三顧の礼

「三顧の礼」とは、

年上の劉備が、年下である諸葛亮(孔明)の庵(いおり)を、

3度訪れて仲間にした話が基になってできた言葉です。

 

「礼を尽くす事の大事さ」を教えてくれる言葉です。

劉備が孔明の存在を知った経緯

この頃の劉備は、曹操軍に敗れて

荊州の劉表のもとでお世話になっていました。

 

そんな時に、

司馬徽(しばき)という人物に出合います。

そして劉備は、今現在の不遇を司馬徽に話します。

 

そうすると、司馬徽は、

「臥龍と鳳雛のどちらか片方だけでも得れば、天下も夢ではない」という言葉を伝えます。

 

劉備は、臥龍&鳳雛が誰であるか聞いたけれども、

結局教えてくれませんでした。

 

そんあ矢先、劉備に仕えていた徐庶(じょしょ)という人物が、

わけあって劉備の元を去る事になります。

 

徐庶は、臥龍である諸葛亮(孔明)と鳳雛である龐統(ほうとう)とは、

同じ学問仲間であった為、その2人の人物と面識があり、

 

その2人の名前を教え、劉備の元を去っていきました。

劉備、孔明の庵を訪ねる

劉備は、孔明の元を訪れる決意をし、

孔明が住んでいる庵に出かけようとします。

 

その時に関羽と張飛は、

「年下なんだから、ここに呼び出せばいい!」と劉備に言います。

 

だけど劉備は、

「こちらからお願いに行くのに、呼び出すなんて失礼な事は出来ない」と言い、

関羽と張飛を連れて、孔明の元を訪れます。

 

だけど孔明は不在でした。

孔明の庵を再度訪ねる

劉備はしばらくして、再度孔明の庵を訪ねます。

 

この時、弟の諸葛均(しょかつきん)がいましたが、

孔明はまたもや不在でした。

3度目、孔明を訪ねる

そして3度目、孔明の庵を訪ねます。

 

今度は孔明はいたようなので、

関羽と張飛を庵の外で待たせ、1人孔明の元に会いにいきます。

 

ただ孔明は、丁度お昼寝中で、

その間、劉備は起きるのをずっと待っていました。

 

この時、中の様子が見えた張飛が、

「この家を燃やしてやる、そしたら起きるだろ!」と言いますが、

関羽に怒られます(笑)

 

そして孔明が起きて、劉備と対面します。

 

自分のようなものを3度も訪ねてきてくれて、

そして今回は、起きるまで待っていてくれた劉備に対して、

感銘を受け、仲間になりました。

 

この逸話を基に、

「三顧の礼」という言葉が生まれています。