりとてなかったそうです。

 

他にも蔡琰が残したものには、

「胡笳十八拍」「悲憤詩」といった作品(長詩)を執筆しています。