国淵は三国志正史にだけ登場する人物ですが、

国淵に関する記載の中で、魏の戦功報告についての内情が分かったりしてきます。

 

今回はそんな国淵について見ていきます。

国淵(こくえん)

国淵は訓詁学を大成したことでしられる鄭玄ていげんの下で学び、

師である鄭玄から才能を認められた人物になります。

 

鄭玄は国淵を非常に高く評価し、

「国の大器と呼べるほどの才能を持っている」と言わしめたほどでした。

 

 

そんな国淵でしたが中央が乱れに乱れると、

難を逃れて華北の先にあたる遼東半島へと逃れています。

 

しかし曹操が袁家を滅ぼすと、

国淵の噂を聞いた曹操によって召し抱えられることとなります。

 

 

曹操より屯田の事務を任された国淵は、私情を挟まずに懸命に仕事に励み、

 

民衆を効率よく配置転換などの対策をとったことで、

国淵が仕事を任されてから五年の月日が経つと、食糧の備蓄量が大幅にアップしたそうです。

 

 

 

また自ら質素倹約に努めることを忘れず、

 

熱心に仕事をこなす国淵の姿に胸を打たれた民衆が国淵の為に一生懸命に働いてくれた結果、

このような大成果をあげることができたといいます。

 

とにかく国淵は任された仕事に全力で取り組むような人物だったわけです。

田銀・蘇伯の反乱によって明らかになった魏の慣習化された内部事情

曹操が漢中の張魯討伐に向かうと、

国淵はこれまでの仕事ぶりから「居府長史」として留守の事務を任されることとなります。

 

そして曹操の留守を狙って田銀・蘇伯が反乱を起こしたわけですが、

国淵は慌てるそぶりもなく、冷静に田銀・蘇伯の反乱鎮圧に赴いたのでした。

 

田銀・蘇伯の反乱は国淵によってあっさりと鎮圧し、

この時に討ち取った賊兵の数を嘘偽りなく報告したのでした。

 

 

曹操は控えめに報告していた国淵に対して疑問が生まれたと言います。

 

そもそも何が疑問なのか分からないと思いますが、

この時代の魏では、敵兵や賊兵を実際に討ち取ったり捕虜にした十倍の数を記載することが当たり前だったようです。

 

だからこそ曹操は不思議に思ったわけですね。

 

 

ただそれが当たり前の状態だったとすると、

数々と残されている正史の記録なども割り増しされたの記録が残っていると言わざるを得ないのかと・・・

 

一万人の敵兵を討ち取ったみたいなのも、実際は千人程度だということですからね。

あの戦いももしかしてというかそういうことになるのでしょう。

 

この割増文化の慣習化が、この国淵の記述から分かったと言えると思います。

そういった背景があるとこの記述がなければわからないわけですからね。

国淵が十倍増しで報告しなかった理由

国淵が十倍増しで報告しなかった理由は一体なんだったのでしょうか!?

 

自分の功績を少しでも大きくしたいのが当たり前だと思うし、

それが習慣化されており、別に悪い事ではなかったにもかかわらずにです。

 

だから曹操は不思議に思ったのは当たり前の事なんですよね。

 

 

これに対する国淵の真意は次の通りです。

「国外の戦いならばまぁ十倍増しで報告する理由は分かります。

あくまで自分自身の功績だけでなく、民衆に良いイメージを持たせることは大事だからですね。

 

 

ただ考えてみてください。

 

今回の田銀・蘇伯の反乱は国外の戦いではありません!

魏国内で起きたただの反乱なわけです。

 

逆に言えば反乱を起こされるという事は恥ずべきことであり、

民衆に不安を与えることからも十倍増しで報告などできましょうか!!

 

もし十倍増しの報告をしたとしたら、

そんなに反乱者の数が多かったのかと民衆が不安に思うのではないでしょうか!?

 

まぁそういった理由で私はきちんとした数を報告したのです」と・・・。

 

 

これを聞いた曹操は国淵を改めて評価し、

曹操の留守の事務をきちんとこなしたことも含めて魏郡太守に任じられたのでした。

 

 

また国淵は反乱の首謀者であった田銀・蘇伯以外の投降者は許してほしいと曹操に嘆願し、

これが聞き入られたことで千名以上の反乱に参加した者の命も救われたようです。

名推理によって犯人を見つけることに成功した国淵

曹操は希望や苦情を投稿できる「投書」という制度を行っており、

ここで曹操の政治を激しく非難した文書が投書されていました。

 

曹操はこの名前も分からない人物に怒りを感じたそうです。

 

 

そこでその犯人捜しをしたのが国淵でした。

 

国淵は投書されたその文書を大事に保管し、犯人探しに取り掛かるのでした。

 

 

国淵はその文章に書かれている内容からヒントを得るしかなく、

その文章を分析すると、張衡ちょうこうによって著された「西京賦」「東京賦」からの引用文が多く見られたのです。

 

ちなみに「西京賦」「東京賦」の二つ合わせて「二京の賦」といいますね。

 

 

国淵はこの大きなヒントから犯人を見つけようとします。

 

まず嘘の情報を流し、誰もが学んでいない「二京の賦」を読み書きできる者を探し、

見事に犯人候補を見つけることに成功します。

 

その人物が書いた「二京の賦」の文書と曹操に投書された文書を比較したところ、

筆跡が全く同じだったのです。

 

そしてこの者を捕らえて詰問すると、自分がその文章を投書したと自白したのでした。

 

 

国淵の働きによってこの事件は見事に解決したわけですが、

これらの手柄も重なり、国淵は三公九卿の「九卿」にあたる太僕たいぼくにまで出世を果たしています。

 

ただ国淵は最後の最後まで質素倹約な生活に努め、

手柄として受け取ったものは、部下や民衆に分け与えることを徹底していたために、

 

多くの者から慕われ続けたようです。